主任教授

岩﨑 賢一(いわさき けんいち)

岩﨑 賢一

いわさき けんいち

日本大学医学部社会医学系衛生学分野教授
JAXA 宇宙医学生物学研究グループ 主幹研究開発員

略 歴

学 歴

1983年:東京都立竹早高等学校卒業
日本大学医学部医学科入学

1989年:日本大学医学部医学科卒業

1991年:日本大学大学院医学研究科博士課程外科系麻酔科入学

1995年:日本大学大学院医学研究科博士課程外科系麻酔科卒業
医学博士の学位取得

免許・資格等

医師免許取得(医籍登録第326959号)

麻酔科標榜医免許取得(麻第5864号厚生省収健政第120号)

日本宇宙航空環境医学会宇宙航空医学認定医(登録番号67)

職 歴

駿河台日本大学病院麻酔科研修医

日本大学医学部無給助手(衛生学)

日本大学助手(衛生学)

※米国テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンターに研究員として海外出張

1999年:日本大学医学部専任講師(衛生学)

2003年:日本大学医学部助教授(社会医学講座衛生学部門)

2007年:日本大学医学部教授(社会医学系衛生学分野、分野主任)

所属学会

日本宇宙航空環境医学会 理事長代行、庶務担当理事 他

経歴および研究活動

国際重力生理学の学会にてBenjamin D. Levine先生と

国際重力生理学の学会にてBenjamin D. Levine先生と

NASAからの感謝状

NASAからの感謝状

1981年4月にスペースシャトルが初飛行して以後、1980年代前半は、宇宙開発がとても盛んになり、宇宙における人体の変化などを研究する宇宙医学への関心が高まりました。当時、日本において宇宙医学を専門の一つとして掲げる研究者や教室はほとんどありませんでしたが、日本大学医学部衛生学教室は谷島教授が宇宙医学の専門性を打ち出しました。私は将来宇宙医学を専門とすることを志し、日本大学医学部に1983年に入学致しました。学生の時より、衛生学教室に出入りし、日本大学板橋病院で行われた最初の日本人宇宙飛行士選抜の医学検査の手伝いや、長期ベットレスト宇宙模擬実験の手伝いのため、夏休みには板橋病院に泊り込むなどしていました。卒業後、将来宇宙医学分野においてヒトを被験者とした研究を行っていくためには、相応の臨床経験をつむことが重要であると判断し、駿河台日本大学病院麻酔科に入局して鈴木太教授や小川節郎先生(元、麻酔科主任教授)のもとで研修しました。平成7年に博士の学位と麻酔指導医の資格を取得した後、衛生学教室の助手となり、主な活動分野を宇宙航空環境医学研究としました。人間用短腕遠心機を用いて「宇宙における循環機能低下の人工重力による予防の研究」に取り組みました。平成9年から11年までの間、アポロ時代からの宇宙医学研究者として有名なBlomqvist教授の率いる米国テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター内科・宇宙医学研究室に研究員として留学し、主にNASAのスペースシャトル医学研究ミッション(ニューロラボ、STS-90)に参加して、宇宙飛行士からのデータ採取や解析を担当致しました。また、このころより、宇宙医学以外の環境医学(低酸素・高地環境適応)やスポーツ医学(長期持久性トレーニングの効果)などの分野にも研究領域を広げました。

最近は、「宇宙飛行中の脳循環調節に関する研究」を主軸としていますが、それ以外にも、眼科と協力し「宇宙飛行中の眼の形態変化の研究」を行ったり、麻酔科と協力し「麻酔薬や水分量が脳循環・自律神経調節に及ぼす影響の研究」を行ったりしています。

また、衛生学分野における社会貢献の活動として、JAL客室乗務員訓練の講師(航空医学担当)、全日本スキー連盟ナショナルチームクロスカントリー医科学委員、日本オリンピック委員会強化スタッフなども務めてきました。
このように日本大学医学部の中で、宇宙医学を中心とした特殊な研究をさせて頂いていますので、本学の目標である「よき臨床医の育成」のために、何ができるのか、何をすべきかを考えながら、教育や学内での活動にも精力的にあたっています。

ページ先頭に戻る