研究分野

日本大学医学部社会医学系衛生学分野は、
宇宙医学、航空医学・低酸素・高酸素、スポーツ医学や温熱生理学、麻酔や手術に伴う人体影響に
関わる研究を行っています。

宇宙環境の微小重力や遠心力による過重力などの重力変化が
ヒトの循環調節に与える影響の研究を行っています。

主な研究手法として、経頭蓋ドプラ血流計により脳血流量の変化を、連続血圧計により動脈圧の変化を測定しています。さらに、脳血流量の変化と動脈圧の変化の関連性を解析して、脳血流自動調節や頭蓋内圧の評価も行っています。また、血圧変動と心拍変動の周波数解析から、自律神経活動や動脈圧受容器心臓反射機能を評価する方法も用いています。

  • 倉住拓弥専修研究員が、第64回日本宇宙航空環境医学会大会にて研究奨励賞受賞

    倉住拓弥専修研究員が、第64回日本宇宙航空環境医学会大会にて研究奨励賞を受賞

  • 毛利 衛宇宙飛行士、向井千秋宇宙飛行士

    毛利 衛宇宙飛行士、向井千秋宇宙飛行士
    (2008.10.24)

  • 遠心人工重力負荷装置

    日本大学医学部の遠心人工重力負荷装置

きぼう利用テーマと国際公募実験

ヒューストンにあるNASA、Johnson Space Centerに行き、宇宙飛行士からのデータ測定を長年継続しています。

国際宇宙ステーション実験に用いる解析法の改善をMITチームと実施中

共同研究先のMIT(米国マサチューセッツ州)に出張しデータ解析(頭蓋内圧推定)やその改善を行っています。

国際公募研究(フランスでの準備実験2回目)

国際公募実験に使用しているISS搭載機器に関しては、以前、欧州宇宙機関(ESA)のCNES(フランス)へ出張し使用訓練を受けました。

ドイツ航空宇宙センター(DLR)

