お知らせ

  • 2022.8.5
    「令和5年度歯科研修医募集説明会について」
    令和4年8月27日に第2回が行われますので、出席を希望される方は下記までお願い致します。
    URL:https://www.itabashi.med.nihon-u.ac.jp/news/post/314 
  • 2020.12.5
    歯科口腔外科学分野のウェブサイトを公開いたしました

歯科口腔外科で診療している疾患

1. 炎症

おもに歯が原因で、顎の骨や粘膜をはじめ顔面周囲に感染が広がって腫れている状態です。外科的な処置と薬による治療を行います。最も多いのは「親知らず(智歯)」による炎症です。現代の日本人は食生活の変化により親知らずの生えてくるスペースが顎 にありませません。顎の中に埋まっていたり、うまく噛み合わずに生えてきて色々の問題を引き起こし、抜歯を必要とすることが 多々あります。しかし、この様な歯の抜歯は困難な場合が多く、口腔外科での治療が必要となる場合が少なくありません。

2. 外傷(歯・顎骨・口唇・舌などの外傷の治療)

もし、外傷で歯が抜けてしまっても、もう一度もとへ戻すこともできますのでお持ち下さい。抜けた歯はパック入りの牛乳の中 に入れてお持ちになるのが手軽で良い条件が保てます。
顎の骨が折れているような場合には口腔外科での治療が必要です。噛み合わせがもとに戻ることが最優先されるからです。

3. 奇形・変形

唇顎口蓋裂患者の術前顎矯正(Hotz床)の作製と調整が可能です。

4. 嚢胞

顎の骨や粘膜にできる袋状の疾患です。当科では大きな手術をせずに減圧療法により縮小を図り、小さくしてから残りを手術で取ることを勧めております。治療期間は長くなりますが手術侵襲が少なく機能障害などもきわめて小さくすることができます。 この中で最も多いのは歯根の先にできる歯根嚢胞です。

5. 腫瘍

歯肉・舌・その他の口腔粘膜、骨、歯などの腫瘍を手術等により治療します。また、手術後、顎の欠損のある患者さんへの義歯(顎義歯)の作成をおこなっております。

6. 顎関節症

顎の関節周囲の痛み、口が開かない、口を開けたり閉めたりしたときの、関節周囲の雑音などの症状は噛み合わせを主な原因とする病気です。付随した症状として、偏頭痛、肩こり、顔面の痛みなどが有ります。治療は、噛み合わせの改善、スプリント(マウスピース)療法、薬による治療などを組合わせて行います。
顎関節の病気で顎が外れて閉まらないことがあります。処置が遅れますと戻すのに手術が必要になることもあります。

7. 粘膜疾患

舌をはじめ口の中の粘膜に種々の変化が現れる疾患です。検査をして薬による治療を行います。

8. 歯科インプラント

失われた歯の代わりに人工の歯根を埋めてその上に人工の歯を作ります。これは保険診療ではありませんので、自費治療となります。

9. 全身疾患

全身的に色々な病気があり、一般の歯科医院では困難な歯科治療を、診察・相談の上行っています。かかりつけの医師より紹介状を頂き、全身疾患との関係を考慮し、連携をとりながら診察・治療を行います。

循環器疾患

心臓病(狭心症・心筋梗塞・不整脈・弁膜症・ペースメーカーの埋め込み・人工弁置換・先天性心疾患など)、高血圧症、脳梗塞など

呼吸器疾患

喘息、慢性呼吸不全など

消化器疾患

肝臓病

内分泌疾患

甲状腺疾患

血液疾患

再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、血友病、白血病、リンパ腫

代謝性疾患

糖尿病

腎疾患

人工透析

膠原病

関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、強皮症、抗リン脂質抗体症候群、天疱瘡など

臓器移植後

などの疾患をお持ちの患者さんです。

特徴・特色

口腔機能の健全化をはかり、できるだけ自分の歯で食べることができるように歯を保存する治療を、歯科・医科両領域の知識技術の包括的な活用により行っております。
全身疾患をお持ちの患者さんは歯科と医科の陵の狭間にあって、十分な歯科医療が受けられないことが少なからずあると思われます。
そのような患者さんに対して橋渡しをすべく、地域医療施設との病診連携を綿密にして地域医療の一翼を担っております。

診療体制

  • 全身疾患をお持ちの患者さんについては、特に関連他科との対診をもって安全かつ円滑な歯科治療を行っております。
  • 口腔顔面領域の外傷治療にあたっては、救命救急センターならびに脳神経外科、耳鼻咽喉科など関連領域と密接な連携をもって診療にあたっております。
手術写真

日本大学医学部 耳鼻咽喉・頭頸部外科学系

歯科口腔外科学分野

〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町 30-1

TEL : 03-3972-8111 (代表)

Oral Surgery

Nihon University School of Medicine

Copyright © 歯科口腔外科学分野
トップへ戻るボタン