日本大学医学部

呼吸器外科学分野

当分野では胸部の様々な疾患(原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁・胸膜腫瘍、気胸、炎症性肺疾患等)の診療を広く行っています。特に、原発性肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍などの胸部悪性腫瘍に対する治療に力を入れております。手術の低侵襲化を図る一方、病気の進行度に応じた集学的治療の一環としての手術治療にも積極的に取り組んでいます。

  • 早期肺腺癌に対する縮小手術の妥当性についての検討
  • 病理病期I期非小細胞肺癌に対する術後補助化学療法の無作為比較試験
  • 縦隔腫瘍に対するFDG-PET検査の有用性についての検討
  • 肺悪性腫瘍対する縮小手術における外科切離断端距離と再発率の相関性における検討
  • 自然気胸に対する再発予防の検討
  • 悪性胸膜中皮腫に対するデータベース構築