対象疾患

イメージ形成外科は、頭部・顔面・手・足など、外から見える部分を中心に、先天的な(生まれつきの)形の異常および後天的な体表面の腫瘍、変形、外傷、瘢痕(創痕)などを対象にする外科です。とくに顔面では皮膚軟部組織の損傷だけでなく骨折も対象としています。また腫瘍切除後の組織欠損や運動機能の修復・再建にも積極的に取り組んでいます。

当科で診療を行っている代表的疾患

疾患名をクリックすると詳しい説明が見られます。

sp
PageTop