日本大学医学部 病態病理学系 人体病理学分野

病理医志望の方へ

病理医志望・病理専門医の方へ

 病理医は、最終診断を下し治療指針を決定する役割を果たしています。近年の疾患概念の細分化や分子標的薬の普及で、今後病理医の仕事は臨床の場でさらに重要な位置を占めるようになると考えられます。
 一度臨床の場に出ると、どなたでも病理学の重要性は理解できるかと思います。病理学を勉強する上で、臨床での経験や疑問は重要なモチベーションとなります。このような臨床経験を経て病理を学び、現在第一線で活躍している病理医を多く知っています。また、将来臨床医に戻る道を考えていても、病理学を一定期間勉強することは決して回り道ではなく、臨床の力や考え方にプラスになることは間違いありません。
 我々人体病理学教室では、今後の医師としてのキャリアに病理医という選択肢を考えている・病理学を一定期間勉強したいといった方々についても、広く人材を募集しています。
 もちろん、病理専門医の方で日本大学医学部において豊富な症例や我々の研究手法を用いて病理学の専門領域を極めたい方・研究に興味のある方についても、いつでもご相談をいただけたらと思います。

連絡先

日本大学医学部 病態病理学系人体病理学分野
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30番1号
秘書 家守
電話:03-3972-8111 内線2256
メール:

PAGE TOP