日本大学医学部精神医学系精神医学分野

業績


2015年度

英文論文

  • Uchiyama M. Facts, meanings, and values of desirable sleep. Sleep and Biological Rhythms 2015;13(4):297.
  • Uchiyama M, Lockley SW. Non-24-Hour Sleep-Wake Rhythm Disorder in Sighted and Blind Patients. Sleep Med Clin. 2015;10(4):495-516.
  • Takahashi S, Glatt SJ, Uchiyama M, Faraone SV, Tsuang MT. Meta-analysis of data from the Psychiatric Genomics Consortium and additional samples supports association of CACNA1C with risk for schizophrenia. Schizophr Res. 2015;168(1-2):429-33.
  • Takahashi S, Suzuki T, Nakamura-Tomizuka S, Osaki K, Sotome Y, Sagawa T, Uchiyama M. Case history and genome-wide scans for copy number variants in a family with patient having 15q11.1-q11.2 duplication and 22q11.2 deletion, and schizophrenia. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet. 2015;168B(4):229-35.
  • Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M. One-Year Follow-Up of Serum Prolactin Level in Schizophrenia Patients Treated with Blonanserin: A Case Series. Psychiatry Investig. 2015;12(4):566-8.
  • Furihata R, Uchiyama M, Suzuki M, Konno C, Konno M, Takahashi S, Kaneita Y, Ohida T, Akaboshi T, Hashimoto S, Akashiba T. Association of short sleep duration and short time in bed with depression: A Japanese general population survey. Sleep and Biological Rhythms 2015;13(2):136-145.
  • Furihata R, Kaneita Y, Jike M, Ohida T, Uchiyama M. Napping and associated factors: a Japanese nationwide general population survey. Sleep Medicine (in press).
  • Kaneko Y, Sakai K. Dissociation in decision bias mechanism between probabilistic information and previous decision. Front Hum Neurosci. 2015 May7;9:261.
  • Honda M, Iida T, Komiyama O, Masuda M, Uchida T, Nishimura H, Okubo M, Shimosaka M, Narita N, Niwa H, Kubo H, De Laat A, Kawara M, Makiyama Y. Characteristics of middle-aged and older patients with temporomandibular disorders and burning mouth syndrome. J Oral Sci. 2015;57(4):355-60.
  • Dallaspezia S, Suzuki M, Benedetti F. Chronobiological Therapy for Mood Disorders. Curr Psychiatry Rep. 2015;17(12):95.
  • Doi Y, Ishihara K, Uchiyama M. Sleep duration in relation to behavioral problems among Japanese preschool children. Sleep and Biological Rhythms 2016;14(1): 107-111.
  • Aritake S, Kaneita Y, Ohtsu T, Uchiyama M, Mishima K, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Ohida T. Prevalence of fatigue symptoms and correlations in the general adult population. Sleep and Biological Rhythms 2015;13(2): 146–154.

邦文論文

  • 内山真. 日本睡眠学会, 精神医学 57(5):391, 2015.
  • 内山真. メラトニン受容体アゴニスト. 日本臨床73巻号:1017-1022.
  • 内山真. 不眠症の最新アプローチ. クリニシアン62巻6号 :489-497.
  • 内山真. 注目の新薬 ベルソムラ(スボレキサント). 診断と治療 (0370-999X)103巻7号 :977-981, 2015.
  • 内山真. ICSD-3とDSM-5. 睡眠医療 (1882-2096)9巻2号 :195-200, 2015.
  • 内山真. 実地臨床における睡眠障害の診療, Current Therapy (387):88-97, 2015.
  • 内山真. 睡眠-覚醒障害と関連疾患 ―その対策―, Current Therapy (387):7, 2015.
  • 内山真. 健康づくりのための睡眠指針2014, 学術の動向 20(6):68-71, 2015.
  • 内山真. 睡眠障害を取り巻く諸問題, 日本医師会雑誌 143(12):2534, 2015.
  • 内山真. 周期性四肢運動障害, 日本医師会雑誌 143(12):2501-2513, 2015.
  • 内山真, 横瀬宏美, 降籏隆二, 4 性と気分障害、不安障害、睡眠障害, 最新女性心身医学 120-138, 2015.
  • 金野倫子. アンチエイジング医学 認知症を遠ざける Too late or not too late. 日大医学雑誌 (0029-0424)74巻3号:129-133, 2015.
  • 鈴木正泰, 山田幸樹, 内山真. 時間生物学的治療.精神科治療学 30巻5号:653-659, 2015.
  • 鈴木正泰, 内山真. 光環境操作による精神疾患の治療. Medical Science Digest (1347-4340)41巻11号 :390-393, 2015.
  • 鈴木正泰, 内山真. うつ病の時間生物学的治療 薬剤抵抗性症例への応用. 診断と治療 103巻10号:1332-1334, 2015.
  • 鈴木正泰, 内山真. エスゾピクロンのエビデンス 精神疾患に併存する不眠. クリニシアン 62巻6号 :603-607, 2015.
  • 横瀬宏美, 内山真. 中高年女性の不眠治療. 日本女性医学学会ニューズレター (2185-887X)21巻2号 :10, 2016.
  • 横瀬宏美, 穐山真由美, 鈴木正泰, 平良直人, 金野倫子, 内山真, 森田昭彦, 亀井聡. 抗NMDA受容体脳炎後に非定型精神病類似の精神症状をくり返した1例. 精神科治療学 (0912-1862)30巻6号 :837-842, 2015.
  • 降籏隆二, 金子宣之, 鈴木正泰, 内山真. うつ病の危険因子と予防における睡眠障害の役割. 臨床精神医学44巻4号:503-511, 2015.
  • 降籏隆二, 斎藤かおり, 内山真. 精神科臨床評価 特定の精神障害に関連したもの F5:睡眠障害. 臨床精神医学44巻増刊:493-504, 2016.
  • 大嵜公一, 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 高橋栄, 小島卓也, 内山真. 統合失調症における探索眼球運動異常と精神症状との関係. 日大医学雑誌 (0029-0424)74巻6号 :283-291, 2015.
  • 山田幸樹, 金野倫子, 内山真睡眠薬開始と終了の臨床判断. 臨床精神薬理 (1343-3474)19巻2号 :185-192, 2016.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • 内山 真: 不眠症の病態およびうつ病との関連, 特別講演1 日本保険医学会第112回定時総会, 東京, 2015.10.08.
  • 内山 真, 鈴木正泰, 金野倫子:シンポジウム6 睡眠薬依存再考, 不眠症治療における睡眠薬の常用量依存, 日本睡眠学会第40回定期学術集会, 宇都宮, 2015.07.02.
  • 内山 真: シンポジウム8労働者の睡眠問題にどう対応するか, 睡眠指針2014と労働者の睡眠問題, 第22回日本産業精神保健学会, 東京, 2015.6.28.
  • 内山 真: がん患者の不眠, 日本緩和医療学会 第19回教育セミナー, 横浜, 2015.06.18.
  • 内山 真, 栗山健一, 渡辺範雄, 鈴木正泰: シンポジウム 精神科薬物療法グッドプラクティス:多剤併用を避けるために睡眠薬多剤療法の背景と解決への方策, 第111回日本精神神経学会学術総会, 大阪, 2015.06.05.

一般演題

  • 鈴木正泰, 金子宜之, 斎藤かおり, 永井康, 宮本武, 山田幸樹, 金野倫子, 内山真. 複数回断眠に高照度光療法を併用した治療プロトコールの薬剤抵抗性うつ病における有効性. 第111回日本精神神経学会学術総会, 大阪, 2015.06.05.
  • 横瀬 宏美, 鈴木 正泰, 金野 倫子, 高橋 栄, 石原 金由, 土井 由利子, 内山 真. 女子大学生における月経前不快気分障害の有病率とその関連要因. 第111回日本精神神経学会学術総会, 大阪, 2015.06.05.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山真. 一般成人におけるうつ病と生活習慣の関連. 第111回日本精神神経学会学術総会, 大阪, 2015.06.05.
  • 永井康, 金森正, 鈴木正泰, 内山真. 出産後にspike-wave stuporを呈した1例. 第115回東京精神医学会, 東京, 2015.11.14.
  • 村田沙樹子,松尾純一,恩田優子,山田幸樹,鈴木正泰,穐山真由美,金野倫子覚醒療法の導入が有効であった治療抵抗性の季節性感情障害の1例. 第116回東京精神医学会, 東京, 2016.03.14.
  • 加藤実, 金野倫子, 曽我部智子, 佐藤今子, 西村明子. 上島健太郎痛みセンターの介入を契機に胃切除術後の腹痛原因の特定と痛みの消失が得られた一症例. 第30回東京・南関東疼痛懇話会,横浜, 2016.02.06.

