がん診療について

がん相談支援センター

ご挨拶

センター長 櫻井 裕幸先生

がん相談支援センター

センター長 呼吸器外科部長 櫻井 裕幸

当センターは,がんの医療に特化した相談窓口として,小児から成人に至るまでのがん患者さんやそのご家族のほか,地域の方々はどなたでも無料でご利用いただくことができます。

がん診療の日々の進歩を背景に治療の選択肢が広がるとともに,インターネットなどの普及による情報環境の変化もあり,がん関連の情報を容易に入手できるようにはなりましたが,その反面,その患者さん自身にとっての適切な情報を取捨選択することが非常に難しくなっているという現状もあります。同時に,患者さん自身を取り巻く社会生活環境は多様化しており,がん治療を継続しながらその環境へ適応していくための課題,さらに,がんは依然として「死」を連想させる疾患であることからがんの診断や治療の過程において患者さんの混乱・動揺に対する心理的ケアなど,患者さんそれぞれにとって必要となる支援は多岐にわたります。当センターではがん治療に関する情報を患者さんとともに確認し,関連情報を整理するサポートをさせて頂いております。

最近では抗がん剤治療などのがん治療も外来で行える機会が増えてきました。よって,患者さんはがん治療に伴う副作用や後遺症の心配を抱えながら家庭で多くの時間を過ごすこととなり,家族の負担も増大したといえます。家族は「第2の患者」ともいわれるように,患者さんを含む家族全体を援助することも当センターの大きな役割の一つであります。また,がん治療と仕事の両立など就労に関わる事項については,がんと診断された早い段階から考えていく必要があります。

当センターでは,年に4回「ワーキングサポート(就労支援)」や「がん患者セミナー&カフェ」といった,がん患者さんへの情報提供や患者さんとそのご家族が語り合う場を持てるような定期的な取り組みも継続して行っております。

がんに関する治療や療養生活全般,地域の医療機関などについての疑問や治療に対する不安を感じた時にお気軽にご相談いただくことのできる窓口として,当センターは病院1階に設置されており,相談にはがんに精通する専門スタッフが親身に対応しております。

がん治療を取り巻く環境に不安や悩みを抱えている方は,当センターをご利用下さい。


副センター長 越永 従道先生

がん相談支援センター

副センター長 小児外科部長 越永 従道

従来から当院では小児がん診療について,都内でも有数の症例数を扱う施設として評価されて参りました。また平成25年9月には東京都小児がん診療病院に認定され,小児がん診療の充実に努めて参りました。

小児がんは,希少がんのひとつです。希少がんは「人口10万人あたりの年間発生率(罹患率)が6例未満のがん」と定義され,その発生数が少ないため診療・受療の課題が他のがん種に比べてまだまだたくさんあります。希少がんはその希少性により,専門とする医師や医療機関が少なく,診断や治療法の開発・実用化が難しいことが指摘されています。小児がんは,これら希少がんのなかで最も多く,わが国では年間に2000 人から2500 人が罹患しています。

厚生労働省では第2期がん対策推進基本計画において小児がんを重点課題としてきました。さらに平成30年3月に決定された第3期計画では,小児がんに加え,小児と成人との移行期に相当する思春期から若年成人「AYA(Adolescent and Young Adult)世代」も含め,がん患者さんとその家族が安心して適切な医療や支援を受けられるような環境の整備を目指しています。AYA世代のがんには,多種多様ながん種が多いことや,成長発達過程において発症するという特徴があり,これらの世代のがんは成人のがんとは異なる対策が求められています。

わが国の小児がんの専門家はまだまだ少ない中,当院は大学病院の利点を最大限生かし,小児がんとAYA世代がん診療にも十分な経験と支援体制を有する医療機関です。がんの診断治療では,小児科,小児外科,整形外科,脳神経外科,消化器肝臓内科,消化器外科,放射線科,病理診断科,痛みセンターなどの多診療科の医師が関わっています。また,がん相談支援センターでは,小児から成人の患者さん,またそのご家族も含め相談支援に力を入れており,療養をはじめ就学・就職支援や社会復帰のお手伝いをしております。今後とも地域における医療連携を密に,患者さんへのよりよい医療を目指して行きます。

