日本大学医学部精神医学系精神医学分野

主任教授ごあいさつ

内山 真

大学卒業時,専門を決めるのにずいぶんと悩みましたが,次の2つの点から精神医学を選びました。

第一に,人間の精神や脳の機能に関しては未知のことが多く,精神疾患の治療はまだまだ未開拓であり,チャレンジしがいがある分野と思ったことです。最近は脳科学の進展により,脳機能画像などを用いて脳機能と心の働きを結びつけることが徐々に可能になってきています。しかし,精神科で扱う心の働きは,脳科学においても最も難しい分野であり,未知のフロンティアが残されています。

第二に,心の問題を扱うという精神医学の特性がやりがいに富んでいること,そしてどのように世界が変わろうと社会からのニーズは増えるだろうと考えたからです。精神医学では患者さんの身体の問題解決をめざすだけでなく,心の問題を含めて人間としてその生き方を助けることを目標においています。自然科学や身体医学が急速に進歩していますが,人間としての心の問題を扱う医師に対する要請は実際に増加する一方です。

わたくしたちの教室は精神科臨床の力をつけるのに適しています。大学病院に専門の精神科閉鎖病棟を持つため,教室スタッフの十分な指導のもとで,急性期の重症例も含め臨床経験を積むことができます。また,総合病院の各科における精神医学的問題への対処についても学ぶことができます。各種の勉強会を通じてより専門的な臨床や研究活動に参加していくことも可能です。精神科に興味のある方は,わたくしたちといっしょに新しい精神医学を創る作業に参加してみませんか? 心よりお待ちしております。

ページトップへ