2014年度

英文論文

  • Suzuki M, Yamada K, Kanamori T, Konno C, Konno M, Takahashi S, Aramaki O, Takayama T, Uchiyama M. Abdominal paresthesia resembling restless legs syndrome successfully treated with iron supplement therapy: A case report. J Neurol Sci. 2014;336(1-2):291-2.
  • Doi Y, Ishihara K, Uchiyama M. Reliability of the strengths and difficulties questionnaire in Japanese preschool children aged 4-6 years. J Epidemiol 2014;24(6):514-8.
  • Doi Y, Ishihara K, Uchiyama M. Sleep/wake patterns and circadian typology in preschool children based on standardized parental self-reports. Chronobiol Int 31:328-336, 2014.
  • Ishihara K, Doi Y, Uchiyama M. The reliability and validity of the Japanese version of the Children’s ChronoType Questionnaire (CCTQ) in preschool children. Chronobiol Int. 2014 Nov;31(9):947-53.
  • Ikeda M, Kaneita Y, Uchiyama M, Mishima K, Uchimura N, Nakaji S, Akashiba T, Itani O, Aono H, Ohida T. Epidemiological study of the associations between sleep complaints and metabolic syndrome in Japan. Sleep and Biological Rhythms 2014;12(4): 269–278
  • Hida A, Kitamura S, Katayose Y, Kato M, Ono H, Kadotani H, Uchiyama M, Ebisawa T, Inoue Y, Kamei Y, Okawa M, Takahashi K, Mishima K. Screening of Clock Gene Polymorphisms Demonstrates Association of a PER3 Polymorphism with Morningness-Eveningness Preference and Circadian Rhythm Sleep Disorder. Sci Rep. 2014;4:6309.
  • Komiyama O, Obara R, Iida T, Nishimura H, Okubo M, Uchida T, Shimosaka M, Narita N, Niwa H, Kubo H, De Laat A, Kawara M, Makiyama Y. Age-related associations between psychological characteristics and pain intensity among Japanese patients with temporomandibular disorder. J Oral Sci. 2014 Sep;56(3):221-5.

邦文論文

  • 内山真. 睡眠学の将来, 精神科治療学 30(1):93-98, 2015.
  • 内山真. <各論>米国DSM-5における精神疾患 睡眠‐覚醒障害群, 臨床精神医学 第43巻増刊号 43:147-154, 2014.
  • 内山真. 私はDSM-5の睡眠-覚醒障害をこう見る, 精神科治療学 29(11):1467-1470, 2014.
  • 内山真, 降籏隆二. ヒトの体温調節と睡眠, 日本温泉気候物理医学会雑誌 78(1):6-9, 2014.
  • 内山真, 鈴木正泰, 降籏隆二. うつ病と睡眠, 最新医学 69(12):96-99, 2014.
  • 内山真. 睡眠衛生教育 ―新12箇条を中心に―, 精神科治療学 29(11):1399-1405, 2014.
  • 内山真. 総説 [シリーズ健康長寿―4] 加齢と睡眠, 日本医師会雑誌 143(9):1959-1964, 2014.
  • 内山真. オレキシン受容体拮抗薬への期待, 睡眠医療 増刊号 8(34):523-530, 2014.
  • 内山真. I. 不眠症とその治療の現状 4.他疾患と不眠 3)高齢者と不眠, 睡眠医療 増刊号 8(34):480-487, 2014.
  • 内山真, 坂本繁, 白井克明. 入眠困難を伴う不眠症患者に対するラメルテオンの安全性および有効性の検討, Geriatric Medicine<老年医学> 52(7):813-837, 2014.
  • 内山真. 健康づくりのための睡眠指針2014, 臨床栄養 125(2):138-139, 2014.
  • 内山真. 「健康づくりのための睡眠指針2014」改訂ポイントと目指すところ, FOOD STYLE 21 18(8):40-41, 2014.
  • 内山真. 健康づくりのための睡眠指針2014, 公衆衛生情報 44(4):4-5, 2014.
  • 内山真. 不眠障害, 臨床精神医学 43(7):971-978, 2014.
  • 内山真, 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人. 「一般成人における睡眠時間の不足とうつ病の関連について」, 健康日本21(第2次)に即した睡眠指針への改訂に資するための疫学研究 73-85, 2014.
  • 内山真, 降籏隆二. 入浴と睡眠の関連に関するシステマティックレビュー, 健康日本21(第2次)に即した睡眠指針への改訂に資するための疫学研究 54-59, 2014.
  • 内山真. 解説 高齢者の不眠 診察の留意点, Clinic Magazine 41(6):9-12, 2014.
  • 内山真. VIII-2 不眠・睡眠障害, 診療ガイドライン UP-TO-DATE 2014-2015 457-465, 2014.
  • 内山真. 不眠症治療では寝床で長く過ごさないよう指導する, 治療 2014 4 増刊号 96:465-466, 2014.
  • 内山真. 質疑応答 臨床一般 レストレスレッグス症候群の特徴と治療法・薬剤の使い分け, 日本医事新報 4695:64-66, 2014.
  • 内山真, 金野倫子. メラトニン受容体アゴニスト, 月刊薬事 56(4):47-52, 2014.
  • 内山真. DSM-5の睡眠・覚醒障害, 睡眠医療 8:85-92, 2014.
  • 鈴木正泰, 内山真. 統合失調症の睡眠に関する最近の知見, ねむりとマネージメント 1(1):52-55, 2014.
  • 鈴木正泰, 降籏隆二, 内山真. 睡眠の改善によるうつ病予防は可能か, 精神医学 56(8):679, 2014.
  • 鈴木正泰, 金野倫子, 内山真. 概日リズムと気分障害, 睡眠医療 8(2):225-230, 2014.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山真. 一般成人における不眠症状と性差について, 女性心身医学 19(1):103-109, 2014.
  • 降籏隆二, 鈴木正泰, 内山真. 気分障害と睡眠障害, 精神科 24(6):609, 2014.
  • 久保英之、鈴木正泰、金野倫子、内山真:早期発見に欠かせない症候としての睡眠障害.精神科診断学7巻1号, 64―70, 2014.
  • 山田幸樹, 金野倫子, 内山真. 糖尿病治療中の不眠・抑うつ ~その捉え方と対応について~, Diabetes Frontier 糖尿病の学術専門誌 25(3):300-306, 2014.
  • 土井由利子, 石原金由, 内山真, 瀧本秀美. 子どもの朝型―夜型質問票日本語版"the Japanese version of Children's Chronotype Questionnaire(CCTQ-J)"の開発, 睡眠医療 7:486-493, ライフサイエンス, 東京, 2014.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • 内山真. 健康づくりのための睡眠指針2014 職域での睡眠の質改善に向けて, 平成26年度日本産業衛生学会東海地方会学会 特別講演, 三重, 2014.11.22.
  • 内山真, 金野倫子, 鈴木正泰. 時間生物学的介入による睡眠障害治療, 第21回日本時間生物学会シンポジウム4 概日時計を活用した疾患の予防・診断・治療, 福岡, 2014.11.09.
  • 内山真. 睡眠指針2014と睡眠医学, シンポジウム1健康づくりのための睡眠指針2014の策定について, 第73回日本公衆衛生学会総会. 宇都宮, 2014.11.5.
  • 内山真. 睡眠中の運動コントロールとその仕組み, 第53回日本顎口腔機能学会 特別講演, 千葉, 2014.10.04.
  • 内山真, 栗山健一, 渡辺範雄, 鈴木正泰. 日本精神神経学会薬物療法研修 睡眠薬, 大阪, 2014.08.25.
  • 内山真. 講演 体内時計と不眠症 3000例を超える使用成績調査"CLOCK"よりわかったラメルテオンの有用性. 第39回日本睡眠学会定期学術集会. 徳島, 2014.07.03.
  • 内山真. 特別講演 ヒトの体温調節と睡眠, 第79回日本温泉気候物理医学会・学術集会, 京都, 2014.05.12.
  • 内山真. 睡眠障害が引き起こす問題と歯科医療への期待, 第68回日本口腔科学会総会・学術大会シンポジウム 睡眠医療に対する歯科の役割, 東京, 2014.05.09.
  • 金野倫子. シンポジウム アンチエイジング医学 認知症を遠ざける Too late or not too late. 第527回日大医学会例会, 東京, 2014.10.18.
  • 鈴木正泰, 金野倫子, 内山真. 概日リズム睡眠障害の薬物治療, シンポジウム概日リズム睡眠障害の治療は進歩したか, 日本睡眠学会 第39回学術集会, 徳島, 2014.0703.
  • 降籏隆二, 内山真. シンポジウム「社会問題と睡眠」~睡眠予防医学の見地から うつ病予防における睡眠の重要性. 第39回日本睡眠学会定期学術集会. 徳島, 2014.07.03.

