桜耳会

耳鼻咽喉科学教室の同門会として「桜耳会(おうじかい)」の組織があります。

日本大学医学部耳鼻咽喉科の旧教室員と現教室員から構成され、昭和25年に、「会員各位の連絡を一層緊密にし、学術の向上と相互の親睦をはかり、もって母校の発展に寄与する」ことを目的として発足しました。

長年の歴史を経て、「耳鼻咽喉科の研究成果および正しい医療に対する啓蒙活動を、広く国民に向けて行い、社会の福祉増進に寄与すること」と会則に加えて、社会公益のためにも活動しています。

年1回の総会を開催しており、第1回の桜耳会設立総会は昭和25年5月4日に、当時の中村四郎教授を会長として目黒雅叙園で29名の参加者をもって開催されました。

近年では毎年6月に「桜耳会総会」を開催して事業報告を行うとともに学内外からも講師の先生をお招きして学術講演をお願いし、会員相互の親睦もはかっています。日本耳鼻咽喉科学会の新専門医制度の認定耳鼻咽喉科領域講習になる予定ですので研修履歴にもなります。詳細は桜耳会事務局にお問い合わせください。(事務局は日本大学医学部耳鼻科医局内)

また、昭和49年には当時の齋藤英雄教授を会長として「桜耳会会報」第1号が発刊されました。「会員相互の脉々とした“こころの連絡”の役目を果し、先輩および教室の活躍、動静を伝え、また先輩が現教室員を激励する“よき場”となる事を願い発刊」に到ったと記されています。

「桜耳会会報」は平成30年で第45号が発刊されました。

現在の桜耳会編成は以下の通りです。
 ○ 桜耳会総会員数(平成30年4月現在)…220名
 ○ 役員:会長1名、副会長2名、幹事13名

桜耳会総会

桜耳会総会にて(平成30年6月10日)

最近の活動報告と医局への後援活動

  • 桜耳会総会を開催
  • 城北・埼玉南部耳鼻咽喉科学術集会を共催
  • 桜耳会会報を発刊

桜耳会新会長挨拶

小山 英明会長

桜耳会会長
小山 英明
(昭和46年卒)

会員諸先生方におかれましては、ますますお元気でご活躍のことと拝察申し上げます。

本年6月18日に京王プラザホテルにおいて開催されました桜耳会総会にて、内田 實前会長の後任として会長を務めさせていただくことになりました。平成29年度の桜耳会の役員としては、大森英生副会長、そして新たに小泉紋禎副会長、監事には山中善明、加納はるみ先生、幹事に関本邦彦、島崎奈保子、山口 威先生をメンバーとして迎えることができました。改めまして、役員一同気を引き締めて任にあたることをお約束するとともに、会員の諸先生方におかれましては、引き続き変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

また、6年間桜耳会のためにご尽力くださいました内田 實前会長、古屋庫二子前副会長、監事を務めてくださいました中原千恵子、池田 稔先生、そして弘重光一、野村泰之、野口雄五先生方には、心から御礼申し上げます。なお、内田 實先生には桜耳会の発展と同会の親睦に多大のご貢献をされましたので、先の桜耳会総会にて感謝状を贈呈させていただきましたと共に、役員会の推薦ならびに総会の決議によって当会の顧問に委嘱させていただきました。

さて、先日の総会時にお知らせしましたとおり、牧山 清教授には平成31年2月23日、24日京王プラザホテルにおいて第29回日本気管食道科学会専門医大会を主催されます。牧山教授が入局されて以来アレルギー学と共に歩んでこられご自身の研究課題である「喉頭・音声学」をも扱う専門医大会は、ご本人のご名誉はもとよりのことですが、本学の教室や同門会であります桜耳会にとりましても大変名誉なことと、心よりお慶び申し上げますと共に、これらに関する研究がさらなる飛躍をされることを期待いたします。

