日本大学医学部

教育活動

1 教育課程の概要

 本学部は,教育理念の「醫明博愛」を踏まえ,医学を修める者の社会的責務を自覚し,常に自ら考え研鑽し,豊かな知識・教養に基づき社会に貢献する高い人間力を有する医師,さらに高い倫理感のもとに,論理的・批判的思考力を有し,世界へ発信できる学際的視野を持った研究者,豊かな個性を引き出し,次世代リーダーを育成する熱意ある教育者の育成を教育目標として掲げている。この教育目標に基づき,従来の「講義を聴いて覚える」受身の教育から,「学習者が自ら考え行動する」自己開発型教育への転換を図り,6年を通じて一般教育・基礎医学・臨床医学を総合的に学習しつつ,社会性と人間性,倫理観,生涯学習を己に課すことのできる資質を育む全人的教育を行っている。
 1年次では,一般教育科目と基礎医学との融合を図り,様々な角度から基礎医学の理解を深め,高学年の臨床医学を学ぶ上で必要な知識を蓄える。さらに,「自主創造の基礎1・2」では,場面に応じたコミュニケーションの理解を学修し,介護・福祉・接遇等に関わる専門家の指導を受け,医学生として誠実な態度に基づく他者との関わりの重要性を学ぶプログラムを実施している。
 2年次では,基礎医学を中心に学び,臨床医学を学ぶ上で必要な問題発見能力・問題解決能力,自学自習の態度を実践するために「問題基盤型学習序論」を通じてPBLテュートリアルの基礎を学ぶ。
 3年次から4年次前半までは,PBLテュートリアルを通じて臨床医学を学び,4年次後半から開始される臨床実習に備える。「clinical skills training」では臨床医にとって基本となる問診や診療技術を十分に身に付け,患者さんの全身をひとりで診察できるレベルまで到達することを目標とし,OSCEでその到達度を測っている。
 4年次後半から開始される「臨床実習」では,医療チームの一員として診療業務を分担しながら,教員の指導の下で一定範囲の医療行為を行う診療参加型実習(クリニカル・クラークシップ)の形式で進められる。学生は,Student Doctorと呼ばれ,患者さんに接しながら基本的臨床技能,現場での思考法,さらに態度を含めた医師としての能力を総合的に学び,実践的な実力を身に付ける。
 6年次では,自身の知的好奇心に基づく興味や創造力をかきたて,学問の面白さを発見・再認識する学生本位のカリキュラムを実施しており,意欲があれば海外施設で学ぶこともできる。また,「選択臨床実習」を通じて学内施設に限らず,関連病院をはじめとする学外施設での実習を通じて地域医療の現場を経験できる。臨床実習の到達状況を「OSCE」で評価する。また,6年間の総まとめとして「総合講義」が設定され,知識の確認・再構築をし,応用力のある幅広い問題解決能力を身に付ける。

2 特色ある教育等

(1) Clinical Clerkshipの導入
 4年次後半からの臨床実習は,医療チームの一員として診療業務を分担しながら,教員の指導のもとで一定範囲の医療行為を行う診療参加型実習(クリニカル・クラークシップ)のスタイルで行う。患者さんに接しながら基本的臨床技能,現場での思考法,さらに態度を含めた医師としての能力を総合的に学び,実践的な実力を身に付ける。

(2)医学英語教育
 1年次~6年次まで一貫した医学英語教育を実践している。実践的な英語を使える医師の育成を念頭に,卒業時に「英文の医学文献を読める」「英語で医療面接(診察)ができる」という2つのスキルを身に付けることを目標としている。

(3)自由選択学習
 6年次のチューター制による自由選択学習は,全講座があらかじめ設定した140以上のコースから希望するものを選択し,7週間にわたる実習や研究活動を行うものである。学外や海外の病院などでの実習を希望する学生にはこれを認めており,学生の知的好奇心を十二分に満たし,自主的に学習に取り組む姿勢を醸成することに効果をあげている。

(4)PBLテュートリアル
 平成18年度から,症例に基づいた問題基盤型のテュートリアル教育を 2~4年次の臨床医学・社会医学に導入し,知識伝達型教育とは異なった学生主体の医学教育法であり,問題発見能力・問題解決能力,自学自習の態度・習慣や人とのコミュニケーションなど,知識の獲得だけでなく,医師として生涯にわたり学修を続けていくことのできる生涯学習者の姿勢を身に付ける。

3 大学院教育

独創的研究能力と豊かな学識,人間性を兼備した教育者と研究者を養成する任務を担うとともに,高度な先進的医学研究を推進する。統合的学科目や臨床系の教員が担当する基礎系学科目などを配置し,新たな学際的研究にも対応できる専攻科目体系が構築されている。平成15年度には大学院の更なる発展・充実を目指し,講師まで含めた専任教員を対象に大学院担当教員としての資格審査を行い,多様化の進む医学研究に対応する教員組織の充実を図った。

4 卒業者数及び学位授与状況

(1)卒業者数

専門部医学科
3,225名
医学部(旧制)
798名
医学部(新制)
7,257名     合計11,280名

(2)学位授与者数

旧制度による学位取得者
1,783名
大学院課程修了者
1,596名
論文提出による学位取得者
2,961名     合計6,340名

5 ファカルティ・ディベロップメントなど教育改革への取組み

医学教育ワークショップを年間4回ないし5回開催している。具体的には,教育カリキュラムの立案,試験問題作成など実際の作業を通じて,医学教育への理解,カリキュラム改善への意識改革,意思統一を図っている。これまでに延べ800名以上の教職員が参加している。