一般演題

  • 斎藤かおり, 宮本武, 大嵜公一, 鈴木正泰, 金野倫子, 内山真. 妊娠中期に発症した重症レストレスレッグス症候群の1例. 東京精神医学会 第100回学術集会, 東京, 2014.03.15.
  • 池田真紀, 中板育美, 内山真, 久保田聰美, 瀬在泉, 南平直宏, 橋本結花, 村中峯子, 大井田隆. 看護職の喫煙実態調査報告(第2報). 第73回日本公衆衛生学会総会. 宇都宮, 2014.11.5.
  • 青木美和子, 井上美幸, 酒井厚子, 梶原恵理子, 赤柴恒人, 吉澤孝之, 桂一仁, 赤星俊樹, 内山真, 橋本修. 当院睡眠センターの現状とSAS診療における看護師の役割. 第66回日本気管食道科学会学術講演会. 高知, 2014.11.14.

2013年度

英語論文

  • Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M. One-year follow-up study of psychotic patients treated with blonanserin: a case series.Asia Pac Psychiatry. 2013 Sep;5(3):164-7.
  • Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M: A case of schizophrenia with meige syndrome induced by perospirone successfully treated with biperiden. J Neuropsychiatry Clin Neurosci 25:E28, 2013.
  • Takahashi S: Heterogeneity of schizophrenia: genetic and symptomatic factors. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet. 2013 Oct;162B(7):648-52.
  • Lockley SW, Uchiyama M. Non–24-h sleep–wake disorder (free-running type, nonentrained type, hypernychthemeral syndrome) in sighted and blind patients. The Encyclopedia of Sleep, Vol. 3 (ed. Kushida CA). Elsevier, Chicago, USA, pp.34-40, 2013.
  • Ohtsu T, Kaneita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Kokaze A, Ohida T. A Cross-sectional Study of the Association between Working Hours and Sleep Duration among the Japanese Working Population. J Occup Health 55:307-311, 2013.
  • Morita A, Kamei S, Sakai T, Oga K, Matsuura M, Kojima T, Uchiyama M, Tanaka N, Arakawa Y, Moriyama M. Relationship between quantitative electroencephalogram and interferon-α-induced depression in chronic hepatitis C patients. Neuropsychobiology 2013;67:122–126.

邦文論文

  • 内山真. 不眠症におけるシンプル処方, 臨床精神医学 43:71-77, 2014.
  • 内山真. 不眠, 今日の処方 改訂第5版 pp.69-74, 株式会社南江堂, 東京, 2013.
  • 内山真. G 光療法, 認知症ハンドブック pp.287-293, 株式会社 医学書院, 東京, 2013.
  • 内山真. 総論:高齢者の睡眠構造とその変化について, Aging & Health 22:12-15, , 2013.
  • 内山真. 概日リズムと不眠症 総論, ねむりと医療 6:5-8, 株式会社 先端医学社, 東京, 2013.
  • 内山真, 白井克明, 内田智司, 廣居伸蔵. ラメルテオン(ロゼレム錠8mg)の製造販売後における使用成績調査(中間報告). 睡眠医療 (1882-2096)7巻2号 Page225-232(2013.06)
  • 内山真. 不眠についての最近の考え方と緩和ケアへの活用, 緩和ケア 23 pp.206-211, 2013.
  • 内山真. 総論 睡眠障害の概念と国際分類, 日本臨牀71巻 増刊号5 最新臨床睡眠学 ―睡眠障害の基礎と臨床― pp.17-28, 株式会社日本臨牀社, 東京, 2013.
  • 内山真. 睡眠障害の治療法 薬物療法 ラメルテオンの臨床, 日本臨牀71巻 増刊号5 最新臨床睡眠学 ―睡眠障害の基礎と臨床― pp.215-224, 株式会社日本臨牀社, 東京, 2013.
  • 内山真. 不眠症, 日本医師会雑誌 第142巻・特別号(2) 神経・精神疾患診療マニュアル pp.307-309, 日本医師会, 東京, 2013.
  • 内山真. 不眠症の治療, 東京都医師会雑誌 66:37-41, 東京都医師会, 東京, 2013.
  • 内山真. 「眠れません……」を解決する不眠症診療&マネジメントマニュアル ―7つの主訴でわかる! 10の問診でわかる! 睡眠薬の使いどき・やめどきがわかる! 株式会社メディカ出版, 大阪, 2013.
  • 内山真. 過眠症(ナルコレプシーを含む), 今日の治療方針2013年版 pp.891, (株)医学書院, 東京, 2013.
  • 内山真. 睡眠のしくみと若い人に起こる睡眠の問題, 自然と科学の情報誌ミルシル pp.17-19, 独立行政法人 国立科学博物館, 東京, 2013.
  • 金野倫子, 内山真. 概日リズムと気分障害, 日本臨牀 71:2171-2178, 2013.
  • 鈴木正泰, 内山真. Q170 うつ病の睡眠障害の治療方針は? Q171 季節性感情障害は日本にもある?その治療方針は? Q172 うつ病に対する覚醒療法(断眠療法)の適応と注意点は?, 睡眠とその障害のクリニカルクエスチョン200, pp.298-302, 株式会社 診断と治療社, 東京, 2013.
  • 鈴木正泰, 内山真. 季節性感情障害 update, 臨床精神医学 42:849-855, アークメディア, 東京, 2013.
  • 平良直人, 金野倫子, 内山真. 症状に起因する眠気と抗ヒスタミン薬に起因する眠気は区別できるのか?, 抗ヒスタミン薬 ~達人の処方箋Rx~. pp.292-293, メディカルレビュー社, 東京, 2013.
  • 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. 高齢者の睡眠障害 ―高齢者の睡眠障害の鑑別診断―, Geriatric Medicine 老年医学 51:1137-1142, 2013.
  • 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の使い方と高血圧治療における不眠治療の重要性, 月刊循環器 CIRCULATION 4月号 pp.128-135, (株)医学出版, 東京, 2013.
  • 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. せん妄と睡眠時随伴症, 精神科治療学 28:1027-1033, 2013
  • 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. 睡眠改善の実際, 高血圧診療のすべて pp.220-222, 日本医師会, 東京, 2013.
  • 森田昭彦, 亀井聡, 坂井禎一郎, 大賀健太郎, 松浦雅人, 小島卓也, 内山真, 田中直英, 荒川泰行, 森山光彦, 山口多恵子, 堅木郁子, 千田明美, 前田学, 中山智祥. interferonα投与によるうつと脳波変化の関連. 日本薬物脳波学会雑誌 (1346-5023)14巻1号 Page107-111(2013.07)
  • 八嶋嘉之, 原田智紀, 関谷万理子, 平林幸生, 内山真, 相澤信, 片山容一. 南アルプス北岳から赤石岳縦走中の高所順応は夜間睡眠中経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)の回復を指標にすると5日を要する, 登山医学 33:92-98, 2013.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • Makoto Uchiyama, Michiko Konno, Masahiro Suzuki. Pathophysiology of Circadian Rhythm Sleep Disorders, Topics on Circadian rhythm, The 78th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, Tokyo, 2014.3.21.
  • 内山真. レストレスレッグス症候群の病態と治療, 第43回 日本臨床神経生理学会学術大会 特別講演, 高知, 2013.11.7.
  • 内山真. 最新の睡眠障害治療, 平成25年度 薬剤師生涯教育講座(新潟薬科大学 高度薬剤師教育研究センター), 新潟, 2013.10.05.
  • 内山真. 不眠症の話. 第72回日本公衆衛生学会総会, 津, 2013.10.23.
  • 内山真. こころとからだとよい眠り, 第42回 日本女性心身医学会 学術集会 市民公開講座「女性とこころとからだの健康」, 東京, 2013.07.27.
  • 内山真. うつ病と睡眠障害. 第38回日本睡眠学会定期学術集会, 秋田, 2013.06.27.
  • 内山真. 不眠と夜間頻尿, 第101回日本泌尿器科学会総会 サテライトセミナー5 特別講演, 病因に基づく夜間頻尿治療, 札幌, 2013.04.27.
  • 内山真. 患者さんが持っている睡眠についての誤解. Mental Disorder Forum 2013 特別講演, 東京, 2013.04.13.
  • 高橋 栄: 統合失調症の新たな展開. 第523回日大医学会例会. 東京, 2013.10.26.
  • 久保英之.シンポジウム 4「早期診断 」早期発見に欠かせない症候としての睡眠障害. 第33回日本精神科診断学会, 大津, 2013.11.08.

