日本大学医学部 内科学講座
トップページ 内科学系沿革 後期研修医募集(3年目医師) 後期研修医募集(3年目以外の医師)
contents
呼吸器内科学分野
循環器内科学分野
消化器肝臓内科学分野
神経内科学分野
血液膠原病内科学分野
腎臓高血圧内分泌内科学分野
糖尿病代謝内科学分野
総合内科学分野
後期研修医募集(3年目医師)

平成31年度日本大学医学部内科学系後期研修医募集要項

(医師免許取得後3年目の医師を対象とする)

専攻医登録が延期になったため、募集期間も延長しております。
詳しくは内科学系代表幹事 野崎までご連絡ください。

1.目的

内科領域を中心として良き臨床医を目指した研鑽を積み、さらに専門領域の知識・技能の修得することを目的とする。

2.年限

日本大学医学部専修医の内規に従い、1年ごとに更新する。

3.内科学講座の構成

呼吸器内科学分野、循環器内科学分野、消化器肝臓内科学分野、神経内科学分野、血液膠原病内科学分野、腎臓高血圧内分泌内科学分野、糖尿病代謝内科学分野、総合内科学分

4.研修内容

内科専門研修プログラムに沿って、総合内科、消化器肝臓内科、循環器内科、糖尿病代謝内科、腎臓高血圧内分泌 内科・腎臓グループ、腎臓高血圧内分泌内科・内分泌グループ、血液膠原病内科・血液グループ、血液膠 原病内科・膠原病グループ、呼吸器内科、神経内科の 10 個のブロックをローテーションすることで内科専門医取得を目指します。
「救急」の症例は総合内科の研修中に多く経験できます。「アレルギー」の症例は呼吸器内科、膠原病内科、総合内科の研修中に経験することができます。「感染症」の症例は、総合内科および各科で経験することができます。
JMECCを院内で2回開催しており、受講することができます。

@ 内科基本コース
内科専門医はもちろんのこと、将来、内科指導医や高度な generalist を目指す方を対象とするコースです。将来のsubspecialtyが未定な場合に選択することもできます。内科基本コースは内科の領域を偏りなく学ぶことを目的としたコースであり、専攻医研修期間の3 年間において内科領域を担当する全ての科をローテーションします。原則として2~3ヶ月を1ブロックとして、2年間で10の疾患ブロックをローテーションします。3年目は地域医療の経験と症例数が充足していない領域を重点的に連携施設で研修します。研修する連携施設の選定は専攻医と面談の上、プログラム統括責任者が決定します。

研修の実際の一例です。それぞれの専攻医の研修する科の順番は調整して決定します。
(クリックすると拡大します)

A Subspecialty科重点コース
希望するsubspecialty領域を重点的に研修するコースで、3年間の研修期間のうち、1年間をsubspecialty科の研修に当てることができます。研修開始最初の4ヶ月程度を希望するsubspecialty科で初期トレーニングを行うことで、専攻医は将来希望する内科において理想の医師像とする指導医や上級医師から内科医としての基本姿勢のみならず、目指す領域での知識・技術を学習することにより、内科専門医取得へのmotivationを強化することができます。その後、2~3ヶ月ずつを基本として他科をローテーションします。研修3年目には連携施設における当該subspecialty科において内科研修を継続しつつsubspecialty領域を重点的に研修するとともに充足していない症例を経験します。研修する連携施設の選定は専攻医と面談の上、希望するsubspecialty領域の責任者とプログラム統括責任者が協議して決定します。このコースでは、最初の4ヶ月間をsubspecialtyの重点期間に当てていますので、連携施設でのsubspecialty重点期間は残る8ヶ月となります。

研修の実際の一例です。1年目の最初の4ヶ月に入局先で研修します。その他の科(ブロック)の研修ローテーションの順番は、調整して決定します。
(クリックすると拡大します)

B ハイブリッドコース
内科専門研修1年目でsubspecialtyを固めたいと考える専攻医に適したコースです。1年目は内科一般コースとして研修し、2年目の最初に入局先の内科を研修し、subspecialty科重点コースに移行するコースです。1年目にローテートした内科に入局する場合には、2年目の入局先での研修期間は短くなります。

(クリックすると拡大します)

5.応募資格

平成31年3月末で初期臨床研修制度修了見込みの者。

6.募集人員

25名

7.出願手続

■受付
1) 内科学系の希望分野に入局したい医師
内科学系各分野の医局長まで。 《 後期研修医募集(3年目以外の医師)の問い合わせ先をご参照ください 》

2)内科学系に所属希望する医師
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町 30-1 TEL:03-3972-8111 (内線2403)
日本大学医学部内科学系 代表幹事 野崎 高正(血液膠原病内科学分野)


■提出書類
1.後期研修医応募願書(指定書式)→ダウンロードはこちら
2.履歴書(指定書式)→ダウンロードはこちら
3.医師免許証(写)A4版に縮小
4.出身大学の卒業証明書及び在学中の成績証明書
(本学部卒業者は不要)
5.研修修了証明書もしくは研修修了見込み証明書
(本学部臨床研修プログラム履修者は不要)
6.健康診断書(指定書式)→ダウンロードはこちら
(本学部臨床研修プログラム履修者は各病院健康診断の写しで可)
7.推薦状(A4版1枚で書式指定なし。本学部臨床研修プログラム履修者は不要)
※提出された応募書類に記載してある個人情報は選考に限り使用する。

■応募期間
上記受付に“後期研修医応募書類”と明示し、直接提出するか簡易書留で郵送する。
受付期間:平成30年8月1日 〜 平成30年8月31日 募集中(詳細は内科学系代表幹事 野崎までご連絡ください)

■備考
応募者は各部門のホームページ,後期研修ガイドブックなどを参照の上で、事前に下記連絡先の担当者に連絡して下さい。詳細は下記担当者および各部門の医局長へ連絡し適宜、相談して下さい。

8.選考方法

応募者多数の場合は面接など

9.合格発表

本人に通知する

10.採用日

平成31年4月1日

11.身分

原則として日本大学医学部内科学系または各分野の専修医(大学院生の場合を除く)

12.処遇

日本大学医学部の専修医内規に従う。日本私学共済加入など

13.勤務

週6日(土曜日は半日)勤務で、うち1日は本学部の関連病院での勤務ができる。その他必要な当直を行なう。

14.勤務施設

日本大学医学部附属板橋病院
(3年間の内科専攻のうち1年間は連携施設での研修)

15.連絡先

〒173-8610 東京都板橋区 大谷口上町 30-1 TEL : 03-3972-8111
日本大学医学部内科学系 代表幹事 野崎 高正(血液膠原病内科学分野)
内線2403

医学部HP