ヨーロッパ宇宙飛行士のダイレクトリターンに合わせて、ケルン(ドイツ)にあるDLRで宇宙飛行士のデータを測定しました。

業 績

論 文

  1. Iwasaki, K., Zhang, R., Zuckerman, J. H., Pawelczyk, J. A., and Levine, B. D.. Effect of head-down-tilt bedrest and hypovolemia on dynamic regulation of heart rate and blood pressure. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 279:R2189-2199, 2000.
  2. Iwasaki, K., Sasaki, T., Hirayanagi, K., and Yajima, K.. Usefulness of daily +2Gz load as a countermeasure against physiological problems during weightlessness. Acta Astronautica 49:227-235, 2001.
  3. Kim, H., Iwasaki, K., Miyake, T., Shiozawa, T., Nozaki, S., Yajima, K.. Changes in bone turnover markers during 14-day 6° head-down bed rest. J Bone Miner Metab 21:311-315, 2003.
  4. 近見 仁,喜多 清,柴田茂貴,金 慧徳,塩澤友規,岩﨑賢一:成熟ラットを過重力環境に2週間曝露した際の体重の適応について,日本大学医学会誌 62:165-169, 2003.
  5. Kita, S., Iwasaki, K., Onishi, R., Fujisawa, M., Kim, H., Shibata, S., and Ito, M.. Bone metabolism and formation of mice bred in the 2G environment. Advances in Space Research 32:1453-7, 2003.
  6. 喜多清,柴田茂貴,金慧徳,塩澤友規,近見仁,谷島一嘉,伊藤雅夫,岩﨑賢一: 成熟ラットにおける2.5G環境での行動についての検討,日本宇宙航空環境医学 41:47-55, 2004.
  7. Shibata, S., Kita, S., Kim, H., Ito, M., Iwasaki, K.. Morphometric Changes in Vagal Nerves of Fourth Generation Mice Passage-Bred in a 2G Environment, Aviat Space Environ Med 75:387-390, 2004.
  8. Iwasaki, K., Zhang, R., Perhonen, M. A., Zuckerman, J. H., and Levine, B. D.. Reduced baroreflex control of heart period after bed rest is normalized by acute plasma volume restoration. Am J Physiol RegulIntegr Comp Physiol 287:R1256-R1262, 2004.
  9. Iwasaki, K., Shiozawa, T., Kamiya, A., Michikami, D., Hirayanagi, K., Yajima, K., Iwase, S., Mano, Hypergravity exercise against bed rest induced changes in cardiac autonomic control. Eur J Appl Physiol 94:285-291,2005.
  10. Kita, S., Shibata, S., Kim, H., Otsubo, A., Ito, M., Iwasaki, K.. dose-dependent effects of hypergravity on body mass in mature rats. Aviat Space Environ Med 77:842-845, 2006.
  11. Iwasaki, K., Levine, B. D., Zhang, R., Zuckerman, J. H., Pawelczyk, J. A., Diedrich, A., Ertl, A. C., Cox, J.F.,Cooke, W. H., Giller, C. A. Ray, C. A., Lane, L. D., Buckey, J. C., Baisch, F., Eckberg, D. L., Robertson, D., Biaggioni, I., Blomqvist, C. G.. Human cerebral autoregulation before, during, and after spaceflight. J Physiol 579:799-810, 2007.
  12. Saitoh, T., Ogawa, Y., Aoki, K., Shibata, S., Otsubo, K., Kato, J., Iwasaki, K.. Bell-shaped relationship between central blood volume and spontaneous baroreflex function. Auton Neurosci 143:46-52, 2008.
  13. 斉藤崇史,小川洋二郎,西村直子,大坪聖,加藤智一,賀川哲夫,岩﨑賢一:脱水による圧受容器反射機能の低下 - 伝達関数解析とシークエンス法による検討.日大医学雑誌 67:287-292, 2008.
  14. Ishizawa,M., Iwasaki,K., Kato,S., Makishima,M. Hypergravity modulates vitamin D receptor target gene mRNA expression in mice. Am J Physiol Endocrinol Metab 297:E728-E734,2009
  15. Ogawa, Y., Iwasaki, K., Aoki, K., Saitoh, T., Kato, J., Ogawa, S.. Dynamic Cerebral Autoregulation after Mild Dehydration to Simulate Microgravity Effects. Aviat Space Environ Med 80:443-447, 2009
  16. Iwasaki, K., Ogawa, Y., Aoki, K., Yanagida, R.. Cerebral circulation during mild +Gz hypergravity by short-arm human centrifuge. J Appl Physiol 112:266-271, 2012
  17. Shinojima, A, Iwasaki, K, Aoki, K, Ogawa, Y, Yanagida, R, Yuzawa, M.. Subfoveal choroidal thickness and foveal retinal thickness during head-down-tilt. Aviat Space Environ Med 83:388-393, 2012
  18. Watanabe-Asaka, T., Nihori, M., Terada, M., Oda, S., Iwasaki, K., Sudoh, M., Yamada, S., Ohshima, H., Mukai, C.. Technology with high-speed movies to analyze the movement of internal organs in medaka. Aerospace Tech 10:Pp_1-Pp_4, 2012.
  19. Ogawa, Y., Aoki, K., Kato, J., Iwasaki, K.. Differential effects of mild central hypovolemia with furosemide administration versus lower body suction on dynamic cerebral autoregulation. J Appl Physiol 114:211-216, 2013.
  20. Yanagida, R., Ogawa, Y., Ueda, K., Aoki, K., Iwasaki, K.. Sustained mild hypergravity reduces spontaneous cardiac baroreflex sensitivity. Auton Neurosci 185:123-128,2014.
  21. Ueda, K., Ogawa, Y., Yanagida, R., Aoki, K., Iwasaki, K.. Dose-effect relationship between mild levels of hypergravity and autonomic circulatory regulation. Aerospace Medicine and Human performance 86:535-540,2015.
  22. Ogawa, Y., Yanagida, R., Ueda, K., Aoki, K., Iwasaki, K.. The relationship between widespread changes in gravity and cerebral blood flow. Environmental Health and Preventive Medicine 21: 186-192, 2016.
  23. Kurazumi T, Ogawa Y, Yanagida R, Morisaki H, Iwasaki K. Dynamic Cerebral Autoregulation During the Combination of Mild Hypercapnia and Cephalad Fluid Shift. Aerospace Medicine and Human performance 88(9):819-826, 2017.
  24. Kurazumi T, Ogawa Y, Yanagida R, Morisaki H, Iwasaki K. Non-Invasive Intracranial Pressure Estimation During Combined Exposure to CO₂ and Head-Down Tilt. Aerospace Medicine and Human performance 89(4):365-370, 2018.
  25. Kurazumi T, Ogawa Y, Morisaki H, Iwasaki K. The effect of mild decrement in plasma volume simulating short-duration spaceflight on intracranial pressure. NPJ Microgravity 4:19, 2018.
  26. Konishi T, Kurazumi T, Kato T, Takko C, Ogawa Y, Iwasaki K. Time-Dependent Changes in Cerebral Blood Flow and Arterial Pressure During Mild +Gz Hypergravity. Aerospace Medicine and Human performance 89(9):787-791, 2018.
  27. Kato T, Yanagida R, Takko C, Kurazumi T, Inoue N, Suzuki G, Ogawa Y, Furukawa S, Iwasaki K. Dynamic cerebral autoregulation after confinement in an isolated environment for 14 days. Environmental Health and Preventive Medicine 23(1):61, 2018.

