先輩ナースからのメッセージ先輩ナースからのメッセージ

外科の先輩看護師

  • 3年目
  • 6年目
  • 6年目

4D病棟(脳神経外科・歯科口腔外科)
黒木 りほ


安心して看護に集中できる環境で患者さんを尊重した関わりをもつ

外科病棟なので手術が多いと思われがちですが、脳外科病棟には術後のリハビリや機能訓練が必要な患者さんも多くいらっしゃいます。一人ひとりのペースに合わせながら、食事介助や歩行訓練に取り組んでいます。週1回リハビリカンファレンスがあり、また、各病棟に薬剤師がいるので安心して看護ができます。自分の関わり方一つで、患者さんの状態や今後に大きな影響を与えるため、患者さんを尊重した関わりをもつように心がけています。


看護学生のみなさんへ

脳外科の患者さんはうまく話すことや動くことができないため、看護に難しさを感じることもあります。辛いこと・悲しいこともありますが、やりがいを感じ、感動することもたくさんあります。ぜひ一緒に頑張りましょう!

5C病棟(整形外科)
正保 一幸


豊富な研修や勉強会、珍しい症例で多くのことを学べる環境

整形外科病棟で働いています。急性期から回復・リハビリ期まで看ることができ、また、自宅退院を目的とする患者さんが多いため、医師や地域連携室とカンファレンスを行いながら、個別性をふまえた看護を実践しています。病院全体の研修や勉強会だけでなく、病棟でも医師や看護師が疾患別の勉強会を開催してくれます。関節疾患や脊椎・スポーツ疾患が多く、大学病院ならではの珍しい疾患や合併症を看ることも多いため、多くのことを学べます。


看護学生のみなさんへ

当院は研修が充実しているので、看護技術・知識の修得に最適です。初めのうちは新しい環境で苦労することもあるかもしれませんが、プリセプターだけでなく病棟全体で丁寧に指導します。共に成長を目指しましょう。

4A病棟(消化器外科)
五十嵐 悠


あなたに看てもらえてよかった、その一言が日々の励みになる

周手術期や抗がん剤治療を受ける患者さん、カテーテル治療を受ける患者さんの看護を行っています。4A病棟では週1回、看護師同士のカンファレンスを行い、患者さんの情報共有や業務改善について意見を交換します。より良い看護の場を作ろうと、みんなで話し合う有意義な時間となっています。働く上で一番嬉しいのは、「あなたに看てもらえてよかった」という患者さんの一言。常に患者さんのそばに寄り添う看護師を目指して、日々勉強中です。


看護学生のみなさんへ

毎日の勉強や実習、お疲れ様です。私も学生時代、実習の振り返りを何度も行い、大量にレポートを書きました。すべてが自分の糧となり、患者さんに活かされています。いずれ自分のためになると信じて頑張ってください!

  • 3年目
  • 6年目
  • 6年目

4D病棟(脳神経外科・歯科口腔外科)
黒木 りほ


安心して看護に集中できる環境で患者さんを尊重した関わりをもつ

外科病棟なので手術が多いと思われがちですが、脳外科病棟には術後のリハビリや機能訓練が必要な患者さんも多くいらっしゃいます。一人ひとりのペースに合わせながら、食事介助や歩行訓練に取り組んでいます。週1回リハビリカンファレンスがあり、また、各病棟に薬剤師がいるので安心して看護ができます。自分の関わり方一つで、患者さんの状態や今後に大きな影響を与えるため、患者さんを尊重した関わりをもつように心がけています。


看護学生のみなさんへ

脳外科の患者さんはうまく話すことや動くことができないため、看護に難しさを感じることもあります。辛いこと・悲しいこともありますが、やりがいを感じ、感動することもたくさんあります。ぜひ一緒に頑張りましょう!

