先輩ナースからのメッセージ先輩ナースからのメッセージ

プリセプターと支援リーダーが
新人の成長を支えます

各病棟ではプリセプターシップを取り入れ、一人ひとりのペースに合わせて自立できるまでサポートします。
プリセプターは新人の精神面をサポートし、
技術面は病棟全体でフォロー。支援リーダーは新人とプリセプターの相談役として見守ります。
スタッフ全員が新人指導にかかわる体制のもと、先輩と一緒に成長できます。

  • 支援リーダー

    プリセプターとプリセプティを
    グループ全体でフォローし見守る

    中央手術室
    里中 康祐

    手術室では、グループ全体でプリセプティの教育を行い、定期的なサポートと評価を行っています。後輩を指導する際には、一人ひとりの看護レベルや性格に合わせて、不足している知識や技術を明確にし、次につなげるよう心がけています。

    プリセプターは、プリセプティの良き相談相手です。プリセプティに対しては、自分のペースで一歩ずつ成長してほしいと思っています。支援リーダーとして、2人の成長をフォローしながら見守って行きたいです。

  • 新人看護師(プリセプティ)

    少人数制の研修と、グループ全体の指導で
    安心して成長することができる

    中央手術室
    塩野 由里香

    当院の新人教育は、少人数制での研修が特徴です。病棟ではグループ全体で見守り、指導してくれるので、安心して知識・技術を習得することができます。ときには厳しく指導されることもありますが、その理由をきちんと説明してくれるので納得でき、次は同じミスをしないようにしようと、前向きに考えられます。

    先輩方のように、手術中に先を予測して動ける看護師、言われて動くのではなく、自分で考えて行動し、発言できる看護師になりたいです。

  • プリセプター

    自分が新人だったときを思い出して
    新人の意見を聞き、丁寧に説明する

    中央手術室
    山本 京子

    プリセプターとプリセプティが常に一対一ではなく、グループ全体で見守るのが特徴です。いろんな先輩に質問しやすい環境ではありますが、自分が新人だったときは、何がわからないのかもわからない状態でした。その頃を思い出して、新人の意見をまず聞いてから、丁寧に説明するようにしています。

    一緒に手術につく機会が少なくなってからも、プリセプティを見かけたときには「最近どう?」と声をかけ、日々の悩みを聞いて振り返りをしています。

先輩看護師からのメッセージ

外科の先輩看護師


内科の先輩看護師


救命救急・周産期の先輩看護師