慢性腎不全の症状と治療【日本大学医学部 泌尿器科】

慢性腎不全

1、疫学

腎臓には体の水分を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。 ところが腎臓の病気などで血液を濾過する機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。

この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。 これを腎機能障害、障害が強く機能が著しく低下した状態を腎不全といいます。

2、腎不全の原因

例えば、脱水などでも急性腎不全は引き起こされます。

それから腎臓に害のある薬剤や化学物質の暴露によるもの、あるいは腎臓の炎症である腎炎、 細菌によって引き起こされる腎盂腎炎なども繰り返せば腎不全に陥ります。

あるいは遺伝性の腎臓疾患で徐々に起こることもあります。

あと最近増加している糖尿病などもその大きな原因であり、他の全身性の病気がもとで腎不全に陥ることや、 事故や地震などの災害での怪我や、広い範囲のやけどなどでもおこることがしばしばあります。

3、腎不全の診断

血液検査や超音波診断、レントゲン検査、あるいは腎臓生検などで診断を行います。 明らかなきっかけや病気がわかっている時は別として、全く自覚がなくある、 体のだるさや、浮腫、あるいは検診などで診断される場合もあります。

腎不全が進行すると:

  1. 老廃物(尿毒症性物質)が体に溜まる、尿毒症性物質とは、血液中のBUN、 Crという物質とほぼ平行して増えるので、血液中のBUN、Crの値がこの物質のたまり 具合を推定する目安になります。
  2. 体の中に水分がたまり症状が悪化すると血圧上昇、心不全になる。
  3. 電解質の調整ができなくなりとくにカリウムがたまると生命に危険をおよぼす。
  4. 腎臓で作られるホルモンであるエリスポエチンの分泌が低下し、貧血になる。
  5. 血液中のカルシウムが減少し、骨がもろくなり骨折しやすくなる。

などの症状がみられます。

4、腎不全の治療

まだ初期であれば、食事療法あるいは薬物による治療を行いますが、 この病気は腎臓内科との協力が大変重要で、当院でも腎臓教室などが その生活指導食事指導に当たっています。

腎機能がさらに高度に障害を受け、そのまま治療しないでおくと死に至ります。

治療法としては以下の3つの選択があります。

  1. 血液透析
  2. 連続携行式腹膜透析(CAPD)
  3. 腎移植

血液透析やCAPDは当院では腎臓内科が行っています。

この治療効果と限界は血液透析やCAPDは腎臓の代行をしますが、腎臓の働きの全部を代行することは できません。
腎臓の働きのうちで、血液透析やCAPDで代行できるのは、

  1. 老廃物をとり除く
  2. 余分な水分をとり除いたり、電解質を調節する

ことです。
これらの方法では、造血刺激ホルモンの分泌、ビタミンDの活性化、 血圧の調整、不要になったホルモンの不活性化等はできません。したがって腎臓に比べ不完全です。

泌尿器科では腎臓移植を行います、透析療法と比較して利点が多い治療ですが、 他人の腎臓を移植するため、拒絶反応の防止のため強力な免疫抑制剤を長期に わたり内服する必要があります。

さらに高齢な方や重症の合併症などがある場合は 適応が限られます。したがい、その人にあった腎不全の治療を選択することが大切となります。


日本大学医学部 泌尿器科学系泌尿器科学分野

〒173-8610 東京都 板橋区 大谷口上町30-1
TEL 03-3972-8111(代表) FAX 03-3972-0027


日本大学医学部 泌尿器科

東京の泌尿器の専門医

日本大学医学部 泌尿器科学系 泌尿器科学分野

この ホームページは、Web標準準拠で制作 されております。

xhtml

css