日本大学医学部

整形外科学分野

脊椎、四肢骨関節の運動器疾患に関する臨床と研究を行っている。脊椎、四肢骨関節の年間手術例は1200例以上で、同時に基礎研究から臨床研究まで幅広く遂行している。

  • 新しい脊椎インストゥルメンテーションの開発
  • 転移性脊椎腫瘍に対する予後予測
  • 脊椎腫瘍の硬膜外脊髄圧迫による麻痺危険信号
  • 骨粗鬆症による脆弱性骨折の予防
  • 脱分化脂肪細胞による椎間板再生
  • 新しい人工関節の開発
  • 滑膜内マスト細胞と炎症
  • 脱分化脂肪細胞による骨再生と難治性骨折に対する応用
  • 悪性骨軟部腫瘍の遺伝子とオーダーメード治療
  • 小児悪性骨腫瘍に対する最適治療
  • スポーツ膝靱帯損傷
  • 絞扼性神経根障害の病態解明