診療科のご案内

産科・婦人科 専門外来のご案内

内分泌・不妊外来

対象となる病態は以下のとおりです。

  1. 思春期の月経異常
  2. 成熟女性の月経異常
  3. 無月経(原発性・続発性)
  4. 不妊症:→リプロダクション外来診療案内(不妊治療)
  5. ホルモン的検査から内視鏡検査等まで必要に応じて施行し,ホルモンを中心とした治療を行っています。体外受精の管理も行っています。

ハイリスク妊娠外来

ハイリスク妊娠とは“母児のいずれか,または両者に重大な異常の出現が予測される妊娠”のことをいいます。ハイリスク妊娠外来は妊娠中の異常徴候を早期発見し,適切な処置を速やかに実施して母児の危機を脱することを目的としています。そのため専門外来の診療は,周産期医療の専門医が担当します。なお,ハイリスク妊娠外来は一般産科外来を受診していただき,担当医が必要と診断した場合に予約いたします。

腫瘍外来

原則として,当病院婦人科で治療を受けられた方のフォローアップを中心に外来診療を行っています。

更年期外来

以下の診療を行っています。

  1. 更年期障害に対するホルモン補充療法(HRT)とその他の治療。
  2. 更年期女性の生活習慣病による(高脂血症・高血圧症・骨粗鬆症など)食事療法,運動療法と薬物療法。
  3. 更年期女性の悪性疾患スクリーニング(子宮頸癌,子宮体癌,乳癌など)

不育症・免疫外来

不育症・免疫外来は産婦人科における免疫が関与する病態,治療に関する専門外来です。疾患としては習慣流産,自己免疫疾患合併妊娠,原因不明の不妊症などが対象です。

  • 不育症に関してはスクリーニング検査を行い、必要な患者様に対してアスピリンやヘパリン自己注射など、抗凝固療法を行っております。
  • 自己免疫疾患合併妊娠に関しては,妊娠前よりの相談妊娠時には母児への影響を十分説明し,妊娠の継続を図るようにしています。流早産の防止,胎児管理を慎重に行い,母体や胎児適応により児を早期に娩出しなければならない場合も当病院内のNICUで管理できるシステムがあります。
  • 原因不明の不妊症に関する検索も行い,免疫学的治療が必要であれば施行しています。

周産期超音波外来

周産期における超音波診断を行っています。

ページトップ