学校案内 学校長あいさつ


看護専門学校学校長
宇田川 誠一

思いやりの看護              宇田川 誠一

思いやりの看護

 近代看護を確立したのはフローレンス・ナイチンゲールであると言われています。彼女は統計学にも造詣が深く、統計学を駆使して衛生面での管理体制を整え、感染症の拡大を抑えました。また、深夜の見回りを行うなどの献身的な看護師の姿の原点を、彼女の当時の行動に見出すことができます。そのナイチンゲールが世界中で賞賛される一番大きな理由は、患者に対する思いやりの心を常に持っていたことではないかと思います。
 日本大学医学部附属看護専門学校は、そこで涵養される「思いやりの心」をもって他者(患者)と関わることのできる人を求めます。病める人の心は健康な人のそれとは異なります。異なり具合はその人の病状によりさまざまです。思いやりの心をもって患者さんの立場や目線で物事を考えなくては、良い看護を行うことはできません。
 そのためには自分で考え、蓄えた知識をもとに、自分で対処法を見つけていくことが何より大切です。その際にキーとなるのは、その人が持っている想像力です。看護学を学びながら想像力を鍛えなくてはなりません。想像力を鍛えることは医療ミスを未然に防ぐことにもつながります。
 日本大学の教育理念は「自主創造」です。自ら学び、自ら考え、自ら行動する能力を身につけることに教育の重点を置いています。本看護専門学校でもこの自主創造の精神に基づき、高い志をもって看護学を身につけ、優しさ・倫理観・豊かな感性を備えた看護師を育てることを教育理念の中心に据えています。その教育理念を実践につなげるため、日本大学内外から優秀な講師陣を迎えて教育を行うとともに、看護実習の場として日本大学医学部附属板橋病院や日本大学病院をはじめとする充実した学びの場を提供しています。熱意のある心豊かな皆さんのご入学を心からお待ちしています。

このページのトップへ