各部門の紹介

医療安全管理室

医療安全管理室について

当病院は常に高度な医療を提供する特定機能病院として,患者の生命の尊厳と医療安全の確保を目的に平成12年に医療安全管理室を設置いたしました。医療安全管理室の主な業務は,医療安全の確保を目的とした報告の集計・分析,医療安全に資する企画,計画の立案や実施及び改善,実施されている診療内容の確認や検証など医療安全を包括的に扱う部署として活動を行っています。

医療安全管理室メンバー

氏名 役職 職種等
医療安全管理室長 副病院長 医師(兼任)
※医療安全管理責任者
副室長   医師(兼任)3名
医師(専従)1名
看護師(専従)1名
※医療安全管理者
室員   看護師(専従)1名
※医療安全管理者
薬剤師(専従)1名
臨床工学技士(専従)1名
医薬品安全管理責任者(兼任)1名
医療機器安全管理責任者(兼任)1名
看護師(兼任)2名
診療放射線技師(兼任)1名
臨床検査技師(兼任)1名
事務(専従)2名

医療安全活動の取組み(令和元年度)

医療安全管理室・医療安全管理委員会 活動報告

年間目標

『ひとり独りが責任持って徹底的に確認行動』

小目標

  • 医療安全注意報等の周知確認
  • 確認行動実施徹底の為の取り組みと評価
  • 部署の医療安全に関する取り組みと評価
  • インシデント・アクシデント発生時の状況確認・原因分析と改善策の周知
  • 事故事例分析による院内システム・業務等の見直し
  • 侵襲のある治療・検査IC時の多職種による同席とカルテ記載の周知及び実施状況の確認
  • 職員対象急変対応の訓練実施
  • 職員研修の効果測定
  • 全死亡事例の検証及び死亡診断書の正しい記載の周知

年間行事

広報・教育活動 発行物 監査・視察 その他 備考
25条 私大協 SM事例
検討
4 新入職者・
研修医教育
ポケットマニュアル
医療安全注意報
    準備   ポケットマニュアル配布
4/1
新入職者オリ
4/1
研修医オリ
4/5
新入局者オリ
4/5
5   医療事故防止マニュアル(電子カルテへ)
ヒヤリハット通信
  連絡会
5/23
準備 委員による巡視
5/27
 
6 医療安全週間 春
医療安全講習会1(e-ラーニング)
セーフティーマネジャー講習会 春
CVC講習会
ヒヤリハット通信     6/5
D
委員による巡視
6/24
医療安全講習会(e-ラーニング)
6/13~

セーフティーマネジャー講習会(e-ラーニング)
6/13~

SM院内巡視
6/13 24名・14・18
7 医療安全講習会1継続
(e-ラーニング)
  立ち入り調査 連絡会
7/25
7/3
A
委員による巡視
7/22
 
8   ヒヤリハット通信          
9       連絡会
報告会
9/26
9/4
委員による巡視
9/30
 
10 医療安全ワークショップ 医療安全注意報     10/2
C
委員による巡視
10/28
 
11 医療安全週間 秋
医療安全講習会2(e-ラーニング)
SMによる巡視
ヒヤリハット通信   連絡会
11/28
11/6
D
委員による巡視
11/25
医療安全講習会
(e-ラーニング

SM院内巡視
11/14・15・19
12 医療安全講習会2継続
(e-ランニング)
      12/4
A
  医療安全
相互ラウンド(帝京病院・国立癌研究センター東病院)
1       連絡会
1/23
  委員による巡視
1/27
2   ヒヤリハット通信     2/5
B
委員による巡視
3/2
SM事例検討会
3       相互ラウンド
報告会
3/
3/4
C
年間の振り返り  

医療器機・セキュリティー講習会・薬剤使用に関する講習会の計画は別途

1)新人研修

研修医・新入局医師・復職医師
  • 個人情報保護と守秘義務 4月1日
臨床研修医(42名) 4月5日
  • 医師と法律…行政処分,守秘義務,個人情報
  • 医療事故と医療安全…ハインリッヒの法則、レポーティングシステムとその活用
  • 死亡診断書(死体検案書)の書き方 インシデントレポートシステム
板橋病院職員:(142名) 4月1日
  • 医療事故防止対策について・インシデントレポートシステムについて
  • 個人情報保護に関して
新規・中途採用医師
  • 医療安全管理室の役割
  • インシデント・アクシデント入力方法
  • 最近の院内での状況・注意喚起事項
  • 4月1日合同開催(93名出席)
  • その他、入職、異動、産休明け時に個別に実施している。
    (226名) [ 令和2年3月31日現在 ]