5C病棟(整形外科)
正保 一幸


豊富な研修や勉強会、珍しい症例で多くのことを学べる環境

整形外科病棟で働いています。急性期から回復・リハビリ期まで看ることができ、また、自宅退院を目的とする患者さんが多いため、医師や地域連携室とカンファレンスを行いながら、個別性をふまえた看護を実践しています。病院全体の研修や勉強会だけでなく、病棟でも医師や看護師が疾患別の勉強会を開催してくれます。関節疾患や脊椎・スポーツ疾患が多く、大学病院ならではの珍しい疾患や合併症を看ることも多いため、多くのことを学べます。


看護学生のみなさんへ

当院は研修が充実しているので、看護技術・知識の修得に最適です。初めのうちは新しい環境で苦労することもあるかもしれませんが、プリセプターだけでなく病棟全体で丁寧に指導します。共に成長を目指しましょう。

4A病棟(消化器外科)
五十嵐 悠


あなたに看てもらえてよかった、その一言が日々の励みになる

周手術期や抗がん剤治療を受ける患者さん、カテーテル治療を受ける患者さんの看護を行っています。4A病棟では週1回、看護師同士のカンファレンスを行い、患者さんの情報共有や業務改善について意見を交換します。より良い看護の場を作ろうと、みんなで話し合う有意義な時間となっています。働く上で一番嬉しいのは、「あなたに看てもらえてよかった」という患者さんの一言。常に患者さんのそばに寄り添う看護師を目指して、日々勉強中です。


看護学生のみなさんへ

毎日の勉強や実習、お疲れ様です。私も学生時代、実習の振り返りを何度も行い、大量にレポートを書きました。すべてが自分の糧となり、患者さんに活かされています。いずれ自分のためになると信じて頑張ってください!

内科の先輩看護師

  • 2年目
  • 2年目
  • 4年目

6B病棟(循環器内科・糖尿病代謝内科・他)
中田 絵美


丁寧な指導をしてくれる先輩方が、自分自身の目標

前職は栄養士で、同じ職場で働く看護師に憧れていました。結婚後、看護師をしている義妹の影響もあり、家族の応援のもと看護師になりました。6B病棟は比較的新しい病棟で、いろんな病棟や外来で働いていた看護師が集まっています。そのためか、先輩・後輩に関係なくコミュニケーションがとれ、協力し合う雰囲気があります。不安なときすぐに先輩に確認できるので心強いです。私も先輩方のように、後輩に細かく丁寧に指導ができる看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

私は30歳になってから看護師を目指しました。遅いスタートでしたが、今では看護師になって本当によかったと思っています。実習や国試で大変な毎日だと思いますが、頑張ってください。みなさんをお待ちしています。

6C病棟(血液膠原病内科・呼吸器内科)
柘植 葵


充実した研修体制が魅力。知識・経験を積んで成長したい

当院の長所は教育体制が整っているところです。少人数制研修では細かい部分まで詳しく指導していただき、大人数の研修では他病棟の様々な意見を聞けて勉強になります。今はとにかくたくさん勉強して、知識が豊富な看護師になることが目標です。患者さんに何もしてあげられなかったと後悔し、悲しい思いをすることもありますが、同じことをくり返さないように成長し、患者さんの話をゆっくり聞ける余裕のある看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

患者さんが元気になって退院していく姿を見ると元気をもらえるし、休み明けに患者さんから、「会いたかった」と言われると幸せな気持ちになります。みなさんにもこの喜びを味わっていただきたいです。病棟でお待ちしています!

6A病棟(循環器内科・心臓外科)
小熊 亜希


より質の高い看護と生活指導を提供するため資格取得を目指す

6Aは先輩・後輩の垣根がなくコミュニケーションがとれる、明るい雰囲気の病棟です。心疾患患者全般の看護を行っているため、慢性期・急性期と幅広い知識が必要で、やりがいが大きいです。当院は植込み型補助人工心臓実施施設であり、重症心不全患者の治療に力を入れています。私は補助人工心臓ですが、まだ経験が浅く、先輩の指導を受けながら勉強中です。もっと質の高い看護・生活指導ができるよう、人工心臓管理技術認定士の資格取得を目指しています。


看護学生のみなさんへ

学生時代は寝られない日が多々あり、投げ出したくなることもありましたが、看護師として働いている現在、学生時代に学んだことが確実に役立っています。自分が目指す看護師像に近づけるよう、一緒に頑張りましょう!

