診療科のご案内

脳神経外科 専門外来のご案内

頭蓋底外科外来

頭蓋底などの脳と頭蓋骨の間に発生した腫瘍や血管疾患を主に取り扱っています。

脊髄外科外来

変形性脊椎症,椎間板ヘルニア,脊髄腫瘍など脊髄ならびに脊椎に関する病気の診療を行っています。

機能的神経外科外来

不随意運動や難治性の痛みなどに対する診療を行っています。脳の深部を電気的に刺激するという治療法を用い,高い成果を上げています。

小児神経外科外来

中枢神経系の奇形など,脳および脊髄の先天性疾患を主に取り扱っています。

脳血管外科外来

閉塞性血管障害(頚動脈狭窄,中大脳動脈狭窄など)による脳梗塞の外科的治療による再発予防や脳動静脈奇形,脳動脈瘤の血管内治療を含めた集学的治療など,脳血管障害の診療を主に行っています。

間脳下垂体外科外来

主に下垂体腺腫の患者さんを診ています。下垂体腺腫は生体にとって重要な様々なホルモンを分泌する脳下垂体から発生する腫瘍です。腫瘍が小さい場合には, 経蝶形骨洞到達法(ハーディ法)を第一選択としています。このハーディ法は開頭せずに鼻から脳下垂体に到達する方法であり,私どもが得意とする手術の一つです。手術以外の治療としては,抗ホルモン療法や定位的放射線治療などが行われており,これらも治療成績の向上に役立っています。

高次脳機能外科外来

脳神経外科疾患に起因する高次脳機能障害を対象とした外来です。

頭蓋顔面外科外来

頭蓋と顔面という従来からの診療科の枠を超えた,頭蓋顔面骨折や眼窩底骨折などを取り扱っています。

脳再建外科外来

主に脳腫瘍の患者さんを診ています。脳腫瘍の術後療法としては,腫瘍組織の遺伝子を調べて“オーダーメイド化学療法”を行います。同じ種類の脳腫瘍の中でも治療反応性に関与する遺伝子の発現は均一ではなく,遺伝子変異に基づいて治療効果が期待できる腫瘍用薬を選択する“オーダーメイド治療”は理想的な化学療法と考えられています。当施設では,患者さんのquality of lifeを考慮して,なるべく入院せず,副作用に十分注意しながら外来にて化学療法を行うようにしています。

ページトップ