一般演題

  • 鈴木正泰, 斎藤かおり, 宮本武, 大嵜公一, 金野倫子, 内山真. 覚醒療法が奏効した薬剤抵抗性うつ病の1例. 東京精神医学会 第99回学術集会, 東京, 2013.10.12.
  • 久保英之, 鈴木正泰, 金野倫子, 内山真. 気分障害の早期発見に役立つ症候としての睡眠障害. 第524回日大医学会例会. 東京, 2014.03.22.
  • 横瀬宏美, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 石原金由, 土井由利子, 内山真. 月経前不快気分障害の関連要因 女子大学生への調査から. 第524回日大医学会例会. 東京, 2014.03.22.
  • 横瀬宏美, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 石原金由, 土井由利子, 内山真. 月経前不快気分障害に関連する要因 女子学生への質問紙調査から. 第42回日本女性心身医学会学術集会, 東京, 2013.07.28.
  • 横瀬宏美, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 石原金由, 土井由利子, 内山真. 女子大学生の月経前不快気分障害に関連する要因. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡, 2013.05.24.
  • 横瀬宏美, 穐山真由美, 鈴木正泰, 金野倫子, 内山真. 抗NMDA受容体脳炎後に統合失調症様症状をくり返した1例. 東京精神医学会第98回学術集会, 東京, 2013.07.13.
  • 降籏隆二, 横瀬宏美, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山 真. 昼寝習慣と夜間の睡眠障害との関連の検討. 第524回日大医学会例会. 東京, 2014.03.22.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人. 一般成人におけるうつ病と睡眠時間の関連について 疫学調査の解析. 第38回日本睡眠学会定期学術集会, 秋田, 2013.06.27.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人. 一般成人におけるうつ病と睡眠時間の関連の検討. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡, 2013.05.24
  • 降籏隆二, 今野千里, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人一般成人における不眠症状と性差について. 第42回日本女性心身医学会学術集会, 東京, 2013.07.28.
  • 山田幸樹, 恩田優子, 松島綾子, 鈴木貴浩, 森田昭彦, 金野倫子, 亀井聡, 内山真. 「歩幅が変わってしまい、永遠に家に帰りつけそうにない」と訴える時空間の体験変容を認めた1例. 東京精神医学会 第99回学術集会, 東京, 2013.10.12.
  • 恩田優子, 金野倫子, 鈴木正泰, 穐山真由美, 久保英之, 鈴木貴浩, 金森正, 山田幸樹, 内山真. 月経前に精神症状の悪化がみられる女性統合失調症症例への対応. 第42回日本女性心身医学会学術集会, 東京, 2013.07.28.
  • 椙田賢司, 小林祐介, 高田眞一, 山本樹生, 穐山真由美, 金野倫子, 内山真, 村上正人. 繰り返す術後創部離解から診断したミュンヒハウゼン症候群の症例を経験して. 第42回日本女性心身医学会学術集会, 東京, 2013.07.28.
  • 梶原恵理子, 吉澤孝之, 酒井厚子, 青木美和子, 桂一仁, 赤星俊樹, 植松昭仁, 永岡賢一, 権寧博, 内山真, 赤柴恒人, 橋本修. 当院睡眠センターの現状とSAS診療における看護師の役割. 第38回日本睡眠学会定期学術集会, 秋田, 2013.06.27.

2012年度

論文

英文論文

  • Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M. A case of schizophrenia with meige syndrome induced by perospirone successfully treated with biperiden. J Neuropsychiatry Clin Neurosci 25:E28, 2013.
  • Suzuki H, Uchiyama M, Aritake S, Kuriyama K, Kuga R, Enomoto M, Mishima K. Alpha activity during REM sleep contributes to overnight improvement in performance on a visual discrimination task. Percept Mot Skills 115:337-48, 2012.
  • Suzuki M, Takahashi S, Matsushima E, Tsunoda M, Kurachi M, Okada T, Hayashi T, Ishii Y, Morita K, Maeda H, Katayama S, Otsuka T, Hirayasu Y, Sekine M, Okubo Y, Motoshita M, Ohta K, Uchiyama M, Kojima T: Relationships between exploratory eye movement dysfunction and clinical symptoms in schizophrenia: Psychiatry and Clinical Neurosciences. 66: 187-194, 2012.
  • Furihata R, Uchiyama M, Takahashi S, Suzuki M, Konno C, Osaki K, Konno M, Kaneita Y, Ohida T, Akahoshi T, Hashimoto S, Akashiba T. The association between sleep problems and perceived health status: A Japanese nationwide general population survey. Sleep Medicine 13:831-837, 2012
  • Uchimura N, Kamijo A, Kuwahara H, Uchiyama M, Shimizu T, Chiba S, Inoue Y. A randomized placebo-controlled polysomnographic study of eszopiclone in Japanese patients with primary insomnia. Sleep Med 13:1247-53, 2012.
  • Ohtsu T, Kaneita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Shimada N, Kokaze A, Ohida T. Preferable Forms of Relaxation for Health Promotion, and the Association between Recreational Activities and Self-perceived Health. Acta Med Okayama, 66:41-51, 2012.
  • Morita A, Kamei S, Sakai T, Oga K, Matsuura M, Kojima T, Uchiyama M, Tanaka N, Arakawa Y, Moriyama M. Relationship between quantitative electroencephalogram and interferon-α-induced depression in chronic hepatitis C patients. Neuropsychobiology 2013;67:122–126.

