日本大学医学部医学生涯教育センター  
 
TOP ようこそ、生涯教育センターへ 医師のキャリアプラン THE POWER OF NU DOCTORS 初期研修情報 後期研修情報
 
医師のキャリアプラン
  医師のキャリア像  
臨床研修病院の選び方
キャリアモデル紹介
学位について
留学について
 
 
   
   
TOP > 医師のキャリアプラン > 留学について
留学について 留学体験記はこちら  
 
 
 
   
<<前ページへ  
  日本大学では「学術の研究,学術の国際交流並びに大学の発展に資するため,専任教職員を海外に派遣」 する制度があります。
海外派遣研究員は,大学からその専門分野の研究,調査等を命じられて海外に派遣される者とされ,教授会等の議を経て推薦された候補者につき,学部長会議の議を経て大学が命じます。

 
区分 派遣の期間 年齢制限 支給する経費 (旅費を含む)
 長期 1か年 45歳以下 300万円
 中期 6か月 なし 220万円
 短期A 3か月 なし 170万円
 短期B 1か月 なし 120万円
   
研究,調査その他やむを得ない事情によって派遣期間は延長又は短縮できますが,延長は1か年以内を原則とし,2か年を超えることはできません(つまり,派遣期間は最長3か年となります。但し,延長期間中の経費は支給しません。)
給与については,通常の派遣期間中は,基本給・家族手当・住宅手当及び賞与が支給され,派遣期間が延長された場合でも最低保障として,基本給・家族手当及び住宅手当の合計額の80%相当額が支給されます。
なお,海外派遣研究者は,その成果をもって大学における教育及び研究の向上に寄与することが義務付けられていますので,帰国後,派遣期間の3倍の期間専任教職員として引き続き勤務すること,研究成果を学会又は学術機関誌に発表すること,報告書を提出することが義務付けられます。

 
(1) アメリカ合衆国航空宇宙局(NASA) Life Science Laboratories
(2) Department of Surgery, Division of Urology Fox Chase Cancer Center (Philadelphia,PA)
(3) Heart Center North Rhein-Westphalia,Ruhr University of Bochum,Bad Oeynhausen
   (ボッホム大学附属ノルドラインウエストファーレン州立心臓病センター)
(4) Department of Neurological Surgery, University of Miami School of Medicine(Florida)
(5) Hegau-Klinikum Academisches Lehrkrankenhause der Universitat Freiburg
(6) Department of Ophthalmology-Ghent University Hospital-Belgium(ゲント大学病院)
(7) Ernest Orland Lawrence Berkeley National Laboratory
(8) アイオワ大学 神経学教室 臨床神経生理学部門
(9) Department of Surgery and Transplantation, University of Bologna
(10) ミュンスター St.Franziskus-Hospital Dept of Vascular Surgery
(11) Department of Neurosurgery,Johns Hopskins Hospital,Baltimore,Maryland
(12) Department of Food Science & Human Nutrition University of Illnois
(13) University of Pittsburgh Medical Center
(14) Department of Surgery and Transplantation, University of Bologna
(15) Johns Hopkins University of Medicine 整形外科(Maryland )
(16) Faculty of Medicine University of Toronto
(17) International Agency for Recearch on Cancer (IARC)
(18) Unit of Molecular Pathology International Agency of Research on Cancer (IARC)
<<前ページへ  
  Copyrightc 2006 Nihon University School of Medicine All rights reserved.