尿路結石症の症状と治療【日本大学医学部 泌尿器科】

尿路結石症

尿路結石症とは

腎臓で排泄された尿は、尿管を通り膀胱に貯まり、1日数回尿道から体外に排泄されます。 その途中で、体に不要になった物質(蓚酸カルシウムなど)が結晶化して大きくなったものが尿路結石です。

腎、尿管結石症を上部尿路結石症と膀胱以下のものを下部尿路結石症と呼びます。 我が国では上部尿路結石症95%以上を占めているので、こちらを中心に述べます。

患者さんは無症状の場合もありますが、激痛のためしばしば救急室を受診します。 具体的には、側腹部痛(脇腹の痛み)、下腹部痛、血尿あるいは頻尿症状が出現します。 長期間放置すると腎臓に負担をかけて腎機能を低下させることもあります。

尿路結石症は稀な病気ではなく、我が国の男性では11人に1人は一生のうちに 一度は罹るといわれており、男女とも年々増加の傾向にあります。

尿路結石症の検査

まずは検尿、腹部超音波検査、単純レントゲン検査などで診断をつけます。 診断が困難な場合や積極的治療を検討する場合は、経静脈的腎盂尿管造影やCTを行います。

尿路結石症の治療

小結石では飲水を励行するなどにより自然排石を待ちますが,大きな結石あるいは 痛みの繰り返しや水腎症,腎盂腎炎が増悪する場合は積極的治療の対象になります。

積極的治療として以下の治療が行われています。

下記の通りアルファベットで略す 名称を用いることが多く分かり難いかもしれませんが、いずれも安全で体に優しい方法で、 現在では尿路結石症に対しての開腹手術は、ほとんど行われなくなりました。

  1. ESWL:体外衝撃波結石破砕術
  2. TUL:経尿道的結石除去術
  3. PNL:経皮的結石除去術
  1. ESWL:現在では、尿路結石治療の第一選択となっています。この装置は体外で発生した 衝撃波を体内の結石に収束させ破砕するものです。破砕された結石は尿とともに体外に排出されます。 われわれの施設では約70%の結石はESWL単独で治療可能ですが、単独治療が困難と判断された 場合にはPNLやTULを積極的に行います。ESWLは安全な治療のため日帰りで行う施設も ありますが、1泊2日の入院を原則とします。
  2. TUL:経尿道的に2〜3mm径の尿管鏡を用いて尿管内を観察して、ホルミウムヤグレーザーなど を用いて結石を破砕除去する方法です。3〜4日の入院と手術室での麻酔を要しますが、 ESWLより確実に結石を処理することができます。
  3. PNL:背部から超音波ガイドに穿刺して約1cmの腎瘻を作成し、ここから内視鏡を挿入して 結石を鉗子で摘出あるいは超音波装置などで破砕吸引する方法です。効率よく結石を 処置できますが、やや大がかりな治療で、全身麻酔と数日間の入院が必要です。 珊瑚状腎結石など、大きな腎結石の場合、尿管狭窄などで破砕片の自然排石が困難な場合に実施します。

尿路結石症の再発防止

尿路結石の再発頻度は高く、体質に加えて、日常生活様式が関与していると考えられています。 いわゆる結石体質に加えて摂取水分量の不足、過剰のカルシウム、蓚酸、塩分、糖分、動物性 蛋白質、アルコールなどの摂取が結石再発を助長させているとされています。

原因の明らかな 尿酸結石などは薬物療法が有効ですが、大部分を占める原因不明結石であっても食事指導、 飲水指導は尿路結石再発防止に際して有効です。

日本大学泌尿器科での取り組み

板橋病院では、尿路結石症すべてに対応することが可能で、治療装置も完備しています。 駿河台病院および練馬光が丘病院でも、診断、初期治療は可能で必要に応じて板橋病院や 治療装置を有する関連病院に紹介しています。


日本大学医学部 泌尿器科学系泌尿器科学分野

〒173-8610 東京都 板橋区 大谷口上町30-1
TEL 03-3972-8111(代表) FAX 03-3972-0027


日本大学医学部 泌尿器科

東京の泌尿器の専門医

日本大学医学部 泌尿器科学系 泌尿器科学分野

この ホームページは、Web標準準拠で制作 されております。

xhtml

css