邦文論文

  • 内山真. 睡眠の改善とうつ病の治療. 医薬ジャーナル 48: 116-124, 2012.
  • 内山真. 不眠と睡眠薬. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 84: 205-208, 2012.
  • 内山真. 睡眠覚醒障害. 臨床精神医学 41: 631-637, 2012.
  • 内山真, 金野倫子. 睡眠薬療法の現状と今後の展望. 日本臨牀 70: 1241-1251, 2012.
  • 内山真, 降籏隆二, 金野倫子. 生活習慣および行動と睡眠障害. 分子精神医学 12: 239-243, 2012.
  • 内山真. 体内時計の仕組みを知り、夏休みに崩れた生活リズムを整える. 総合教育技術 67: 56-57, 2012.
  • 内山真. 不眠の歴史. 精神科治療学 27: 983-988, 2012.
  • 内山真. レストレスレッグス症候群の治療. PHYSICIANS' THERAPY MANUAL 9:2, 2012.
  • 内山真. 睡眠のメカニズム. 実験治療 70: 8-16, 2012.
  • 内山真. 睡眠障害の社会生活に及ぼす影響と経済損失. 日本精神科病院協会雑誌 31: 61-67, 2012.
  • 内山真. 睡眠のしくみと若い人に起こる睡眠の問題. 自然と科学の情報誌ミルシル 6: 17-19, 2012.
  • 内山真. 産婦人科におけるうつ病の診断のポイント. OG SCOPE 3: 8-11, 2012.
  • 内山真. 睡眠障害, 病気と薬 パーフェクトBook 2012薬局 3月増刊号. pp.875-880, 南山堂, 東京, 2012.
  • 内山真. 睡眠障害の診断, 千葉茂 編: 脳とこころのプライマリケア 5意識と睡眠. pp.398-410, シナジー, 東京, 2012
  • 内山真. 睡眠と体温, 第33回温泉療法医教育研究会テキスト. pp.35-40, (社)日本温泉気候物理医学会, 2012.
  • 内山真, 金野倫子. Ⅰ睡眠薬(睡眠障害改善薬)の考え方3.睡眠薬が必要な睡眠障害・不要な睡眠障害, 石郷岡純 編: 睡眠薬プラクティカルガイド-正しい知識で御用を防ぐ. pp.17-25, 中外医学社, 東京, 2012
  • 内山真 (編集). 睡眠障害の対応と治療ガイドライン, じほう, 東京, 2012.
  • 内山真. 過眠症(ナルコレプシーを含む), 今日の治療方針2013年版. pp.891, 医学書院, 東京, 2013.
  • 高橋栄: 東日本大震災に対する「東京都こころのケアチーム」の活動. 日大医学雑誌71: 41-44, 2012.
  • 高橋栄, 鈴木正泰, 内山真, 小島卓也: 精神疾患診断のための脳形態・機能検査法(三國雅彦・福田正人・功刀 浩 編著). 探索眼球運動による統合失調症の診断, pp55-63, 新興医学出版社, 東京, 2012.
  • 高橋栄, 鈴木正泰, 松島英介, 太田克也, 倉知正佳, 林 拓二, 森田喜一郎, 前田久雄, 片山征爾. 平安良雄, 大久保善朗, 内山真, 小島卓也. 統合失調症における探索眼球運動異常と症状の関係: 精神神経学雑誌 115:3-9, 2013.
  • 高橋栄. 統合失調症のCanadian National Outcomes Measurement Studyにおける処方選択と予後. Schizophrenia Frontier 44: 39-46, 2012.
  • 高橋栄. 近年における精神医学の進歩―生物学的な側面から日大医学雑誌 71: 367-368, 2012.
  • 高橋栄. 統合失調症. 日大医学雑誌 71: 369-374, 2012.
  • 金野倫子, 内山真. Ⅲ睡眠薬(睡眠障害改善薬)の使い方4.睡眠薬はいつまで続けるのか?, 石郷岡純 編: 睡眠薬プラクティカルガイド-正しい知識で御用を防ぐ. pp.99-105, 中外医学社, 東京, 2012.
  • 鈴木正泰, 金野倫子: 早く寝るために服用する, 昼寝の時に使う?!, 睡眠薬プラクティカルガイド, pp.167-168, 中外医学社, 東京, 2012.
  • 鈴木正泰, 内山真. 覚醒療法(断眠療法), 精神科治療学 第27巻増刊号 気分障害の治療ガイドライン 新訂版, pp.191-194, 星和書店, 東京, 2012.
  • 鈴木正泰, 高橋栄, 松島英介, 角田雅彦, 倉知正佳, 岡田 俊, 林 拓二, 石井洋平, 森田喜一郎, 前田久雄, 片山征爾, 大塚達以, 平安良雄, 関根瑞保, 大久保善朗, 本下真衣, 太田克也, 内山真, 小島卓也: 統合失調症における探索眼球運動異常と臨床症状の関係: 精神神経学雑誌114: 868, 2012.
  • 鈴木正泰. 気分障害, 日大医学雑誌, 71(6): 375-378, 2012
  • 鈴木正泰, 内山真. 慢性うつ病の断眠療法. 睡眠医療 6: 239-245, 2012.
  • 穐山真由美, 金野倫子. Ⅳ睡眠にまつわる誤解を解く7.途中覚醒した時に飲めばよい?!, 石郷岡純 編: 睡眠薬プラクティカルガイド-正しい知識で御用を防ぐ. pp.171-172, 中外医学社, 東京, 2012.
  • 穐山真由美, 金野倫子, 内山真. アルコールと睡眠障害. 治療 94: 510-514, 2012.
  • 久保英之, 金野倫子. Ⅳ睡眠にまつわる誤解を解く6.服用してから眠くなるまで待つ?!, 石郷岡純 編: 睡眠薬プラクティカルガイド-正しい知識で御用を防ぐ. pp.169-170, 中外医学社, 東京, 2012.
  • 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の使い方と高血圧治療における不眠治療の重要性. 月刊循環器 20: 128-135, 2012.
  • 早乙女優太, 金森正, 山田幸樹, 鈴木正泰: 気分障害, 眼科, 54(4): 429-435, 2012.
  • 咲間隆洋, 武信康弘, 五十嵐智弘, 五十嵐匠, 佐藤克彦, 持田淳一, 岡田安弘, 山中弥太郎, 山口健哉, 賀屋仁, 内山真, 髙橋悟. 夜間頻尿を有する女性過活動膀胱患者における睡眠障害,夜間頻尿特異的QOLに対するソリフェナシンの効果. 泌尿器外科 25: 353-360, 2012.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • 内山真. 睡眠と体温. 第33回温泉療法医学会 教育研修会市民セミナー, 仙北, 2012.06.
  • 内山真. うつ病と不眠症 -病態と治療の最前線-, 第9回うつ病学会総会, 東京, 2012.7.
  • 内山真. 頻度の高い睡眠障害の薬物治療, CNP臨床精神神経薬理学セミナー, 第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会合同年会, 宇都宮, 2012.10.
  • 内山真. 睡眠脳波の見方と生理学的背景, 教育講演19, 第42回日本臨床神経生理学会学術大会, 東京, 2012.11.
  • 金野倫子, 内山真. 睡眠習慣と不眠の関係, シンポジウム24「不眠症と人間生活の相互関係」, 日本睡眠学会第37回定期学術集会, 横浜, 2012.6.
  • 金野倫子, 鈴木正泰, 内山真. うつ病における概日リズムの異常について, シンポジウム「精神疾患の時間生物学」第19回時間生物学会総会, 札幌, 2012.9.
  • 鈴木正泰, 内山 真. うつ病と睡眠障害の関連, シンポジウム「睡眠とうつ病」. 第9回日本うつ病学会総会, 東京, 2012. 7.

一般演題

  • Suzuki M, Konno C, Furihata R, Osaki K, Konno M, Takahashi S, Kaneita Y, Ohida T, Uchiyama M: Psychosocial stresses and stress-coping behaviors associated with depression among Japanese adult population: The International Society for Affective Disorders 2012, London, UK, 2012.4.
  • 鈴木正泰, 今野千聖, 降籏隆二, 大嵜公一, 金野倫子, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山 真: 心理社会的ストレスとストレス対処行動のうつ病との関連 -日本の一般人口についての大規模疫学調査-. 第9回日本うつ病学会総会, 東京, 2012.7.
  • 今野千聖, 大嵜公一, 降籏隆二, 鈴木正泰, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山真: 日本の一般成人人口における自殺念慮の頻度と関連要因. 第9回日本うつ病学会総会, 東京, 2012.7.
  • 横瀬宏美, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真; 女子大学生の月経前不快気分障害に関する要因. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡, 2013.5.
  • 降籏隆二, 鈴木正泰, 今野千聖, 大嵜公一, 高橋栄, 金野倫子, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤星俊樹, 橋本修, 赤柴恒人, 内山真: 健康感と睡眠の問題の関連について. 第5回精神科臨床睡眠懇話会, 東京, 2012.8.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真; 一般成人におけるうつ病と睡眠時間の関連の検討. 第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡, 2013.5.
  • 金森正, 鈴木貴浩, 穐山真由美, 金野倫子, 高橋栄, 内山真: 抗うつ薬に反応する反復性うつ病エピソードが先行した皮質基底核変成症の1例. 東京精神医学会第95回学術集会, 東京, 2012. 7.
  • 早乙女優太,金森正,鈴木貴浩, 横瀬宏美, 久保英之, 穐山真由美,鈴木正泰,金野倫子,内山真:がん治療中の精神科コンサルテーション・リエゾンー過去1年の後方視的検討を通してー, 東京精神医学会 第96回学術集会, 東京, 2012.11.
  • 恩田優子,金野倫子,鈴木正泰,穐山真由美,久保英之, 金森正,山田幸樹,内山真: 性周期に伴い精神症状が変動する統合失調症症例, 東京精神医学会 第96回学術集会, 東京, 2012.11.
  • 中村桜子, 高橋栄, 鈴木貴浩, 大嵜公一, 早乙女優太, 佐川倫啓, 鈴木正泰, 内山真: 22番染色体欠失症候群(22q11.2DS)家系の長期経過観察と全ゲノムcopy number variants(CNVs)解析. 第34回日本生物学的精神医学会, 神戸, 2012.09.
  • 中村桜子, 佐川倫啓, 宮本武, 早乙女優太, 金森正, 大嵜公一, 鈴木貴浩, 金野倫子, 高橋栄, 内山真: 22番欠失症候群の長期経過観察. 東京精神医学会第95回学術集会, 東京, 2012.07.

