日本大学医学部

眼科学分野

角膜上皮幹細胞疲弊症や角膜潰瘍といった難治性角膜疾患、糖尿病網膜症をはじめとする網膜循環障害や加齢黄斑変性、網膜血管閉塞疾患などの網膜硝子体疾患などを対象とした研究グループを構築しています。分子生物学的手法やゲノム解析を取り入れた基礎研究から、ウエットラボ構築に関する教育的研究、専門外来と連携した臨床研究まで幅広く研究する体制を整えています。最終的には各専門分野における発症分子機構の解明や新規治療法の開発も目指しています。

  • 角膜上皮幹細胞疲弊症に対する培養上皮シートの作製と臨床応用
  • 角膜移植モデル動物の構築と拒絶反応発症のメカニズム
  • 角膜疾患とインフラマソームの関連
  • ブタ摘出網膜血管を用いた網膜疾患に対する新規治療へのアプローチ
  • 眼科手術・硝子体内注射時における0.025%ポピドンヨード灌流液の安全性・有効性の検討
  • 黄斑疾患に対する抗VEGF薬硝子体内注射の臨床研究
  • 加齢黄斑変性の疾患感受性遺伝子解析
  • 豚眼を用いた各種ウエットラボ教育システムの構築