診療科のご案内

整形外科 専門外来のご案内

整形外科のトピックスへ

膝関節・股関節診

膝・股関節疾患全般を対象とした専門外来です。特に,独自に開発した日本人の骨格にあった,可動域の優れる日大式人工関節を用いた人工関節置換術は全国より患者さんが来院され,年間の手術数は約450関節にのぼり,関東で1,2位の症例数(全国で上位)です。特に,両側同時人工膝関節置換術は年間100人位の方が合併症なく安全に手術を受けられ,良好な術後成績を示しています。

スポーツ診・肩関節診

膝,肩,肘,足関節を中心にスポーツによる外傷,障害に関する診療・治療を行い,選手・患者さんに丁寧にアドバイスを行います。手術が必要な場合には,小侵襲・早期復帰を目的とし関節鏡視下手術を積極的に行っています。

リウマチ診

関節リウマチは全身の関節炎により疼痛と変形をきたすため,早期診断と早期治療が重要です。最新の関節リウマチの治療を速やかに導入し患者さんの関節機能の改善と病期の進行を抑制します。また,関節変形の進行した場合は人工関節置換術,関節形成術,関節固定術を積極的に行っています。

脊椎診

頚椎から腰椎に至る脊椎・脊髄由来の疾患,障害に関する診療を行っています。脊椎手術は年間150症例に行われ,患者さんの病態にあわせ脊椎内視鏡を用いた低侵襲手術も行っております。

腫瘍診

骨軟部腫瘍領域全般にわたる診断,治療を行っています。

側弯症診(脊柱変形)外来

側弯症を含む脊柱変形の有無を明らかとし,その原因および今後の治療,予後について説明致します。その時点にあった治療法を開始し,その後定期的に診察を行い適切なアドバイスを行います。

ページトップ