日本大学医学部医学生涯教育センター  
 
TOP ようこそ、生涯教育センターへ 医師のキャリアプラン THE POWER OF NU DOCTORS 初期研修情報 後期研修情報
 
初期臨床研修情報 板橋/駿河台プログラム
  プログラムのご案内  
研修プログラム情報
研修担当者メッセージ
研修Letter
病院見学会・セミナー情報
Q&A
 
   
   
TOP > 初期臨床研修情報〜板橋/駿河台プログラム > 研修担当者メッセージ
初期研修担当者からのメッセージ
     
 

 本年11月1日より,前任の相馬正義教授に代わり,森山光彦が臨床研修センター長を拝命いたしました。
 日本大学医学部の理念は人間性に溢れた「良き臨床医」「優れた医学研究者」の育成のみならず「それらの養成を目指す医学教育者」の育成であります。したがって私たち指導者の教育目標は良き臨床医の育成のみならず研究者および指導医の育成にあります。このため我々教員は、医学部教育および卒後教育に努めて参りました。
 その過程において我々は,医師になった直後の数年間の臨床教育を重要視しており,様々な取り組みをして参りました。2004年に現在の臨床研修制度が開始されて以来、附属板橋病院では歴代の臨床研修センタ−長の尽力により、プログラム内容に在学生の意見を取り入れるようにされ,初期研修医の選択の自由度を高めるなどの配慮をして参りました。学習者中心の研修環境の整備に努められてきたわけであります。
  我が板橋病院は特定機能病院として,また地域がん診療連携拠点病院、東京都災害拠点病院に指定され,また国家ブロジェクトである



臨床研修センター長
森山 光彦
(内科学系消化器肝臓内科学分野)


オーダーメード医療実現化プロジェクトにも参画し,高度先端医療を実施しております。さらに救命救急センタ−を有し,東京都の救急医療機関にも指定され,高度な救命救急医療を実施しており,この分野における教育・指導医の充実も板橋病院の特色の一つであります。我々は,救急医療およびプライマリ・ケアの研修は、初期臨床研修にとって最も重要な能力であると考え,豊富な経験を有する優秀な指導医と接する機会を多く持つことができるようなプログラムの設定にも配慮しており,高度な能力を自然と身につくようにしています。またがん診療連携拠点病院として,がんの先端医療のみならず患者さんへの疼痛・緩和ケア,本人・家族への相談支援などの,包括的にがん診療に携わることができるのも特色のひとつであります。
 臨床研修センタ−は,八田教授(血液膠原病内科)と3名の事務職員が一丸となって,皆様の臨床研修をサポートしますので,何なりと相談していただきたいと思います。
 私は,医学部で生涯教育センタ−長を3年前より努めさせていただいております。我が校では,未だ卒前教育と卒後教育とが,必ずしも横断的には行われていないと感じておりました。この障壁を少しでも改善するために,今般臨床研修センタ−長を拝命したものと考えております。卒後数年間の教育体制の充実こそが,はじめに述べた日本大学医学部の理念の遂行に必要なのであります。このため,より充実した研修プログラムの設定に努める所存であります。
 最後により多くの学生さんが,板橋病院の研修に応募してくれることを願っております。
  Copyrightc 2006 Nihon University School of Medicine All rights reserved.  
お問い合わせ お問い合わせ