日本大学医学部精神医学系精神医学分野

当教室での研修

日本大学医学部精神医学講座は,日本大学医学部の附属板橋病院,駿河台病院に教室員を配し,それぞれの病院であらゆる精神疾患に対応できる体制をとっています。

附属板橋病院の精神科病棟における診療,各附属病院における外来診療とともに,リエゾン精神医学の実践も重要な活動のひとつで,一般科における精神医学的問題について各科と連携を取りながら診療を行っています。大学病院のなかで,精神保健指定医や精神科専門医の資格を取得するための症例のほとんどを経験することができます。教室に所属し経験を積まれた多くの諸先輩方も,大学病院における充実した臨床研修がその後の発展に極めて有意義であったと指摘しています。教室出身者は全国の大学,専門病院,地域精神医療など,精神医学のあらゆる分野で活躍しています。


教室の研究活動においては,あらゆる精神疾患を対象に多様なアプローチをすることをモットーとしています。統合失調症については,探索眼球運動測定による認知科学的なアプローチを行い,診断装置を開発しました。遺伝子解析を通じた統合失調症の分子生物学的研究や機能画像を用いたアプローチも行っています。

不安障害については,抗不安薬の作用機序に関する基盤的研究とともに臨床における精神療法や心理教育の効果に関する疫学的な研究などを行っています。

認知症やせん妄などの器質性精神疾患については,脳波や機能画像を駆使した症例検討を基礎として臨床指向の研究を行っています。

睡眠障害については,不眠症の認知行動療法や過眠症の薬物療法開発などの研究を開始しました。

特殊な知識や訓練が必要とされる児童や思春期の症例については,心理検査を用いカンファレンスを通じた症例検討を行っています。


当教室では,教室のネットワークを駆使し,精神保健指定医(厚生労働省)および精神科専門医(日本精神神経学会)を最短の3年間で取得できるように工夫した後期研修プログラムを用意しています。後期臨床研修において精神医学全般について学んだ後に,より専門的な研修を希望した場合は,教室内あるいは関連病院や関連施設で,各分野の第一級の専門家として活躍している教室出身者のもとで十分な研修を行うことができます。

博士取得に関しては,大学院に入学して集中して研究の方法論を学び研究を行う人も,大学院に入学せずに臨床を深めながら研究を進める人もいます。臨床研修に一区切りつけた段階で大学院に進学する場合もあります。いずれのケースにおいても教室の教育スタッフが責任を持って指導すると同時に,博士論文作成に必要であれば,国内外の施設への短期留学などで研究方法などについてマスターしてもらいます。

博士取得に関しては,大学院に入学して集中して研究の方法論を学び研究を行う人も,大学院に入学せずに臨床を深めながら研究を進める人もいます。臨床研修に一区切りつけた段階で大学院に進学する場合もあります。

いずれのケースにおいても講座の教育スタッフが責任を持って指導すると同時に,博士論文完成に必要であれば,国内外の施設への短期留学などで研究方法などについてマスターしてもらいます。


ページトップへ