日本大学医学部

精神医学分野

私たちは、こころの病を持った方々のため精神医療に最善をつくし、より良い医療を求めて研究を行い、こうした実践の中で学生や研修医の教育を行っています。研究活動では、精神疾患の症候、認知機能、睡眠・生体リズム、遺伝学的基盤などに焦点をあて、将来の精神疾患の病態解明と治療法開発を目指しています。特に、気分障害の時間生物学的治療法開発、統合失調症の家族に関する分子遺伝学研究、視覚認知過程の障害と精神疾患の関連に関する研究はユニークな成果を上げ注目されています。現在進行している研究プロジェクトは以下の通りです。

  • 睡眠習慣・睡眠障害と気分障害の関連に関する研究
  • 睡眠異常に着目したうつ病のバイオマーカー開発
  • 統合失調症および関連疾患の分子遺伝学的研究
  • 難治性うつ病に対する覚醒療法の開発
  • 精神疾患における視覚認知過程障害の研究
  • 精神疾患とストレスの関連についての研究