相談窓口のご案内

患者さんやご家族のがん医療に関する心配事,疑問および医療機関などの情報をお知りになりたい場合にご利用いただけます。

場所 1階 がん相談支援センター フロアマップはこちら
相談対応時間 月~金(平日)8:30~12:00,13:00~16:00 (病院休診日は除く)
相談方法 ●来院による面談での相談 ●電話による相談
対象 がん患者,ご家族,友人,職場の方など,がんに関する相談をしたい方。
当病院におかかりでない方もご相談いただけます。
担当者 国立がん研究センターがん対策情報センターによる研修を修了した看護師や
医療ソーシャルワーカーが,ご一緒に考え,よりよい解決策が見つかるようサポートいたします。
相談内容により,適宜,病院内の他部門と連携を取りながら対応いたします。
予約 ご予約いただけます。
※他の方の相談中は,お待ちいただくことがございますので,お電話等でお問い合わせの上,ご来院いただくことをお勧めします。
相談予約受付時間 月~金(平日)8:30~16:30 (病院休診日は除く)
料金 無料
電話番号 電話:03-3972-0011(直通) 03-3972-8111(代表)内線3169
相談窓口の写真1
相談窓口の写真2

がん関連の情報・資料・パンフレット等による情報提供

パンフレットの多くはご自由にお持ちいただけるようになっております。また,窓口でお申し出くだされば,その他のがんに関する情報もお調べいたしますのでお気軽におたずねください。

このような時にご利用ください

  • 自分の病気や治療について知りたい。
  • 医師から病気のことを説明されたが,難しくてよくわからない。
  • がんと言われ,これからのことを考えると不安でいっぱい。
  • 家族や仕事のことで悩んでいる。
  • がんになった家族のことで悩んでいる。
  • がん治療と仕事の両立はどうしたらよいか。
  • 治療や手術にかかる費用が心配。
  • 抗がん剤の副作用による脱毛に備えてかつらを準備したい。
  • 退院が決まったけど,自宅でどうしたらいいのかわからない。
  • 緩和ケアについて知りたい。
  • 同じ体験をした患者さんの話を聞きたい。患者会のことを知りたい。
  • 介護保険や身体障害者の手続きやサービスが知りたい。
  • セカンドオピニオンの手続きを知りたい。

※相談内容の秘密は厳守いたします。
※担当医に代わって,治療について判断するところではありませんのであらかじめご了承ください。

がん患者セミナー&カフェ

がん患者さんとそのご家族を対象に,定期的にがん患者セミナー&カフェを開催しています。
申し込みはがん相談支援センターまで。

次回のご案内

決定次第ホームページ,院内掲示にてご案内いたします。

就労支援:ワーキングサポート

がんの治療を続けながら働く方法を,がん相談員と社会保険労務士などの専門家を交えて,一緒に考えるグループワークを定期的に開催しています。

令和2年度12月開催のワーキングサポートは,新型コロナウイルス感染防止のためご参加者の健康面と安全面を最優先に考慮し,開催を中止とさせていただきます。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

(令和2年10月13日)

ワーキング・サポート
大きくしてみる(PDF形式:484KB)

詳しくはこちら

がん相談支援センターだより

がん相談支援センターでは,新しいがんに関する情報や,開催したセミナーの模様を掲載したがん相談支援センターだよりを定期的に発行しています。当病院の外来にもございますので,手にとってご覧ください。

ワーキング・サポート
大きくしてみる(PDF形式:337KB)

過去のだより

がん関連情報サイト

がんの治療や療養などについて様々な情報をご覧いただけます。

よくあるご質問(PDF)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます

ページトップ