2011年度

英文論文

  • Uchiyama M, Inoue Y, Uchimura N, Kawamori R, Kuribayashi M, Kario K, Watada H. Clinical significance and management of insomnia. Sleep and Biological Rhythms 9: 63–72, 2011.
  • Uchiyama M, Hamamura M, Kuwano T, Nagata H, Hashimoto T, Ogawa A, Uchimura N. Long-term safety and efficacy of ramelteon in Japanese patients with chronicinsomnia. Sleep Med 12:127-33, 2011.
  • Uchiyama M, Hamamura M, Kuwano T, Nishiyama H, Nagata H, Uchimura N. Evaluation of subjective efficacy and safety of ramelteon in Japanese subjects with chronic insomnia. Sleep Med 12:119-26, 2011.
  • Suzuki M, Konno C, Takahashi S, Uchiyama M. Hidden harm. Lancet 377:874, 2011.
  • Furihata R, Uchiyama M, Takahashi S, Konno C, Suzuki M, Osaki K, Kaneita Y, Ohida T. Self-help behaviors for sleep and depression: A Japanese nationwide general population survey. J Affect Disord 130:75-82, 2011.
  • Uchimura N, Ogawa A, Hamamura M, Hashimoto T, Nagata H, Uchiyama M. Efficacy and safety of ramelteon in Japanese adults with chronic insomnia: a randomized, double-blind, placebo-controlled study. Expert Rev. Neurother. 11:215-224, 2011.
  • Abe Y, Mishima K, Kaneita Y, Ohida T, Nishikawa T, Uchiyama M. Stress coping behaviors and sleep hygiene practices in asample of Japanese adults with insomnia. Sleep and Biological Rhythms 9:35-45, 2011.

邦文論文

  • 内山真. 概日リズム睡眠障害. Current Therap 29: 52-57, 2011.
  • 内山真. 女性のライフステージと睡眠障害. 薬局 62: 56-60, 2011.
  • 内山真. 睡眠障害の診断と治療. SRL宝函 32: 37-47, 2011.
  • 内山真. 体温と睡眠 ~眠れない夜も深部体温を下げて快眠を~. 武田薬報 冬: 4-9, 2011.
  • 内山真. 睡眠薬の現在と未来. 医学のあゆみ 236: 992-998, 2011.
  • 内山真, 鈴木博之. 夢の精神生理学. 日大医学雑誌 70: 155-161, 2011.
  • 内山真. 不眠症治療の今昔. 治療 93: 174-175, 2011.
  • 内山真. 特集「眠れない」を解決する. 治療 93: 179, 2011.
  • 内山真. 薬をやめるタイミングとその方法は?. 治療 93: 290-292, 2011.
  • 内山真, 星加 明徳, 小児不眠症ゾルピデム研究チーム. ゾルピデム酒石酸塩の小児不眠症患者に対する有効性と安全性の検討. 日本小児科学会雑誌 115: 948-955, 2011.
  • 内山真, 金野倫子. レム睡眠行動障害, 松下正明 監修, 栗田主一 編著, 日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた pp. 36-44, 中外医学社, 東京, 2011.
  • 内山真. 不眠症, 研修ノートシリーズ 精神科研修ノート pp. 375-379, 診断と治療社, 東京, 2011.
  • 内山真. 概日リズム睡眠障害(CRSD), 睡眠障害診療ガイド(日本睡眠学会 認定委員会睡眠障害診療ガイド・ワーキンググループ監修) pp. 60-68, 文光堂, 東京, 2011.
  • 内山真. 概日リズム睡眠障害 不規則睡眠-覚醒型(不規則型睡眠覚醒症候群), 精神医学キーワード事典(松下正明 総編, 伊豫正臣・内山 真・内海 健・笠井清登・加藤 敏・神庭重信・齊藤万比古・佐野 輝・藤山直樹 編) pp. 324-326, 中山書店, 東京, 2011.
  • 内山真. 月経関連睡眠障害, 精神医学キーワード事典(松下正明 総編, 伊豫正臣・内山 真・内海 健・笠井清登・加藤 敏・神庭重信・齊藤万比古・佐野 輝・藤山直樹 編) pp. 327-329, 中山書店, 東京, 2011.
  • 内山真. 精神疾患と睡眠障害, 精神医学キーワード事典(松下正明 総編, 伊豫正臣・内山 真・内海 健・笠井清登・加藤 敏・神庭重信・齊藤万比古・佐野 輝・藤山直樹 編) pp. 338-342, 中山書店, 東京, 2011.
  • 内山真. 睡眠薬(ベンゾジアゼピン受容体作動薬とメラトニン受容体作動薬), 精神医学キーワード事典(松下正明 総編, 伊豫正臣・内山 真・内海 健・笠井清登・加藤 敏・神庭重信・齊藤万比古・佐野 輝・藤山直樹 編) pp. 636-640, 中山書店, 東京, 2011.
  • 内山真 監修. ぐっすり眠って、すっきり起きよう!今度こそ「快眠」できる13の方法, , 阪急コミュニケーションズ, 東京, 2011.
  • 内山真. 第3章 精神科臨床評価―特定の精神障害に関連したものF5睡眠障害, 精神科臨床評価検査法マニュアル〔改訂版〕臨床精神医学 第39巻 増刊号(2010) pp. 347-357, アークメディア, 東京, 2011.
  • 内山真. 睡眠障害, 薬局2011年3月増刊号 病気と薬 パーフェクトBOOK2011 pp. 1072-1077, 南山堂, 東京, 2011.
  • 内山真. 19 生物学的治療C 睡眠薬, 専門医をめざす人の精神医学 第3版(山内俊雄・小島卓也・倉知正佳・鹿島晴雄 編) pp. 624-631, 医学書院, 東京, 2011.
  • 内山真. メンタルヘルス睡眠障害, 2ページで解説!診療ガイド ダイジェスト 2011治療2011年5月臨時増刊号(前沢政次・板東浩 編) pp. 168-169, 南山堂, 東京, 2011.
  • 内山真. 非器質性睡眠障害 2.睡眠覚醒スケジュール障害に対する有効な治療は?, EBM 精神疾患の治療 2011-2012 pp. 206-212, 中外医学社, 東京, 2011.
  • 内山真. 生体リズムと眠気, 眠気の科学 ―そのメカニズムと対応―(井上雄一,林光緒 編) pp. 81-87, 朝倉書店, 東京, 2011.
  • 内山真. 睡眠障害とうつ病, うつ病治療ハンドブック ―診療のコツ―(大野 裕 編) pp. 149-158, 金剛出版, 東京, 2011.
  • 内山真(総監修). 睡眠の病気. 不眠症・睡眠時無呼吸・むずむず脚, 別冊NHK きょうの健康, NHK出版, 東京, 2011.
  • 内山真. 睡眠・覚醒スケジュール障害 Disorder of the Sleep-wake Schedule, 精神科・わたしの診療手順臨床精神医学 第40巻 増刊号(2011) pp. 251-253, アークメディア, 東京, 2011.
  • 梶達彦, 三島和夫, 北村真吾, 榎本みのり, 長瀬幸弘, 李嵐, 兼板佳孝, 大井田隆, 西川徹, 内山真. 中高年における抑うつ症状の出現と生活上のストレスとの関連―日本の一般人口を代表する大規模集団での横断研究―. 精神神経雑誌 113: 653-661, 2011.
  • 亀井雄一, 内山真. 不眠診療で注意したいこと. 心身医学 51: 170-174, 2011.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • Uchiyama M: Circadian pathology and chronobiotic treatment of chronic circadian rhythm disorders. Symposium: Symposium 3 Human Circadian ClockInternational Symposium on Photonic Bioimaging, Satellite Symposium of World Sleep 2011 on Human Circadian Clock: The 50th Anniversary of Temporal Isolation Study, Sapporo, Japan, 2011.10.23.
  • Uchiyama M: Anthropology of one’s sleepless nights. Luncheon Seminar. Worldsleep2011, Kyoto, Japan, 2011.10.17.
  • Uchiyama M: Making Japanese consensus report on the management of insomnia in general practice. Symposium: Current update on the strategy for diagnosis and treatment of chronic insomnia. Worldsleep2011, Kyoto, Japan, 2011.10.16.
  • Uchiyama M: Melatonin and melatonin receptor agonist in the treatment of circadian rhythm sleep disorders. Symposium: Multifacet actions of melatonin and melatonin receptor agonists on human sleep. Worldsleep2011, Kyoto, Japan, 2011.10.16.
  • Konno M, Uchiyama M Life style and genesis of insomnia. Symposium: Impact of insomnia on human life. Worldsleep 2011, Kyoto, Japan, 2011.10.20.
  • 内山真. みんなで考える医療現場の問題と対策, 患者を喪った家族の心. 日本予防医学リスクマネージメント学会平成24年度第1回セミナー, 東京, 2012.02.11.
  • 内山真. 概日リズム睡眠障害による不眠と過眠. 第3回東海産業職域睡眠セミナー, 名古屋, 11.12.08.
  • 内山真. 不眠症と生体リズム. 第12回日本医療マネジメント学会茨城県支部学術集会, つくば, 2011.11.26.
  • 内山真. レストレスレッグス症候群と不眠. 第24回日本総合病院精神医学会, 福岡, 2011.11.25.
  • 内山真. 教育講演 うつ病と不眠の関連に関する最新の知見とうつ病治療への応用. 第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26.
  • 内山真. シンポジウム睡眠薬の適正使用に向けて 不眠症の慢性化と睡眠薬服用の長期化に関与する要因. 第36回日本睡眠学会定期学術集会, 京都, 2011.10.15.
  • 内山真. アルコールと睡眠障害. 平成23年度酒精・薬物依存関連学会合同学術集会, 名古屋, 2011.10.13. 2011年10月8日新大阪ワシントンホテルプラザ
  • 内山真. シンポジウムII年齢・生活と行動の関係 生活習慣および行動と睡眠障害. 第13回感情・行動・認知(ABD)研究会, 大阪, 2011.10.08.
  • 内山真. オープニングセミナー睡眠を科学する. 第18回日本排尿機能学会, 福井, 2011.09.16.
  • 内山真. 睡眠不足症候群と睡眠・覚醒スケジュール障害. 第7回産業職域睡眠セミナー. 東京, 2011.07.22.
  • 内山真. Common Diseaseにおける最近の進歩 メラトニン受容体作動薬と睡眠障害治療. 日本大学医師会平成23年度夏季医学講座, 東京, 2011.07.10.
  • 内山真. 不眠症と生体リズム. 第53回日本老年医学会関東甲信越地方会, 東京, 2011.06.11.
  • 内山真. 糖尿病と不眠. 第54回日本糖尿病学会年次集会, 札幌, 11.05.20.
  • 瀬在明, 赤星俊樹, 秦光賢, 吉武勇, 宇野澤聡, 和久井真司, 木村玄, 畑博明, 塩野元美, 赤柴恒人, 高山忠輝, 平山篤志, 内山真, 関野久邦. シンポジウム睡眠時無呼吸症候群と心血管リスク 心臓手術患者と睡眠呼吸障害. 第59回日本心臓病学会学術集会, 神戸, 2011.09.24.

