• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

板橋病院

  • 診療科のご案内
  • 外来担当医一覧
  • 専門外来
  • 眼科病棟について
  • 手術について
  • 診療実績
【画像】日本大学医学部附属板橋病院

緑内障

【画像】視野検査結果と視野イメージ

40歳以上のうち20人に1人が緑内障

最近の疫学調査の結果では、わが国の40歳以上のうち20人に1人が緑内障であることがわかっています。初期には全く自覚症状がないことがほとんどです。そのため、40歳以上になったら、症状がなくても検査を受けることが勧められています。

01緑内障の種類について

の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ、房水とよばれる液体が流れています。房水は毛様体でつくられ、虹彩と角膜に栄養を与えながら、隅角にある線維柱帯を通り、シュレム管を通って、眼の外の血管に流れ出ていきます。この房水により眼の形状が保たれています。この圧力を眼圧といいます。正常の眼圧は10 ~21 mmHgとされています。緑内障は、この房水の流れにくい場所によって、大きく、閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障との2つに分けられます。

原発開放隅角緑内障(げんぱつかいほうぐうかくりょくないしょう)  
(正常眼圧緑内障(せいじょうがなつりょくないしょう)を含む)
隅角にある房水の出口の線維柱帯が目詰まりを起こし、うまく房水が排出されないために眼圧が上昇し、視神経がその眼圧に負けて傷害されます。しかし、眼圧が正常範囲内にありながら視神経が障害される「正常眼圧緑内障」もあり、視神経の血流の問題やもともとの視神経弱いことが原因と考えられています。
原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう)
房水の出口の隅角が狭くなり隅角が閉塞します。そのために房水の排出が障害され眼圧が上昇します。急激に眼圧が上昇することもあり、これを「急性緑内障発作」といい、ある日突然、眼痛、充血、目のかすみ、頭痛、吐き気などの症状をきたします。
02緑内障の検査

内障の検査として眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査などを行います。それらの結果から、緑内障のタイプ、障害の程度を判断して、その人にあった治療方針を決めます。視野異常は頭蓋内病変などにも伴っておこることもあり、MRIやCT検査なども行うこともあります。入院して眼圧の日内変動を調べることもあります。

03緑内障の治療

神経はひとたび障害されると、その機能を回復することができません。しかし、眼圧を下げることができれば、その進行を止めたり、遅らせたりすることができます。そのため、緑内障は早期発見・早期治療が重要です。

点眼薬・内服薬
使用する薬は、緑内障のタイプ、眼圧の程度、全身の病気、薬が体に合うかどうかなどを総合的に評価して決めます。何種類かの点眼剤を組み合わせて処方することもあります。
レーザー治療
レーザー治療には虹彩光凝固・隅角光凝固・隅角形成術などがあります。
手術
点眼薬やレーザー治療が功を奏さなかったとき、もしくは、何らかの理由で点眼薬・内服薬が使えない時などに行います。手術は、視力や視野を良くするものではなく、眼圧を下げて緑内障の進行を止めたり、遅らせるために行います。
当科での手術件数は平成5年から平成20年までに540例施行しています。手術時間は、60~90分程度です。点眼と注射による局所麻酔(眼だけの麻酔)で行い、手術中の痛みはありません。
線維柱帯切開術(せんいちゅうたいせっかいじゅつ・トラベクロトミー)
 この術式は主に先天性緑内障・若年者緑内障の患者様に選択されます。目詰まりしている線維柱帯を切り開き、本来の流出路であるシュレム管に房水を流す手術です。まず結膜と強膜を切開し、シュレム管を露出し、線維柱帯を眼の内側に向かって切開します。手術後、房水は切り開かれた線維柱帯部分からシュレム管へ流れ、静脈へ吸収されます。
線維柱帯切除術(せんいちゅうたいせつじょじゅつ・トラベクレクトミー)
 線維柱帯を一部分、切除し、房水の出口を別に作る手術です。
まず結膜と強膜を切開し、線維柱帯を一部、切除します。また、切除した線維柱帯部分の虹彩を切除します。房水の流れ出ている通路が塞がりにくくなるように、マイトマイシン(傷口を治りにくくする薬)を結膜と強膜に浸します。最後に、切開した強膜と結膜を再び縫合します。手術後、房水は線維柱帯の切除された出口を通り、強膜の開創の隙間を通って結膜の下に流れ、結膜の血管から吸収されます。すると結膜の下に房水が貯まるようになり、この膨らみを濾過胞(ろかほう)といいます。
 当科での初回治療成績は、点眼薬を使いながらも眼圧が正常値下限の21mmHg以下を維持できたものが術後5年で84%、術後10年で77%、点眼薬を使用せずに目標眼圧16mmHg未満に調整できたものが、術後5年で47%、術後10年で37%と良好な成績を収めております。
手術の合併症
合併症は非常に少ないのですが、100%安全とはいいきれません。感染症には特に感染に注意する必要があります。濾過胞は結膜で覆われていますが、この結膜はとても薄く細菌などにより感染を起こす危険があります。術後数年経ってから起きることもあります。充血する・眼が痛い・見にくいなどの症状がありましたら早めに受診してください。
手術の目的は眼圧を安定して下げることですが、どうしても手術後すぐは、眼圧は安定しません。低眼圧、すなわち眼圧が下がりすぎた場合、眼球の形体を維持できなくなり見にくくなりますので、眼球を圧迫する眼帯をして房水が流れすぎないようにしたり、もう一度、傷口を縫い直したりします。 高眼圧は、手術で作った創が閉じかけると生じます。その場合は、創を縫った糸を切るためにレーザーをしたり、眼を押してマッサージをして眼圧を調整します。
手術前の準備について
手術前に外来で全身検査(採血、心電図、レントゲン写真)と眼の検査を行います。これは手術可能かどうか確認するためのものです。検査で異常がみつかった場合は、手術を延期または中止し、状態が万全であることを確認してから、再度手術の予定をたてることになります。
04手術後について

内障は手術を受けても治療が終わったわけではありません。手術はあくまで眼圧をコントロールするための手段です。術後も定期受診と点眼薬や内服薬は正しく続けてください。なにか病気や薬に対してわからないことや不安なこと・希望することなどあれば遠慮せず担当医師に相談してください。

入院中
手術前日に処置や検査を行います。手術後は毎日診察をします。入院は約2週間を目安にしてください。眼圧の経過によって処置をし、状態が安定してから退院になります。
退院後の再診について
退院後は約1週間後に最初の受診となります。その後は徐々に受診の期間が延びてきます。
ページトップへ