診療科のご案内

脳神経外科

診療内容

主任教授 吉野篤緒 医師の写真
主任教授 吉野篤緒

日本大学脳神経外科では、脳外科領域全般に関する疾患に全力を尽くし治療にあたっています。外来診療は、平日午後や土曜日午前も行っていますので(【初診の患者さんへ】)、脳外科領域の疾患で紹介状をお持ちの患者さんは、外来診療に表示の専門分野に関わらず当大学脳外科外来を受診していただければ適切なご案内をいたしますので、安心してお気軽にご相談ください。

大学病院の脳神経外科として、血管内治療や深部頭蓋底など境界領域の困難な症例に対しても、最良の結果が得られる体制で診療にあたっており、最新の設備で、各科と連携しながら専門医チームが最善の医療を患者さんに提供します。また、急性期脳梗塞やくも膜下出血・脳出血などの急性期治療は、高度な医療設備と専門スタッフを備えた救命救急センターにて24時間365日手術などの治療に対応しています。
首都圏の医療施設の関係者さんにおかれましても、頭頚部疾患の患者さんでお困りのことがあればお気軽に日本大学脳神経外科にご相談ください。受診される患者さんのみならず、世界の方々に脳外科学で貢献していきます。

脳神経外科で診療している疾患

脳や脊髄の疾患(腫瘍、血管障害、先天性疾患、外傷、機能的疾患など)に対する外科治療を中心に大学脳神経外科として診療を行っています。当病院での診察、治療をご希望されるかたは(日大板橋大学ホームページ別ウィンドウ)をご確認の上、安心してご来院ください。
高度な技術を必要とする頭蓋底疾患、集学的治療が必要な悪性脳腫瘍、内視鏡手術や血管内治療を必要とする腫瘍・血管障害、下垂体腫瘍などの内視鏡手術、小児疾患、機能的疾患など、大学脳神経外科の役割でもある最先端の医療を提供すべくを日々研鑽し、医療安全を重視した脳神経外科治療を提供しています。より詳しい内容は、教室ホームページ別ウィンドウをご確認ください。

特徴・特色

脳神経外科治療は、大きく血管内治療・直達(開頭)術・内視鏡手術に分かれます。治療法の選択は、疾患の部位によっては直達(開頭)手術と血管内治療のどちらがよいのかなど専門医による高度な判断が必要になる場合も多くあります。当講座では分野に特化することなく、各分野の指導医や専門医が協働したチーム医療を行っているため、患者さんにとっての最善の治療を提供でき、様々な治療の選択が可能であることが大きな特色と言えます。

特に深部の頭蓋底病変は限られた施設でのみ治療が可能な疾患でもありますが、大学脳外科の役割を果たすべく、脳および神経への損傷を最小限にする安全な頭蓋底手術を提供しています。血管内治療では、脳動脈瘤に対しての第一標準的治療である血管内治療「脳動脈瘤内コイル塞栓術」や硬膜動静脈瘻、頚動脈狭窄などカテーテルで手術することが出来る疾患、神経内視鏡施行を用いた内視鏡頭蓋底手術、脳腫瘍に対しての併用療法(化学療法、放射線療法、ワクチン療法など)、脳血管障害などの、あらゆる難易度の疾患に対しても安全で質の高い治療を実践しています。

また、不随意運動(パーキンソン病など)や難治性疼痛(幻肢痛・視床痛など)に対し脳機能を修飾して機能改善を図る脳深部刺激療法(DBS)をはじめとした機能的神経外科にいたっては、日本定位・機能神経外科学会の事務局を務めるなど、本邦の草分け的専門分野です。それら機能的神経外科の研鑽と研究活動の蓄積のもとに、日本大学脳神経外科の伝統的分野と言えるのが神経モニタリング技術の高さです。実際の手術手技に加え、医療安全に欠かせない学術的分野の研鑽で、手術中に脳や脊髄の働きを保護する医療安全には重要な種々の高度な神経モニタリング(神経機能の連続監視)を活用しながら手術を進めていきます。

診療体制

血管内治療、難易度の高い手術に加え、救命を目的とした緊急手術にも24時間365日対応しています。脳深部刺激療法をはじめとした機能的神経外科、医療安全に基づいた最新の手術手技の開発など世界をリードする脳外科医療への貢献のため、大学が果たすべき教育の充実・研究にも積極的に取り組んでいます。

ページトップ