一般演題

  • 鈴木正泰, 高橋栄, 松島英介, 内山真, 小島卓也. 統合失調症における探索眼球運動異常と臨床症状の関係. 第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26.
  • 久保英之, 穐山真由美, 横瀬宏美, 大嵜公一, 鈴木貴浩, 金野倫子, 内山真. 困惑・錯乱状態を示した妊娠精神病の症候学的特徴と治療経過について. 第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26.
  • 今野千聖, 鈴木正泰, 大嵜公一, 降旗隆二, 高橋栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山真. うつ病の心理社会的な要因に関する無作為抽出法を使用した大規模疫学研究. 第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26.
  • 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 大嵜公一, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤星俊樹, 赤柴恒人. 健康感に対する不眠の影響の検討. 第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26.
  • 金森正, 高橋栄, 内山真. 抑うつ症状を呈した高齢者3症例. 第8回城北精神科臨床勉強会, 東京, 2011.06.
  • 堀智志, 金野倫子, 山口順子, 守谷俊, 高橋栄, 木下浩作, 内山真, 丹正勝久: 災害精神科救急医のマニュアル策定および育成について, 第19回日本精神科救急学会総会, 宮崎, 2011.10.

2010年度

英文論文

  • Takahashi S, Suzuki M, Uchiyama M: Hyperprolactinemia in Psychiatric Patients Treated with Antipsychotics: 24 Case Reports. The Nihon University Journal of Medicine. 52: 27-36, 2010.
  • Yokoyama E, Kaneita Y, Saito Y, Uchiyama M, Matsuzaki Y, Tamaki T, Munezawa T, Ohida T. Association between depression and insomnia subtypes: a longitudinal study on the elderly in Japan. Sleep 33:1693-702, 2010.
  • Sakuma T, Sato K, Nagane Y, Mochida J, Sugimoto S, Ichinose T, Yamaguchi K, Uchiyama M, Takahashi S. Effects of α1-Blockers for lower urinary tract symptoms and sleep disorders in patients with benign prostatic hyperplasia, LUTS 2:119–122, 2010.
  • Akahoshi T, Uematsu A, Akashiba T, Nagaoka K, Kiyofuji K, Kawahara S, Hattori T, Kaneita Y, Yoshizawa T, Takahashi N, Uchiyama M, Hashimoto S. Obstructive sleep apnoea is associated with risk factors comprising the metabolic syndrome. Respirology. 15:1122-6, 2010.
  • Kaji T, Mishima K, Kitamura S, Enomoto M, Nagase Y, Li L, Kaneita Y, Ohida T, Nishikawa T, Uchiyama M. Relationship between late-life depression and life stressors: large-scale cross-sectional study of a representative sample of the Japanese general population. Psychiatry Clin Neurosci 64:426-34, 2010.
  • Aritake-Okada S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Watanabe M, Hida A, Matsuura M, Uchiyama M, Mishima K. Diurnal fluctuations in subjective sleep time in humans. Neurosci Res 68:225-231, 2010.

