診療科の話題

診療科トピックス 麻酔科・ペインクリニック科

人工膝関節置換術に対する超音波ガイド下持続大腿神経ブロック・坐骨神経ブロック

当院麻酔科では,手術に際して患者さんが安心して手術に臨めるように,手術前に各診療部門と連携しての術前評価を行い,患者さんの状態に応じたオーダーメイドの麻酔法を患者さんに提供しています。

さらに,最近では手術後の痛みについても,手術の種類に応じた手術後の鎮痛法を患者さんに提供しています。具体的な種類としては,点滴から鎮痛薬を持続的に注入する方法,硬膜外カテーテルから局所麻酔薬・医療用麻薬を持続的注入する方法,手術部位だけの痛みをとる末梢神経ブロックなどが挙げられます。

Photo
持続大腿神経ブロック

特に,当科では当院の整形外科で数多く行われている人工膝関節置換術を受けられる患者さんを対象に,整形外科の先生と連携しながら,積極的に手術後の痛みを軽減し,かつ手術後のリハビリが促進できるように,手術麻酔時に,硬膜外鎮痛あるいは全身麻酔に持続大腿神経ブロックと坐骨神経ブロックの併用を行っています。

人工膝関節置換術の手術後の痛みは,通常膝の前面は大腿神経を介し,後面は坐骨神経を介して感じるため,これらの神経の伝達を局所麻酔薬で遮断することで痛みの軽減が得られることになります。

ここで具体的な方法を紹介します。持続大腿神経ブロックは,全身麻酔の前に仰向けに寝た状態で,手術を受けられる側のソケイ部(足の付け根)に超音波装置のプローブを当て,大腿神経を確認し,局所麻酔をした後に,細い針を大腿神経の近くに挿入し,大腿神経に沿って細いカテーテルを挿入する方法です。このカテーテルから持続的に局所麻酔薬が注入されることになります。

一方,坐骨神経ブロックは,まず仰向けに寝た状態で,ふくらはぎの下に台を置き,足先を持ち上げて,膝の裏に空間ができるような体位をとってもらいます。手術を受けられる側の膝の裏に超音波装置のプローブを当てて,膝の裏側を走っている坐骨神経の場所を確認しながら,膝上の大腿外側部から,局所麻酔をした後に,細い針を坐骨神経の近くに進めて,局所麻酔薬を注入する方法です。

尚これらの方法は,弱い痛みを伴うのみで,患者さんがつらさを感じる手技ではありません。実際の施行時には,担当麻酔科医師が患者さんが不安にならないように説明しながら行っていますので安心して受けられて下さい。

ペインクリニックにおける超音波ガイド下腕神経叢ブロック

Photo

当院ペインクリニック科では,薬物治療,神経ブロック療法,光刺激療法を主体とした鎮痛手段を用いて,様々な難治性疼痛の治療に取り組んでいます。 神経ブロックにはいくつも種類があり,レントゲン装置を必要としないトリガーポイントブロック,星状神経節ブロック,硬膜外ブロックなどがあります。一方で,レントゲン装置を必要とする神経ブロックとして,腕神経叢ブロック,神経根ブロックなどがあります。

これまで,このようなレントゲンの透視装置が必要な神経ブロックは,放射線科の処置室でしか施行できませんでした。またこの際には,患者さんとペインクリニック医師の放射線の被爆は避けられなかったのが現状でした。

しかし最近,精度の高い超音波装置の登場で,我々ペインクリニック医師は末梢神経自体を見ることができるようになり,外来での一部の神経ブロックは,放射線の被爆を受けることなく外来での施行が可能になりました。

Photo

その一例として具体的には,肩,上肢に痛みを認める患者さんに対して実施してきた腕神経叢ブロックがあります。肩,上肢には腕神経という感覚や運動を支配している神経が支配しています。これらの神経が痛みの維持に関係している際には,この神経のとおり道のどこかで,神経の伝達を局所麻酔薬で一時遮断をすることで痛みの軽減や消失が得られることになります。この一時遮断を繰り返し行うことは,一部の患者さんでは対処療法だけでなく痛みの悪循環を断ち切り根本的な治療につながることになります。

尚これらの方法は,弱い痛みを伴うのみで,患者さんがつらさを感じる手技ではありません。実際の施行時には,担当ペインクリニック医師が患者さんが不安にならないように説明しながら行っていますので安心して受けられて下さい。

診療科から

病棟医長,外来医長,部長が診察対応いたします。

受診を希望される患者さんは紹介状を用意して頂き、受診前に必ず電話で予約をして下さい。

ページトップ