2)医療安全講習会

  テーマ 備考
6月 ①RRSについて
②DNARについて
③知っておきたいお薬情報
・・・手術前中止薬とハイリスク薬・・・
④個人情報保護の適切な管理について
6月e-ラーニング
6/13~7/31日
受講者:2846名 100%
11月 ①医療法25条第3による立入検査指導要項について
②医療事故調査制度を知っていますか?
③インスリン治療におけるインシデントを予防しよう
④MRI検査における安全性について
⑤ポータブル(出向)撮影の放射線防護について
⑥酸素ボンベの残量計算と取り扱い確認事項について
11月e-ラーニング
11/14~12/31日
受講者:2925名 100%

※運営に関して,委員が積極的に関与する(当番制)

3)医療安全週間

    備考
6月 セーフティマネジャーによる院内巡視 6月 13・14・18 日 70名参加
11月 セーフティマネジャーによる院内巡視 11月14・15・19 日 30名参加

4)セーフティマネジャー講習会

    備考
6月 ①令和元年度医療安全報告
②現状からの注意喚起
8/3~9/3  e-ラーニング
医師78名・看護師81名・コメディカル73名
受講者:232名

5)医療安全ワークショップ

セーフティマネジャー以外へも開放。勤務時間外で行う。
他部門とのコミュニケーションを図り、他職種との連携の充実も目的とする。
11月6日(水) 16名参加
テーマ:チームステップス

6)委員による月例ラウンド

委員による院内ラウンドを行う。
(4・5月は調整月。8月と12月は行わない)
→医療安全週間でのラウンドは,セーフティマネジャーを中心に募集
委員は当番制(但し,2回/年の参加を義務とする)
3月は,新型コロナウイルスの拡大を防止する意味から中止

7)セーフティマネジャー事例検討会

インシデント・アクシデント事例の中から症例を挙げそれぞれの職種の目から検証し再発防止に役立てる

毎月第1水曜日15:00~16:00 (4・5・8・1月は行わない)

グループ 検討事例 出席者数
6月 D 搬送に関連した事例 21名
7月 A チーム医療 ヘパリン過剰投与事例 20名
9月 B ハイリスク薬インスリン事例 27名
10月 C 急変事例 21名
11月 D 倫理的課題事例 25名
12月 A 造影剤によるアナフィラキシーショック 25名
2月 B 転倒転落事例 18名
3月 C (新型コロナウイルスの拡大を防止する意味から中止)

8)その他の講習会(医療安全講習会、SM講習会等のテーマ、又は単独で)

医療安全に関する講習会は事例報告など職員に必要と思われるものを行う
(自分の時間で参加し他部門とのコミュニケーションを図る)

9)その他

誰かが何かをやってくれるはずではなく、自らが当事者となって考えていく視点を持ったチームを作ることを根底の考え方とする。(自律した仲間を増やす)

  • セキュリティ講習会
  • 全職員 6月医療安全講習会において実施 備考
    新人・中途採用者・復職者 個人情報の適正な管理について(個人情報保護委員会)  
  • 事故等に関する対応

    6/28 歯科口腔外科へ糖尿病既往のある手術全患者の対応について依頼分配布
        術前に糖尿病代謝内科を受診させ,入院時より兼科を依頼すること
    7/19 ダブルパック製剤の使用上の注意
    7/25 緊急院内放送連絡番号の変更
    8/26 気送子による交差血送付禁止
    10/4 CVC抜去時の注意
    11/20 DVT既往患者への禁忌(SCD・弾性ストッキング)に対する
        知識向上のための看護師対象e-ラーニング教育
    12/20 職員の院内での履物に関する注意

  • 基準等の作成

    9/17 不具合事象変更を配布
    11/20 採血・ルート確保時の痛み・痺れ等の対応フローチャート
    12/25 予期せぬ急変事例や重大事故発生時の初期対応フローチャート

インシデント・アクシデント・不具合事象(合併症)報告件数(令和元年度)

インシデント・アクシデント件数(平成26年度~令和元年度)

  • 令和元年度インシデント件数 4350件
  • 令和元年度アクシデント件数 1291件

事例の分類

当事者の職種

影響度分類

予薬準備発生要因

予薬準備内容内訳

転倒転落スコアー

医療安全管理指針

医療安全管理指針(PDF形式:461KB)

ページトップ