診療科の話題

診療科トピックス 眼科

白内障手術について

1.白内障とは?

眼はよくカメラにたとえられますが,カメラの「レンズ」に相当する部分が水晶体で,水晶体が濁る病気を「白内障」といいます。

2.白内障の原因

いろいろな原因で白内障が起こります。最も多いのは,年齢を重ねることによって徐々に起こってくる白内障です。眼の中の他の病気,例えば,ぶどう膜炎,緑内障,網膜剥離などと一緒に起こる併発白内障もあります。また,体の病気,例えば糖尿病,アトピー性皮膚炎に伴って起こる場合もあります。その他には副腎皮質ステロイド薬などの特殊なお薬が原因で起こる場合や眼のけがで起こる場合もあります。

3.白内障の症状

白内障では,曇りガラスを通して見ている様な霞んだ感じ(霧視)や視力低下,明るいところで見にくい(昼盲)や光がまぶしい(羞明)などの症状が起こりますが,個人差があり,眼のほかの病気でも同じような症状が出ることがあります。

4.白内障の手術が必要な方

白内障の手術は,上記の様な症状があり以前と見え方が変わってきたと感じられた場合に行います。白内障と診断されても,視力がよい方や,ご本人が全く気にならない場合には手術をすぐにする必要はありません。しかし,視力が良い場合でもまぶしさが強く気になる方は早期に手術を行います。また運転免許を更新するためには,両眼で0.7以上の視力が必要ですから,免許更新の前に余裕を持って受診していただくことをお勧めします。特殊な場合ですが,急性緑内障発作の方で,白内障が原因で起こった場合には視力が良くても手術を行わないと失明に至る場合もあります。その他にも屈折矯正を目的として白内障手術をする場合もあります。

5.白内障の手術を受ける前に行う検査

白内障の手術を受ける前には体の詳しい検査と眼の詳しい検査を行います。また,現在おかかりの開業医や他の病院の担当の先生にご病状をお伺いするお手紙を書き,お返事を頂いて,手術の時の参考にさせていただくことがあります。体の詳しい検査の結果,心電図に異常があったり,血液検査で異常があった場合で、内科の管理を受けていない場合は必要な科に受診して頂きます。

眼の詳しい検査としては,角膜内皮細胞検査などを行います。角膜内皮細胞は,特殊な細胞で他の組織とは違って細胞分裂をしない特徴があります。角膜内皮細胞は,年齢とともに少なくなりますし,生まれつき少ない方,怪我をされた方などでは,白内障手術に耐えられない場合もあります。内皮細胞が非常に少ない方は,将来,水疱性角膜症といって黒目がむくんで見にくくなる病気になることがあり、その場合には角膜内皮移植術という角膜移植手術が必要になります。当院では、水疱性角膜症になった場合には、角膜内皮移植術という角膜内皮細胞を移植する手術も行っておりますので、白内障術前に角膜内皮細胞が極端に少ない場合でも手術が可能です。

6.入院,手術の流れ

白内障手術は,日帰り手術と入院手術があります。眼の状態など含めて担当医と相談し日数を決めていただくことが可能です。

手術当日は,手術の数時間前から瞳を広げる目薬をさしていただき,病室でお待ちいただきます。手術室に向かうと,心電図,血圧計,血液中の酸素の量を調べる器械などをつけ,原則,局所麻酔で行います。手術中痛みを感じる事はほとんどありません。

手術をした方の眼には眼帯をしますが,手術をしていない眼は見えますので,お手洗いや食事はご自分でしていただけます。しかし,片眼に眼帯をすると遠近感がなくなって階段や段差が危険なので歩く時には十分に注意していただく必要があります。

手術の翌朝に眼帯をとって診察をします。その後は,保護眼帯をお渡ししますが,両眼で見ることができるようになります。術後に眼を強くこすったり,ぶつけたりしないようにご注意いただきますが,普通の生活,仕事に戻っていただいて構いません。目薬をお渡ししますので,回数を守って点眼して頂きます。術後の診察は,予約票をお渡し予約日に受診していただきます。通常,目薬は3か月ほど点眼して頂きますが,その間の診察については,ご紹介いただいた開業医の先生に経過を診ていただく形になります。その際,担当医から経過についての詳しいお手紙を送ります。