特別講演

  • 岩﨑賢一:人工重力と循環器系―安静時心拍数上昇、心臓副交感神経活動低下、動脈圧受容器心臓反射機能低下に対する人工重力の予防効果―(シンポジウム:宇宙デコンディショニングに対する対抗措置)第49回日本宇宙航空環境医学会総会、青森市、2003.11
  • 岩﨑賢一:人工重力装置の応用(ゴンドラ型)(シンポジウム:人工重力の現状とその未来)第51回日本宇宙航空環境医学会総会, 横浜市、2005.11
  • 岩﨑賢一:微小重力のヒト脳血流調節機能への影響(シンポジウム:Neurolab before and after)第51回日本宇宙航空環境医学会総会, 横浜市、2005.11
  • 岩﨑賢一:宇宙医学(教授就任講演)、平成20年日本大学医学会秋季学術大会, 東京都、2008.10
  • 岩﨑賢一:環境医学としての微小重力適応の研究(シンポジウム:宇宙医学における衛生学の貢献)、第79回日本衛生学会学術総会、東京都、2009.3
  • 岩﨑賢一:循環調節障害に挑む(先端シンポジウム1:宇宙からみたリハビリテーション医学)、第46回日本リハビリテーション医学会学術集会、静岡市、2009.6
  • 小川洋二郎:脳循環調節と宇宙医学(連携研究会:宇宙医学連携研究会)、第80回日本衛生学会学術総会,仙台市,、2010. 5
  • 青木 健:物理的(温熱)環境に対する生体反応からみた宇宙医学-衛生学における実験的研究の観点から-(連携研究会:宇宙医学連携研究会)、第80回日本衛生学会学術総会,仙台市,、2010. 5
  • 岩﨑賢一、青木健、小川洋二郎、柳田亮、大屋直子、曷川元、Benjamin D. Levine:長期宇宙滞在がヒトの脳循環調節機能に及ぼす影響(特別シンポジウム:ISS利用ライフサイエンス及び宇宙医学分野の国際公募研究)、第56回日本宇宙航空環境医学会大会、所沢市、2010.11
  • 岩﨑賢一:宇宙医学は病態生理学に何を示すのか(教育講演), 第21回日本病態生理学会, 東京, 2011.8.
  • 小川洋二郎:可変重力と循環調節(シンポジウム:宇宙医学連携研究会・宇宙医学生物学研究における若手研究者の成果と展望)、第82回日本衛生学会学術総会、京都市、2012.3
  • 岩﨑賢一:宇宙と地上における循環調節障害, 第10回周術期体液・代謝・侵襲研究会, 東京, 2012.8.4
  • 岩﨑賢一:宇宙での循環管理, 第23回日本集中治療医学会九州地方会, 宮崎, 2013.7.6
  • 岩﨑賢一:宇宙における循環調節障害の研究と臨床応用の可能性, 第31回日本麻酔・集中治療テクノロジー学会、東京、 2013.11.30
  • 岩﨑賢一:運動不足による体力低下と加齢について、 第18回板橋区医師会医学会区民公開講座、東京、2013.12.8
  • 小川洋二郎:宇宙医学 ~心と体の変化を探る~ 第130回日本心身医学会関東地方会2019.2.10
ページ先頭に戻る