日本大学医学部 病態病理学系 人体病理学分野

教室・研究紹介

専門分野:外科病理・心血管病理(羽尾裕之)

血管平滑筋細胞のフェノタイプの多様性に関する研究

血管平滑筋細胞の遊走や増殖は動脈硬化の進展や血管形成術後の再狭窄に重要な役割を果たしている。我々は冠動脈の血管壁には表現型の異なる多様な生物学的特徴を有する平滑筋細胞が存在しているという仮説のもと、ブタ冠動脈から平滑筋細胞株の分離・培養を試みた。興味深いことに、冠動脈中膜やステント留置後の新生内膜からtissue explant法によって培養時の細胞形態や生物学的特徴の全く異なる2種類の培養維持可能な細胞株の樹立に成功した(下図の紡錘型・類上皮型平滑筋細胞)。これらの培養細胞を用いたプロテオミクス解析により、動脈硬化促進性に働く類上皮型平滑筋細胞の細胞株で特異的に発現しているマーカー分子を同定し、これらの分子の生体内での分布や機能の一部を明らかにした。現在は、これまでの研究成果の診断や治療に向けた応用を検討している。

急性冠症候群(Acute coronary syndrome: ACS)の病理病態に関する研究

急性冠症候群(ACS)を引き起こすプラーク破裂やびらんの分子病理学的機構は不明な点が多い。我々は剖検例や培養細胞を用いて、冠動脈びらんにおける病理組織学的特徴や、冠動脈プラークの不安定化や破裂における小胞体ストレスの関与を明らかにした。また、ACSの発症後に起こる心筋再構築に対して、間葉系幹細胞を用いた細胞シートによる再生治療の開発に関わった。さらに虚血性心疾患における心筋線維化の分子メカニズムを解明するため、動物モデルおよび剖検例を用いて心筋梗塞巣における線維芽細胞の形質転換機構を明らかにした。

剖検例を用いた冠動脈血管内イメージングと病理組織像との対比

血管内イメージングは冠動脈の動脈硬化病変の評価や冠動脈血行再建術治療後の効果判定などに広く臨床の場で用いられている。しかし、ヒト冠動脈病変における血管内イメージングによる画像所見と病理組織像との詳細な対比は、これまでほとんど行われていなかった。我々は、剖検例から得られた冠動脈を用いて、冠動脈血管内イメージングと病理組織像との対比を行った。多彩な冠動脈病変における血管内イメージングと病理像との対比から、血管内イメージングにおける様々な診断上のピットフォールを報告した。

専門分野:外科病理・電子顕微鏡(逸見 明博)

光顕や電子顕微鏡で観察する場合、一般的な方法としてホルムアルデヒドなどの化学固定が行われている。しかし化学固定法では細胞や組織を採取し固定されるまでの間に虚血・酸欠などが影響し、組織内の機能分子の発現や細胞小器官の超微形態像を変化させ、細胞の動きを捉えることが難しかった。このような欠点を補うため研究の基盤に急速凍結技法を取り入れている。これまで人体組織を用い凍結置換法や急速凍結ディープエッチング法による病態解析、近年は生体内凍結技法によるラットの腎尿細管の動的変化の解析を行っている。

食道扁平上皮癌のレプリカ像と通常電顕(IF:中間径線維、N:核)

専門分野:外科病理・神経病理(本間 琢)

神経変性疾患 - パーキンソン病(PD)における臨床・病理学的検討

PDは、臨床的には錐体外路系をおかし、病理学的にはαシヌクレイン(ASyn)がレヴィ小体(LB)などの形で中枢神経系(CNS)に蓄積することが特徴的な神経変性疾患です。しかし、近年の様々な研究から、CNSだけでなく全身性にASynが蓄積するということが知られるようになり、いわゆる全身性疾患として捉えられつつあります。一方、PDの臨床の面では、近年、認知機能障害などを中心とした非運動症状について注目されていますが、その神経病理学的特徴については様々な施設でいまなお研究・報告され続けています。
このような背景のもと、我々は、これまでに、PDの臨床・神経病理学的検討を他施設との共同で行ってきました。現在、さらに様々な臨床・病理学的角度からLB病理についての研究を行っています。

脳腫瘍病理 - 脳腫瘍病理診断から臨床病理学的研究へ

2016年6月にWHO脳腫瘍分類が改定され、脳腫瘍病理診断において、遺伝子解析がさらに重要なものとなってきています。病理学分野におけるこれまでの脳腫瘍病理は、免疫組織化学的手法を併用しての病理診断および症例報告が主でしたが、現在、さらに脳腫瘍の分野でも遺伝子解析が取り入れられるように取り組んでいます。さらに、臨床病理学的研究への応用へ向けた脳腫瘍データベースの構築を目指しています。

専門分野:実験病理・膵臓の病理(佐野 誠)

浸潤性膵管癌は膵癌のなかでも最も発生頻度が高く、また未だに早期診断・治療が困難な悪性腫瘍です。そのような浸潤性膵管癌に対して、1) 発症メカニズムの解明、2) 新規バイオマーカーの探索・モノクローナル抗体の開発、3) 創薬開発といった基礎から前臨床試験(プレクリニカルトライアル)までを病理学的視点から幅広く行っています。
写真(A)は生後1か月齢のPdx1-cre, LSL-KrasG12D, Trp53flox/+の遺伝子改変マウスで、その数か月後には膵腫瘤が発生し(B)、組織学的には浸潤性膵管癌を呈しています(C)。このように、ヒトの浸潤性膵管癌に類似したモデルマウスを用いることにより、臨床応用を目指した創薬開発が可能になると考えています。

専門分野:外科病理・口腔病理(石毛 俊幸)

口腔は、歯に関連する特異的な病変が発生する領域であり、口腔領域の腫瘍および腫瘍状病変を主体に、診断に関連するその発症や進行に関して、形態学的、免疫学的、分子生物学的に検索を行っています。これらの結果は、口腔領域の病変の理解を深めるだけでなく、予後の判定、治療への応用にも貢献しうるものと考えています。

PAGE TOP