7.白内障手術について

白内障手術は,濁ってしまった水晶体を取り除き、水晶体の代わりとなる人工のレンズ(眼内レンズ)に置き換える手術になります。水晶体は袋(嚢)に包まれた状態で眼の中にあります。眼の一部を約2.4mm切開し,袋(前嚢)に小さな穴を開け,その穴から超音波の機械を用いて水晶体の中身を砕いて吸引します。それから,袋(嚢)の中に眼内レンズを入れます。

嚢は,1ミクロンほどの細い糸で眼の中に釣り下がっています。しかし,その糸の数が少ない方や弱くてすぐにちぎれてしまう方もいらっしゃいます。また,嚢の厚さは0.2ミクロンほどで大変に薄くもろいので手術操作に耐えられずに破れてしまう場合もあります。そのような場合には,嚢の中に眼内レンズを入れることができませんので,特殊な方法で眼内レンズを眼の中に固定します。

当科では,瞳が広がりにくい方や水晶体をささえる糸が弱い方,角膜内皮が少ない方,他に病気をお持ちの方などの普通の手術方法では手術ができない方など、難症例にも対応しています。

8.眼内レンズについて

術後にどのような見え方をご希望されるかによって使用する眼内レンズが変わってきます。

読書や手芸、新聞を読むなど近い距離をはっきり見たいというご希望の方には近くが見やすい眼内レンズを使用します。近いものがはっきりと見える代わりに、遠くのものがぼやけて見えてしまうので、遠くを見るための眼鏡が必要になります。運転をされる方や、離れたい位置にあるテレビなど、遠くの物をはっきりと見たいというご希望の方には遠くが見やすい眼内レンズを使用します。遠くのものがはっきりと見える代わりに、近くの物がぼやけて見えてしまうため、近くを見るための眼鏡(老眼鏡)が必要になります。いずれの場合でも術後の眼鏡使用が必要となります。術後約1~2ヶ月で眼鏡を処方することが可能になります。

一度眼内に入れたレンズは原則的に入れ替えることはありません。その為、どのような見え方を希望されるかを担当医とよく相談した頂き、使用する眼内レンズを決定します。

診療科から

可能な限り,まずはお近くの眼科を受診し,そちらの先生とよくご相談の上で手術をご希望の場合は紹介状を書いて頂き,それを持参して日大病院を受診してください。
受診は、月曜から土曜のどの曜日でも結構です。

角膜外来(毎週木曜午前、担当医:山上聡、﨑元暢、﨑元丹)

当科では、国内外のアイバンクと提携し、円錐角膜、水疱性角膜症、角膜変性疾患、角膜穿孔など様々な疾患に対して角膜移植を行っています。以前は殆どの症例に全層角膜移植と呼ばれる角膜全層を取り換える手術が行われていましたが、近年では,低侵襲手術の考えのもと,角膜移植においても異常のある部分のみを入れ替える、パーツ移植という概念が普及しています。当科でも表層の混濁に対しては表層層状角膜移植,実質全層にわたる混濁に対しては深層層状角膜移植が行われ,最近では角膜内皮疾患に対する角膜内皮移植も盛んに行われています。また、角膜だけでなく結膜も含めた眼表面再建手術を角膜移植・結膜移植・羊膜移植などを併用して行うことにより、これまで難治であった眼表面疾患も対応可能となっています。なお、各手術とも1週間程度の入院をお願いしています。

また、感染性角膜炎に対する診断・治療としては、涙液、角膜擦過物さらに前房水を採取し、単純ヘルペス・帯状疱疹ウイルス・サイトメガロウイルス、さらにアカントアメーバに対する定量PCRを始めとした分子生物学的診断を行っています。

1.全層角膜移植術(penetrating keratoplasty :PKP)

角膜の全層を切除してドナー角膜と交換するため術後の視機能回復に有利です。一方で、術後長期にわたって外傷に弱いという問題点もあります。

適応疾患は,角膜実質層の混濁と角膜内皮細胞数の減少が同時に起きている場合と実質層の混濁が深いところまで届いている場合となります。また,デスメ膜破裂,急性水腫の既往を有する円錐角膜も,角膜実質のみを交換する深層層状角膜移植が困難であるため,全層角膜移植が選択されます。

