日本大学医学部附属板橋病院 臨床研究推進センター

CRCという仕事

CRCClinical Research Coordinator:臨床研究コーディネーター)とは…

みなさんが治験に参加される場合、いちばん接する機会が多いのはCRCとよばれる専門のスタッフです。CRCは専門的立場から治験をおこなう医師の業務を支援します。

ここでは実際の治験の流れを通して患者さまとCRCとのかかわりなどについてご説明します。

治験のながれ

担当医師との調整

治験を開始する際、担当する医師と事前に打ち合わせを行います。


▽

スタートアップミーティングの準備とその主催

治験を開始する前に関連する各部署のスタッフと打ち合わせを行います。

▽
cri-risa

治験開始

患者さまへの治験の説明

患者さまが医師より治験の説明を受けられたら、CRCが治験の内容の補足説明やご質問にお答えしながら十分にご理解された上でご同意をいただいてから治験が開始されます。


▽

診察の立会い

診察の際にはCRCも同席し、患者さまのお体の状態を把握しています。


▽

検査などへの同行

検査などの際はCRCが同行し、必要な検査がスムーズに実施できるようにしています。


▽

治験薬の調剤

治験専任の薬剤師が治験薬を調剤し、別の薬剤師が鑑査して、充分に内容を確認した上で患者さまへお渡しします。


▽

治験薬のご説明

薬剤師が患者さまのお体の状態を確認しながら治験薬について十分なご説明を行い、また他の薬に関してのご相談もお受けしています。


▽

検査結果の確認・担当医師への報告

検査技師のCRCが検査結果の確認をすぐに行い、担当医師への報告や必要に応じて患者さまへの説明などを行います。


▽
cri-risa

治験実施中には

患者さまの相談窓口(来院日や容態の確認)

治験に関する患者さまからの問い合わせやご相談などもお受けしています。


▽

他部署の医療スタッフに対する連絡・調整

各部署の関係者との打ち合わせを行い、患者さまの情報を共有し病院スタッフ全員でフォローします。


▽

治験終了時・その他

症例報告書の記入

患者さまの診察が終わったら、検査データなどの確認を行って症例報告書を記入したり、WEB上に入力します。


▽

患者さまや市民の方への治験啓発

治験に関して一般の方々への啓発活動をしています。

新しい「くすり」が開発されるためには患者さまの協力がなければ出来ません。

私たちCRCは、専門的な立場から、治験に参加される患者さまの人権や安全を守り、治験を円滑にするためのサポートをおこないます。