対象疾患

やけどとは?

やけど、(専門用語では『熱傷』といいます)は熱湯や蒸気、熱した油、アイロン、火など熱いものに皮膚が触れることにより皮膚が損傷された状態です。

熱傷の深さはⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度と3つに分類されます。

1、Ⅰ度のやけど

Ⅰ度のやけど皮膚が赤くなる程度のやけどです。通常3~4日程度で赤みが減少し、やけどの跡を残すことなく治ります。『日焼け』は『Ⅰ度のやけど』です。

2、Ⅱ度のやけど

Ⅱ度のやけど皮膚に水泡(水ぶくれ)を生じる中間の深さのやけどです。Ⅱ度のやけどは治りが早い『浅いやけど』と、治りが遅い『深いやけど』に分けられます。

3、Ⅲ度のやけど

Ⅲ度のやけど一番深いやけどであり、皮膚は硬く、黄白色となります。やけどが治ったあともケロイドなどのキズ跡が残ります。

治療

やけどをした場合、まずきれいな水(水道水やミネラルウオーター)で洗浄し、きれいな水で湿らした布やタオルでやけどした部位を冷やしてなるべく早く病院に来て下さい。ただし、冷やし過ぎに注意して下さい。

治療はやけどの深さによって異なります。

『Ⅰ度のやけど』

軟膏療法を行います。3~4日で赤みや痛みが消失してきます。色素沈着を生じる場合がありますが瘢痕(キズ跡)としては残りません。

『Ⅱ度のやけど』

「浅いやけど」と「深いやけど」を判断して治療を行う必要があります。当科では皮膚の血流を「ビデオマイクロスコープ」を用いて観察し、やけどの深さを的確に診断し治療を行います。

『浅いやけど』の場合は軟膏療法や被覆材(キズを密閉する特殊ガーゼ)を用いた保存的治療を行います。2週間以内に新しく皮膚が再生し、色素沈着や色素脱出(白くなる)を生じる場合がありますが、ほとんど瘢痕(キズ跡)は、目立ちません。

『Ⅱ度の深いやけど』の場合は、2~3週間しても皮膚の再生が悪く、なかなか治りません。範囲が小さければ慎重に経過を観ながら軟膏療法を続けますが、範囲が広い場合や感染(化膿)を併発した場合には手術(皮膚移植)を行わなければならない場合もあります。

『Ⅲ度のやけど』

皮膚の再生が得られないため、範囲にもよりますが、手術療法が原則です。

やけどの後遺症

Ⅱ度の深いやけどやⅢ度のやけどでは瘢痕(キズ跡)が残ります。さらにキズ跡の盛り上がり(肥厚性瘢痕・ケロイド)やキズ跡のひきつれ(瘢痕拘縮)を生じ、指や手足の機能障害を伴うことがあります。やけどが治った後も、継続して、紫外線を防ぐ治療、やけどの跡(瘢痕、ケロイド)の治療が必要となります。

やけどの重症化

やけどの範囲が広い場合は命に関わることがあり、専門的な集中治療が必要になります。さらにやけどの創に感染(化膿)をおこすと、菌が体内に侵入し、菌の毒素のために熱が出たり、熱傷創が深くなるなどして重症化します。また初期に適切な治療が行われないと、治るのに時間がかかり、やけどの跡が目立ってしまうことがあります。

やけどを負った場合、「軽いので大丈夫」と思わず、専門医のいる病院での治療をおすすめします。

sp
PageTop