全層角膜移植術では、駆血性出血という重篤な術中合併症のリスクがあることと角膜を傷めずに最良の状態で移植するために、当科では基本的に全身麻酔で手術を行っていますが、患者さまとご相談させていただき局所麻酔での手術も行っております。

術後の拒絶反応は,角膜内皮細胞を減少させ,移植片不全の大きな原因となるため拒絶反応を予防するために副腎皮質ステロイド薬の点眼が必要となります。

術後の不正乱視は,角膜形状をみながら抜糸を行うことでコントロールして、できるだけ乱視を減らすようにしています。

2.角膜内皮移植術(DSAEK、Descemet's stripping automated endothelial keratoplasty)

水疱性角膜症やFuchs角膜ジストロフィなどの角膜内皮疾患において、角膜実質の混濁が強くない場合、角膜の内側の0.02mmの層を除去して、0.1mm程度の角膜を貼り付ける(角膜の厚さは約0.5mm)角膜内皮移植術も積極的に行っています。全層角膜移植に比べ、患者さんご自身の角膜の形の大半が維持されるため、術後の度数変化が少なく外傷にも強いという利点があり、従って全層角膜移植よりも視力の回復が早いのが特徴です。

しかし、患者さんの病的な角膜内皮を取り除くのがこの角膜内皮移植術の目的であるため、角膜実質に強い混濁がある場合は術後の視力が出にくい場合があります。

角膜内皮移植術は局所麻酔(テノン嚢下麻酔;手術中に眼球の周りに麻酔薬を注入する方法)で行っています。また、ドナー内皮を空気で接着させるため術後2時間は仰向けの姿勢をお願いしています。

3.表層層状角膜移植(lamellar keratoplasty :LKP)

適応は,角膜内皮細胞に異常のない,実質の浅層から中層までに限局した混濁を有する疾患です。また,円錐角膜も混濁が表層に限局されている場合には適応となります。麻酔は、局所麻酔で行います。

4.深層前部層状角膜移植(deep anterior lamellar keratoplasty : DALK)

適応は,角膜内皮細胞に異常のない,実質の深層まで混濁を有する疾患で,円錐角膜も,デスメ膜破裂の既往のない場合は適応となります。

手術は,角膜実質を完全に切除し,デスメ膜を露出し,移値片を縫合します。この術式は,デスメ膜を露出する手術操作が鍵となり,高度の技術を必要とします。手術操作の煩雑性から,手術は,全層角膜移植や表層層状角膜移植よりも時間がかかります。麻酔は、局所麻酔で行います。

診療科から

お近くの眼科をまず受診してください。担当の先生と相談の上,紹介状をお受け取りください。

角膜混濁(移植片機能不全)+輪部機能不全に対する全層角膜移植+自己結膜移植+羊膜移植後(左;術前、右;術後4か月)
角膜混濁(移植片機能不全)+輪部機能不全に対する全層角膜移植+自己結膜移植+羊膜移植後(左;術前、右;術後4か月)

ぶどう膜炎外来(毎週火曜午後、担当医;菅谷哲史)

ぶどう膜炎は、感染性のものと非感染性のものに大別されます。非感染性に発症するものでは、膠原病や炎症性疾患や悪性腫瘍が関連していたり、原因不明なものもあります。感染性のものには、ウィルス性、梅毒、結核、細菌、真菌、原虫などがあります。診断をつけていくためには、患者さんの生活習慣や既往歴、現病歴などの聴取、眼所見、胸部レントゲン写真、心電図、採血・採尿検査などの全身検査が重要になります。また、膠原病内科、呼吸器内科、神経内科、整形外科、皮膚科などの他科との連携が必要となります。当科では前房水や眼内液を採取して、real time-PCRを用いた診断技術を持っています。原因不明のものが多いなか、少しでも診断の精度を上げるために努力しています。診断がついた後は、それに合った適切な治療が必要となります。ぶどう膜炎の治療は、眼内の炎症を鎮静化させ、組織のダメージを最小限に抑えながら、再発を防ぐことが重要です。薬物療法のみでは、治療が難しく、時に手術治療が必要になることもあります。なるべくわかりやすい説明を心掛け、病気だけをみることなく、病人を診る外来を行っていきます。