  • 2年目
  • 2年目
  • 4年目

6B病棟(循環器内科・糖尿病代謝内科・他)
中田 絵美


丁寧な指導をしてくれる先輩方が、自分自身の目標

前職は栄養士で、同じ職場で働く看護師に憧れていました。結婚後、看護師をしている義妹の影響もあり、家族の応援のもと看護師になりました。6B病棟は比較的新しい病棟で、いろんな病棟や外来で働いていた看護師が集まっています。そのためか、先輩・後輩に関係なくコミュニケーションがとれ、協力し合う雰囲気があります。不安なときすぐに先輩に確認できるので心強いです。私も先輩方のように、後輩に細かく丁寧に指導ができる看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

私は30歳になってから看護師を目指しました。遅いスタートでしたが、今では看護師になって本当によかったと思っています。実習や国試で大変な毎日だと思いますが、頑張ってください。みなさんをお待ちしています。

6C病棟(血液膠原病内科・呼吸器内科)
柘植 葵


充実した研修体制が魅力。知識・経験を積んで成長したい

当院の長所は教育体制が整っているところです。少人数制研修では細かい部分まで詳しく指導していただき、大人数の研修では他病棟の様々な意見を聞けて勉強になります。今はとにかくたくさん勉強して、知識が豊富な看護師になることが目標です。患者さんに何もしてあげられなかったと後悔し、悲しい思いをすることもありますが、同じことをくり返さないように成長し、患者さんの話をゆっくり聞ける余裕のある看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

患者さんが元気になって退院していく姿を見ると元気をもらえるし、休み明けに患者さんから、「会いたかった」と言われると幸せな気持ちになります。みなさんにもこの喜びを味わっていただきたいです。病棟でお待ちしています!

6A病棟(循環器内科・心臓外科)
小熊 亜希


より質の高い看護と生活指導を提供するため資格取得を目指す

6Aは先輩・後輩の垣根がなくコミュニケーションがとれる、明るい雰囲気の病棟です。心疾患患者全般の看護を行っているため、慢性期・急性期と幅広い知識が必要で、やりがいが大きいです。当院は植込み型補助人工心臓実施施設であり、重症心不全患者の治療に力を入れています。私は補助人工心臓ですが、まだ経験が浅く、先輩の指導を受けながら勉強中です。もっと質の高い看護・生活指導ができるよう、人工心臓管理技術認定士の資格取得を目指しています。


看護学生のみなさんへ

学生時代は寝られない日が多々あり、投げ出したくなることもありましたが、看護師として働いている現在、学生時代に学んだことが確実に役立っています。自分が目指す看護師像に近づけるよう、一緒に頑張りましょう!

救命救急・周産期の先輩看護師

  • 救命救急
  • NICU・GCU
  • MFICU

3N病棟(救命救急センター)
三宅 純


忙しい中でも、患者さんやご家族としっかり向き合う看護を

3N病棟は男性看護師が多く、同期もたくさんいるので、相談しやすい環境です。入職当初は自分で考えて行動し、仕事の優先順位をつけることが難しかったですが、先輩方が厳しくも優しく、わかりやすく指導してくれました。自分自身も、後輩から頼られる看護師になりたいと思っています。超急性期の病棟ですが、忙しい中でも患者さんやご家族としっかり関わることが大事です。知識・技術の習得だけでなく、精神的にも成長した看護師を目指しています。


看護学生のみなさんへ

自分のアセスメントによって患者さんの状態がよくなると、大きな喜びを感じます。勉強や実習で大変だと思いますが、みなさんが学んでいることは、看護師になったときに必ず活かされます。夢に向かって頑張ってください。

3EU病棟(NICU・GCU)
棚原 舞


赤ちゃんの治療・観察だけでなく両親のケアも大切な仕事

NICUは重症な新生児ばかりですが、スタッフは明るく元気で、笑顔の多い病棟です。かわいい赤ちゃんたちに毎日癒されています。赤ちゃんの治療・観察だけでなく、両親の育児支援や心のケアも大切な仕事です。重症度が高く、生まれてから一度も抱っこできなかった赤ちゃんが、初めて両親に抱っこしてもらえた日は、とても嬉しく今でも印象に残っています。これからも初心を忘れず、赤ちゃんの家族やスタッフから信頼される看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

NICUは特殊な病棟ですが、やりがいの大きい場所です。赤ちゃん一人ひとりに看護師がつき、入院から退院までを担当します。大変なこともありますが、それ以上に喜びや癒しがたくさんあります。ぜひここで一緒に働きましょう!

