看護のスペシャリスト看護のスペシャリスト

専門看護師

当院では現在、がん看護専門看護師、感染症看護専門看護師、慢性疾患看護専門看護師の、3名の専門看護師が活躍しています。

慢性疾患看護専門看護師

佐藤今子


療養指導、チーム医療、痛みセンターなど資格を活かして幅広く活動

専門看護師になるには、修士課程で専門看護師コース、または必要な科目を履修する必要があります。私は仕事との両立のために、病院に勤務調整をしてもらい、毎年1~2科目ずつ履修しました。

現在、糖尿病、慢性腎不全、リウマチなどの患者さんへの療養指導、医師や管理栄養士とのチーム医療、「痛みセンター」での慢性疼痛患者さんの看護などを行っています。合併症や疾患を予防するため、個々の生活背景を考え、患者さんの生活改善につなげたいと思います。

慢性疾患看護専門看護師

佐藤今子


療養指導、チーム医療、痛みセンターなど資格を活かして幅広く活動

専門看護師になるには、修士課程で専門看護師コース、または必要な科目を履修する必要があります。私は仕事との両立のために、病院に勤務調整をしてもらい、毎年1~2科目ずつ履修しました。

現在、糖尿病、慢性腎不全、リウマチなどの患者さんへの療養指導、医師や管理栄養士とのチーム医療、「痛みセンター」での慢性疼痛患者さんの看護などを行っています。合併症や疾患を予防するため、個々の生活背景を考え、患者さんの生活改善につなげたいと思います。

認定看護師

当院には多くの認定看護師が在籍しています。活動領域は院内にとどまらず、地域にも広がっています。

救急看護認定看護師 2名
皮膚・排泄ケア認定看護師 3名
集中ケア認定看護師 2名
緩和ケア認定看護師 2名
がん化学療法看護認定看護師 2名
がん性疼痛看護認定看護師 1名
慢性心不全認定看護師 1名
透析看護認定看護師 1名
感染管理看護認定看護師 3名
新生児集中ケア認定看護師 1名
手術室認定看護師 1名

皮膚・排泄ケア認定看護師

梅田富子


患者さんの助けになりたくて、認定看護師の資格を取得

入職当初から、消化器外科病棟でストーマを有する患者さんをたくさん看て来ました。当時は今よりも装具が少なく、管理に難渋する患者さんが多かったので、どうしたらうまく管理できるようになるのか、もっと患者さんの助けになりたいと思って、資格を取得しました。

研修は勤務扱いで給与を病院にサポートしてもらえたので、勉強に集中できました。退院した患者さんが外来に来て、笑顔で「うまくいってるよ」と言ってくださることが、やりがいになっています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

梅田富子


患者さんの助けになりたくて、認定看護師の資格を取得

入職当初から、消化器外科病棟でストーマを有する患者さんをたくさん看て来ました。当時は今よりも装具が少なく、管理に難渋する患者さんが多かったので、どうしたらうまく管理できるようになるのか、もっと患者さんの助けになりたいと思って、資格を取得しました。

研修は勤務扱いで給与を病院にサポートしてもらえたので、勉強に集中できました。退院した患者さんが外来に来て、笑顔で「うまくいってるよ」と言ってくださることが、やりがいになっています。

院内認定資格

専門領域を深める研修です。認定試験による評価を行い、合格者には病院長より認定バッヂが付与されます。

トリアージ ・年4回研修受講
・ケーススタディ
・机上シミュレーション
・プレゼンテーションとコンサルテーション
・試験・課題発表
静脈注射 ・静脈注射堅守1日受講
・所定のケース10例実施
・100問筆記試験
ストーマ ・年5回研修受講
・プレゼンテーションとコンサルテーション
・試験
スキンケア ・年5回研修受講
・事例検討
・プレゼンテーションとコンサルテーション
・試験
院内急変対応 ・年4回研修受講
・SBAR・事例を用いたアセスメント
・プレゼンテーションとコンサルテーション
・試験
災害看護 ・年5回研修受講
・事例検討
・プレゼンテーションとコンサルテーション
・試験

ストーマケア院内認定看護師

安部有未


実践的な内容の研修で、自信をもって指導できるリーダーに

病棟のリーダーになり、後輩に指導する立場になったとき、根拠のある説明を行いたいと考え、院内認定の研修を受けることに。年5回の研修は、どれも実践で活用できる内容でした。スムーズに受講できるよう、勤務を調整してもらえたのもありがたかったです。

患者さんに最適なケア方法を見出せるよう、認定看護師にアドバイスを受けながらケアを行っています。今後はどのスタッフも同じレベルの看護を提供できるよう、教育にも力を入れたいです。

ストーマケア院内認定看護師

安部有未


実践的な内容の研修で、自信をもって指導できるリーダーに

病棟のリーダーになり、後輩に指導する立場になったとき、根拠のある説明を行いたいと考え、院内認定の研修を受けることに。年5回の研修は、どれも実践で活用できる内容でした。スムーズに受講できるよう、勤務を調整してもらえたのもありがたかったです。

患者さんに最適なケア方法を見出せるよう、認定看護師にアドバイスを受けながらケアを行っています。今後はどのスタッフも同じレベルの看護を提供できるよう、教育にも力を入れたいです。