網膜硝子体外来(毎週月曜午前、担当医;嘉村由美、吉田圭、菊地善公、花崎浩継)

当科では、網膜剥離,糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑前膜などに対して網膜硝子体手術を積極的に行っており、手術件数は年間300例に及びます。網膜剥離に対しては眼球の外側から治療する網膜復位術と、眼球に手術器具を挿入して治療する硝子体手術の2種類の手術法があり、症例ごとに最適な手術法を選択して手術を行なっています。これらの手術は1週間の入院で行っています。

また、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬の硝子体注射による治療を行っています。硝子体注射は外来手術室を使用し、入院せず日帰りで行えます。

神経眼科外来(毎週金曜午後、担当医;加島陽二、石川弘、古賀紀子)

神経眼科外来では ①原因がよくわからない見え方の異常、②複視(物が2つに見える症状)、③眼瞼(まぶた)の異常、④眼球の動きの異常(眼振)、⑤瞳の異常などを取り扱います。

疾患としては視神経疾患、斜視、眼瞼痙攣、眼瞼下垂、眼振、眼球運動異常、瞳孔異常などです。眼から脳を調べ、脳から眼を診るように診察を行うため、お一人の診察に若干時間がかかってしまうことをご了解ください。

緑内障外来(毎週金曜午後、担当医:﨑元 丹、野村真美)

通常、点眼薬やレーザー治療で眼圧コントロールを行いますが、治療の効果が得られず、眼圧コントロールが不良で視力や視野の維持が困難であると考えられる場合、失明予防を目的として緑内障手術を行います。緑内障手術は、通常の濾過手術に加えて、インプラントを埋め込むチューブシャント手術も行っております。点眼治療で良好な視野コントロールが得られている場合は、近隣の先生方のところで経過観察をしていただくなど、病診連携も積極的に行っています。

涙道外来(毎週水曜午後、担当医:加島陽二、立花敦子、山田愛、原田奈月子)

悲しくないのに涙が溢れる症状を「流涙」といいます。多くの場合、流涙の原因は不明ですが、がんの治療薬をお使いの方ではときに副作用として流涙が起こります。流涙のために日常生活で支障をきたしている場合、例えば、女性ではお化粧が流れるために外出がままならない、ドライバーの方では涙で前がよく見えないなど、また涙を拭う回数が増えると瞼の皮膚が腫れてひりひり痛くなるなどの問題を流涙症といい、治療の対象です。

当科ではこのような流涙症を対象に、直径1mmの極細径の涙道内視鏡を用いて涙道(涙の排出路)を調べ、閉塞部を内視鏡で観察しながら開放し、通過障害を解消します。その後に再閉塞予防の涙管チューブを挿入・留置する術式(涙道内視鏡併用涙管チューブ留置術)で、多くの場合に流涙が改善します。

外来治療または1泊入院で局所麻酔による治療が可能です。1回に片側を治療します。1日だけ眼帯をします。施術後に数回、当科外来への通院が必要です。また長期経過はご紹介されたかかりつけ医の先生方にお願いしております。

アレルギー専門外来(毎週木曜午後、担当医;庄司純、稲田紀子)

花粉結膜炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性角結膜炎、春季カタルなどアレルギーが関与する眼科疾患を対象とする専門外来です。当外来では、各種眼科検査により、眼局所のアレルギー炎症の程度を正しく評価し、検査結果を共有し、病状を理解した上で治療を進める患者参画型治療を行っています。治療は、個々の病状に合った生活指導(セルフケア)や薬物治療法(メディカルケア)を行います。複数のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎)が併発する場合には、他科とのアレルギー連携外来で包括的な治療を進めています。

ドライアイ専門外来(毎週木曜午後、担当医;庄司純、稲田紀子)

ドライアイを対象とする専門外来です。ドライアイでみられる涙液層の量的、質的異常をシルマー試験、生体染色検査、涙液層破壊時間、眼表面・涙液検査などの眼科検査により詳細に解析して、適切な治療法を選択します。治療は、各種点眼薬による薬物治療、涙点プラグ、涙点閉鎖術などの眼科治療を行いますが、全身的なアプローチが必要な場合には、内科と協力して検査および治療を進めます。

ページトップ