つきましては、先日の総会で議決されましたので、桜耳会と致しましては出来うる限り専門医大会の達成のために、近く募金委員会を設け支援活動を展開していく予定でございます。どうか会員諸先生方には、どうぞよろしくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、昭和25年(1950年)5月4日に当時の中村四郎教授を会長として29名の参加者で第1回の桜耳会が東京雅叙園で開かれました。その設立時のスローガンは「会員各位の連絡を一層緊密にし、学術の向上と相互の親睦をはかり、もって母校の発展に寄与すること」で、これが現在の当会の会則に生かされています。この先輩方の67年間の長きにわたり築き上げてくださったご尽力を肝に銘じて、本年度も副会長、監事、幹事、顧問の先生方と共に、桜耳会の発展に寄与すべく努める所存でありますので、今後とも会員諸先生方のご指導、ご協力をよろしくお願いします。また、本学の教室の隆盛、ご活躍のために桜耳会が少しでもお役にたてられますよう、心から祈念して会長就任の挨拶とさせていただきます。

桜耳会総会報告

New! 平成30年度桜耳会総会が平成30年6月10日に京王プラザホテルで開催されました。

今年度も数多くの桜耳会会員の先生方にご出席いただき、盛会となりました。

今回は桜耳会ではじめて共通講習を開催し、亀田総合病院感染症科 細川直登先生に「日本の薬剤耐性(AMR)アクションプランと経口抗菌薬の使い方」について講演していただきました。来年も領域講習、または共通講習を開催する予定です。

総会及び学術講演

桜耳会総会

懇親会

桜耳会総会

*なお、写真ご掲載にご支障がおありの際は当科秘書室までお申し付けください。

平成30年度桜耳会会次第 平成30年6月10日(日)

総 会
京王プラザホテル本館47F あけぼの
司会 大森 英生 
1.開会の辞
大森 英生(S.57年卒)
2.会長の挨拶
小山 英明(S.46年卒)
3.教授挨拶
大島 猛史(S.61年卒)
4.報告事項
 
 1)委員会報告
 
  庶務
亀谷 隆一(S.62年卒)
  編集
工藤 逸大(H.8年卒)
  学術
鴫原 俊太郎(S.57年卒)
 2) 医局状況報告
日大板橋病院 田中 真琴(H.14年卒)
日本大学病院 友松 裕貴(H.19年卒)
 3) その他
 
5.議事
 
 1)平成29年度収支決算
吉川 琢磨(H.3年卒)
 2)監査報告
山中 善明(S.49年卒)
 3)平成30年度予算案について
吉川 琢磨(H.3年卒)
 4)その他
 
学術講演(14:30~15:30)
 
平成29年優秀論文賞受賞講演
座長 野村 泰之(H.4年卒)
XBP1-FoxO1 interaction regulates ER stress-induced autophagy in auditory cells
岸野 明洋(H.23年卒)
座長 鴫原 俊太郎(S.57年卒)
The Effect of Comorbidity between Tinnitus and Dizziness on Perceived Handicap, Psychological Distress, and Quality of Life
三浦 正稔(H.19年卒)
共通講習(15:30~16:30)
 
座長 大島 猛史(S.61年卒)
『日本の薬剤耐性(AMR)アクションプランと経口抗菌薬の使い方』
亀田総合病院感染症科部長 細川 直登 
6.閉会の辞
小泉 紋禎(S.58年卒)
懇親会(17:00~19:00)
京王プラザホテル本館47F あおぞら
司会 田中 真琴(H.14年卒)
1.開会の辞
松山 仁(S.51年卒)
2.乾杯
齋藤 雄一郎(S.47年卒)
3.新入医局員紹介
田中 真琴(H.14年卒)
4.閉会の辞
小山 英明(S.46年卒)

お知らせ

次回桜耳会開催のお知らせ
2019年6月9日(日)13時30分~
新宿京王プラザホテルにて開催

桜耳会総会報告バックナンバー

*平成29年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成28年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成27年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成26年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成25年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成24年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成23年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成22年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。

*平成21年度桜耳会総会の報告は下のリンクボタンからご覧ください。