3BM病棟(MFICU)
大友裕子


主体的に動ける助産師になり、知識・技術を兼ね備えた指導者になりたい

病棟のスタッフは穏やかで優しく、フォロー体制と振り返りの時間が充実しており、安心して業務に取り組めます。私は助産師として、妊産褥婦・新生児の看護と、保健指導、助産業務を行っています。第1子出産のときの私のケアを覚えていてくれたお母さんが、第2子出産のときにも私に声をかけてくれたのは、とても嬉しかったです。ローリスク・ハイリスクを問わず主体的に動ける助産師になり、知識・技術を兼ね備えた指導者になることが目標です。


看護学生のみなさんへ

当院は、助産師を目指す方にとって、知識と実践力を身に付けられる最適な環境だと思います。思うようにならないことやつらいこともありますが、それ以上の喜びと達成感がある仕事です。産科病棟で一緒に働きましょう。

  • 救命救急
  • NICU
    GCU
  • MFICU

3N病棟(救命救急センター)
三宅 純


忙しい中でも、患者さんやご家族としっかり向き合う看護を

3N病棟は男性看護師が多く、同期もたくさんいるので、相談しやすい環境です。入職当初は自分で考えて行動し、仕事の優先順位をつけることが難しかったですが、先輩方が厳しくも優しく、わかりやすく指導してくれました。自分自身も、後輩から頼られる看護師になりたいと思っています。超急性期の病棟ですが、忙しい中でも患者さんやご家族としっかり関わることが大事です。知識・技術の習得だけでなく、精神的にも成長した看護師を目指しています。


看護学生のみなさんへ

自分のアセスメントによって患者さんの状態がよくなると、大きな喜びを感じます。勉強や実習で大変だと思いますが、みなさんが学んでいることは、看護師になったときに必ず活かされます。夢に向かって頑張ってください。

3EU病棟(NICU・GCU)
棚原 舞


赤ちゃんの治療・観察だけでなく両親のケアも大切な仕事

NICUは重症な新生児ばかりですが、スタッフは明るく元気で、笑顔の多い病棟です。かわいい赤ちゃんたちに毎日癒されています。赤ちゃんの治療・観察だけでなく、両親の育児支援や心のケアも大切な仕事です。重症度が高く、生まれてから一度も抱っこできなかった赤ちゃんが、初めて両親に抱っこしてもらえた日は、とても嬉しく今でも印象に残っています。これからも初心を忘れず、赤ちゃんの家族やスタッフから信頼される看護師になりたいです。


看護学生のみなさんへ

NICUは特殊な病棟ですが、やりがいの大きい場所です。赤ちゃん一人ひとりに看護師がつき、入院から退院までを担当します。大変なこともありますが、それ以上に喜びや癒しがたくさんあります。ぜひここで一緒に働きましょう!

3BM病棟(MFICU)
大友裕子


主体的に動ける助産師になり、知識・技術を兼ね備えた指導者になりたい

病棟のスタッフは穏やかで優しく、フォロー体制と振り返りの時間が充実しており、安心して業務に取り組めます。私は助産師として、妊産褥婦・新生児の看護と、保健指導、助産業務を行っています。第1子出産のときの私のケアを覚えていてくれたお母さんが、第2子出産のときにも私に声をかけてくれたのは、とても嬉しかったです。ローリスク・ハイリスクを問わず主体的に動ける助産師になり、知識・技術を兼ね備えた指導者になることが目標です。


看護学生のみなさんへ

当院は、助産師を目指す方にとって、知識と実践力を身に付けられる最適な環境だと思います。思うようにならないことやつらいこともありますが、それ以上の喜びと達成感がある仕事です。産科病棟で一緒に働きましょう。