各部門の紹介

中央放射線部

中央放射線部のページへ

ごあいさつ

画像診断部門

写真
中央放射線部技術長
佐々木 義久

中央放射線部は、約70名の診療放射線技師と5名の事務員が従事しており、看護部中央放射線担当看護師、放射線診断科・放射線治療科ならびに各診療科医師と共に、放射線診療業務を行っております。

診療放射線技師は、診断Ⅰ(X線撮影-TV、CT)、診断Ⅱ(血管造影-救命、MRI)、核医学検査、放射線治療の4部門6グループに編制して、それぞれの分野の専門資格や認定を取得した診療放射線技師・物理士を配属し、安心、安全、良質で高度な医療の実践を目指し、日々努力しています。

診断Ⅰの2グループは、病院棟地下1階にて、一般X線撮影とX線透視検査ならびにX線CT検査を担当しています。診断Ⅱの血管造影・救命グループは、中央放射線棟地下1階血管造影検査室ならびに病院棟2階DA室・手術室と救命救急センター内のDA室・CT室に従事しています。中央放射線棟地下2階では、MRI装置(1.5T,3.0T)が4台稼働しており、MRIを専門とする技師が、様々な部位の検査を行っています。同地下3階は、放射線治療フロアで、治療計画用CT装置、小線源治療装置、2台のライナック装置を駆使して、IGRT(画像誘導放射線治療)、IMRT(強度変調放射線治療)ほか高精度な放射線治療を実施しております。核医学検査においては、別棟のRI検査室にて放射性医薬品を用いた検査・治療を行っています。詳細は、各検査室のご案内、ご紹介をご覧ください。

核医学放射線治療部門

写真
中央放射線部技術長
小澤 一夫

特定機能病院の地域がん診療連携拠点病院として,病院理念でもある「人間愛に基づいて良質で高度な医療を実践します」を基に最新の装置,高度な技術を駆使し,より質の高い医療技術,医療被ばくの適正化など患者さんにやさしい医療を目指し,医師,診療放射線技師,看護師等スタッフ一同がコミュニケーションをとり,チーム医療を実践し,患者さんが安心して安全に検査や治療を受けていただくよう心がけて業務を行っています。

また,職場内にて技師の教育体制を整備し,積極的な人材育成に取り組み,各部門間の連携を更に密にしていく方針を掲げ,部員育成に対し積極的に取り組んでいます

ページトップ