邦文論文

  • 内山真. ラメルテオンの臨床. 精神科 17: 615-623, 2010.
  • 内山真. ねむりの達人がお応えします―Q&A 第6回 ①睡眠のためには日常生活でどのような助言が有効ですか?②どのようにして睡眠薬を導入すればよいですか?. ねむりと医療 3: 32-34, 2010.
  • 内山真, 内村直尚, 井上雄一, 河盛隆造, 倉林正彦, 苅尾七臣, 山下英尚, 角谷寛, 神林崇, 脂口充孝, 中島亨, 熊ノ郷卓之, 近藤英明, 綿田裕孝, 秦光賢, 下畑享良, 宮本雅之. 一般診療における不眠マネジメントに関するコンセンサス・リポート. ねむりと医療 3: 45-67, 2010.
  • 内山真. 睡眠学の発展と国際交流. 睡眠医療 4: 275-280, 2010.
  • 内山真. 暮らしすこやか ここちよい睡眠. ラジオ深夜便 125: 54-63, 2010.
  • 内山真. 高齢者睡眠障害の治療. 老年精神医学雑誌 21: 996-1003, 2010.
  • 内山真. 季節性うつ病. 精神科治療学第25巻増刊号 25: 144‐145, 2010.
  • 内山真. 睡眠障害の診断・治療ガイドライン. STETHOSCOPE 139: 58-60, 2010.
  • 内山真, 鈴木正泰, 今野千聖, 降籏隆二, 大嵜公一, 金野倫子, 高橋栄. 精神疾患にみられる不眠と過眠への対応. 精神神経科学雑誌 112: 899‐904, 2010.
  • 内山真. 高齢者の睡眠. 公衆衛生 75: 779-783, 2010.
  • 内山真. Ⅲ章 糖尿病合併症と専門医との連携2.慢性合併症―その他 睡眠障害 , 生涯教育シリーズ―79 糖尿病診療2010 pp. 304-305, 日本医師会, 東京, 2010.
  • 内山真. 「眠る力」を呼び戻す!名医が教える不眠症に打ち克つ本, , アーク出版, 東京, 2010.
  • 内山真. 睡眠障害, 家庭医学大全科 六訂版 pp. 786-787, 法研, 東京, 2010.
  • 内山真. ナルコレプシー, 家庭医学大全科 六訂版 pp. 787-788, 法研, 東京, 2010.
  • 内山真. 睡眠時無呼吸症候群, 家庭医学大全科 六訂版 pp. 788-789, 法研, 東京, 2010.
  • 内山真. 睡眠相後退症候群, 家庭医学大全科 六訂版 pp. 789-790, 法研, 東京, 2010.
  • 内山真: DSM-5ドラフトにおける睡眠覚醒障害について. 精神科治療学25:105‐110, 2010
  • 内山真: 不眠の疫学と基礎知識. 実験治療 №698:3-7, 2010
  • 内山真, 金野倫子: ラメルテオンの臨床効果と安全性―臨床開発データから―. 睡眠医療4 (増刊号) 14:169-176, 2010
  • 内山真: 精神疾患と睡眠障害 順天堂精神医学研究所紀要 pp.1-17順天堂精神医学研究所, 埼玉, 2010.
  • 内山真: Alzheimer病の睡眠・覚醒障害と時間生物学的治療. 神経治療学 27:161-168, 2010
  • 内山真: 睡眠障害(不眠症・過眠症). 今日の診断指針 第6版, pp. 132-133, 医学書院, 東京, 2010
  • 高橋 栄, Yu-hu Cui, Yong-hua Han, Jesen A. Fagerness, Brian Galloway, Yu-cun Shen, 小島卓也, 内山 真, Stephen V. Faraone, Ming T. Tsuang: APOL1, 2, 4遺伝子と統合失調症の相関. 日大医学雑誌69: 143, 2010.
  • 鈴木正泰, 高橋 栄, 松島英介, 角田雅彦, 倉知正佳, 岡田 俊, 林 拓二, 石井洋平, 森田喜一郎, 前田久雄, 片山征爾, 川原隆造, 大塚達以, 平安良雄, 関根瑞保, 大久保善朗, 本下真衣, 太田克也, 内山 真, 小島卓也: 探索眼球運動による統合失調症の診断 −自動解析装置を用いた多数例検討−: 日大医学雑誌69: 374, 2010.
  • 今野千聖, 鈴木正泰, 大嵜公一, 降籏隆二, 高橋 栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山 真: 日本在住一般成人抑うつ症状と身体愁訴. 日本女性心身医学雑誌 15: 228-236, 2010.

学会発表

教育講演とシンポジウム

  • 内山真. 睡眠と心身の健康. 睡眠文化研究会, 東京, 11.02.18.
  • 内山真. コンセンサスレポート2010 一般診療における不眠治療の重要性. 第67回日本循環器心身医学会, 下野, 2010.11.27.
  • 内山真. シンポジウム 光のゆらぎと現代病 光療法の新たな可能性をみすえて網膜で受けた光の心と身体への影響. 第17回日本時間生物学会学術大会, 東京, 2010.11.20.
  • 内山真. 睡眠障害とメンタルヘルス. 平成22年度メンタルヘルス研究協議会, 東京, 2010.11.16.
  • 内山真. うつ病と睡眠障害のマネージメント. 第30回日本精神科診断学会, 福岡, 2010.11.12.
  • 内山真. 不眠症治療の重要性と今後の展望. 第69回日本公衆衛生学会総会, 東京, 2010.10.29.
  • 内山真. 不眠症の病態と対処法. 第6回 コンサルテーションリエゾン精神薬学研究会学術講演会, 2010.10.29.
  • 内山真. 教育講演 過眠症の臨床. 第5回児童精神薬物治療研究会, 東京, 2010.10.24.
  • 内山真. 生活習慣病と不眠. 臨床薬学研究会, 東京, 2010.10.05.
  • 内山真. 女性と睡眠障害. 第25回日本更年期医学会学術集会, 鹿児島, 2010.10.02.
  • 内山真, 高橋栄, 金野倫子. シンポジウム 睡眠薬の現状と今後の展望オレキシン受容体拮抗薬による睡眠障害治療. 第20回日本臨床精神神経薬理学会 第40回日本神経精神薬理学会 合同年会, 仙台, 2010.09.15.
  • 内山真. シンポジウム 精神疾患に併存する睡眠障害の診断と治療精神疾患にみられる不眠・過眠とその対応. 第106回日本精神神経学会学術総会, 広島, 2010.05.20.
  • 内山真. 専門医を目指す人の特別講座 精神科臨床に必要な睡眠医学の知識. 第106回日本精神神経学会学術総会, 広島, 2010.05.20.

一般演題

  • 金野倫子, 今野千聖, 降籏隆二, 高橋 栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤星俊樹, 赤柴恒人, 内山 真: 一般成人における睡眠習慣と不眠の関連について. 不眠研究会 第26回研究発表会, 東京, 2010.12.
  • 今野千聖, 鈴木正泰, 高橋 栄, 内山 真: 発作性の不安に伴い自傷行為を繰り返した褐色細胞腫の1例. 第4回日本大学精神科医の会, 東京, 2010.11.
  • 細野真紀子, 大嵜公一, 鈴木貴浩, 降籏隆二, 横瀬宏美, 鈴木正泰, 金野倫子, 坂井禎一郎, 高橋 栄, 内山 真, 竹下 淳, 平良直人, 市原和明, 水谷智彦: 発病初期に持続的な鋭徐波複合がみられたCREUZFELT-JAKOB病の1例. 第24回城北機能神経疾患研究会, 東京. 2010.03.
  • 降籏隆二, 内山 真, 高橋 栄, 今野千聖, 鈴木正泰, 大嵜公一, 兼板佳孝, 大井田隆: 日本におけるうつ病と自己睡眠対処行動の関連: 大規模疫学調査の解析. 不眠研究会 第26回研究発表会, 東京, 2010.12.
  • 降籏隆二, 大嵜公一, 今野千聖, 鈴木正泰, 高橋 栄, 兼板佳孝, 大井田隆, 内山 真: うつ病と自己睡眠対処行動の関連. 第106回日本精神神経学会学術総会, 広島, 2010.05.
  • 大嵜公一, 金野倫子, 鈴木康弘, 鈴木貴浩, 穐山真由美, 鈴木正泰, 高橋 栄, 内山 真: 精神病性の思考障害との鑑別を要した超皮質性感覚失語の一例. 第30回日本精神科診断学会, 福岡, 2010.11.
  • 大嵜公一, 高橋 栄, 内山 真: 精神病性の思考障害と鑑別を要した感覚性失語の一例. 東京五大学精神医学集談会, 東京, 2010.02.
  • 金森 正, 禹 潤, 鈴木貴浩, 山田幸樹, 穐山真由美, 金野倫子, 高橋 栄, 内山 真: 反復性うつエピソードが先行した大脳皮質基底核変成症の一例. 第25回城北機能神経疾患研究会, 東京, 2011.03.
  • 早乙女優太, 高橋 栄, 内山 真: 日本大学医学部附属板橋病院精神神経科における精神腫瘍学の臨床活動. 第2回日本大学精神医学交流会, 東京, 2010.09.
ページトップへ