研究員・大学院生募集

宇宙での脳循環研究をしたい有給専修研究員、および大学院生(宇宙航空環境医学)を募集中!
宇宙医学の研究を一緒にやってみたい方は気軽にご連絡下さい。
研鑽は厳しくもありますが、楽しくもあります。

大学院では、まずは当研究室で現在すでに進行中の研究に参加し、担当した部分について口頭発表、論文作成までを行ってもらいます。
それによって、実験の仕方、データ解析の仕方や研究論文のまとめ方を学んでもらいます。 論文作成まで終了した人は、次に自分の好きな研究テーマの実験計画をまとめて、残り卒業までの期間はその研究を行うことができます。

お問い合わせ先

〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1 日本大学医学部社会医学系衛生学分野

メール:iwasaki.kenichi@nihon-u.ac.jp

TEL:03-3972-8111(内線2267)

これまでの大学院生の執筆論文例

  1. Kim, H., et.al.. Changes in bone turnover markers during 14-day 6° head-down bed rest. J Bone Miner Metab 21:311-315, 2003.
  2. Shibata, S., et.al.. Morphometric Changes in Vagal Nerves of Fourth Generation Mice Passage-Bred in a 2G Environment, Aviat Space Environ Med 75:387-390, 2004.
  3. 小川洋二郎,他:セボフルランは低濃度から循環調節機能を抑制する,日大医学雑誌 64:263-269, 2005.
  4. Shibata, S., et.al.. Cardiovascular neuroregulation during acute exposure to 40, 70, and 100% oxygen at sea level. Aviat Space Environ Med 76:1105-1110, 2005.
  5. Ogawa, Y., et.al.. The effect of sevoflurane on dynamic cerebral blood flow autoregulation assessed by spectral and transfer function analysis. Anesth Analg 102:552-559, 2006.
  6. Ogawa, Y., et.al.. Different Effects on Circulatory Control during Volatile Induction and Maintenance of Anesthesia and Total Intravenous Anesthesia. J Clin Anesth 18:87-95, 2006.
  7. Nishimura, N., et.al.. Oxygen Administration, Cerebral Blood Flow Velocity, and Dynamic Cerebral Autoregulation. Aviat Space Environ Med 78:1121-1127, 2007.
  8. 斉藤崇史,他:脱水による圧受容器反射機能の低下- 伝達関数解析とシークエンス法による検討.日大医学雑誌,67:287-292, 2008.
  9. Saitoh, T., et.al.. Bell-shaped relationship between central blood volume and spontaneous baroreflex function. Auton Neurosci 143:46-52, 2008.
  10. Nishimura, N., Iwasaki, K., Ogawa, Y., Aoki K.. Decreased steady-state cerebral blood flow velocity and altered dynamic cerebral autoregulation during 5-h sustained 15% O2 hypoxia. J Appl Physiol 108:1154-61, 2010.
ページ先頭に戻る