沿革

未来に向かって

看護師になりたい。その気持ちを実現するには、ひとつひとつの学びを着実に身に付けていくことが大切です。学びが、ナースキャップ姿の未来のあなたの糧になるよう、私達は応援しています。

大正14年  3月 専門部医学科設置
大正15年 11月医学部付属駿河台病院設置
昭和 6年  3月 専門部医学科を5年制とする
昭和 7年  1月 駿河台病院、附属看護婦養成所に指定
昭和10年  5月 医学部付属板橋病院設置
昭和17年  3月 医学部(医学)設置、同予科開設
昭和23年  3月 専門部医学科廃止
昭和24年  3月 駿河台看護婦養成所募集停止
昭和25年  4月 准看護婦養成所を板橋病院に設置
昭和26年  4月 医学部附属准看護婦養成所設置
昭和26年  3月 医学部予科廃止
駿河台看護婦養成所・准看護婦養成所(板橋)廃止
昭和30年  1月 医学部に進学課程設置
昭和31年  3月 大学院医学研究科設置
昭和40年  4月 医学部附属板橋准看護婦養成所廃止
医学部附属高等看護学院(3年課程定員30名)設置
昭和42年  9月 高等看護学院第二部(定時制進学3年課程定員30名)設置
昭和44年  4月 高等看護学院第一部入学定員30名を50名に増員
昭和51年  6月 医学部付属稲取病院設置
昭和51年  4月 高等看護学院第二部廃止、第二学科(2年課程定員50名)設置
第一部を第一学科と改称
昭和52年  5月 医学部総合医学研究所設置
昭和54年  7月 医学部総合健診センター設置
昭和55年  3月 医学部附属高等看護学院を専修学校に切り替え、医学部附属看護専門学校として設置
昭和58年  4月 医学部附属看護専門学校第二看護学科学生募集停止
第一看護学科募集定員100名に増員
昭和59年  5月 医学部附属看護専門学校第二看護学科を廃止し、第一看護学科を看護学科(3年課程)と改称
平成 3年  4月 医学部付属練馬光が丘病院設置
平成 7年  3月 看護専門学校修了者に「専門士」(医療専門課程)の称号付与
平成17年  4月 医学部附属看護専門学校定員80名に減員
平成19年  4月男女共学となる
平成26年 10月 駿河台日本大学病院から日本大学病院へ新築移転
このページのトップへ