診療科のご案内

血管外科 専門外来のご案内

血液外来

かかりつけ医から貧血,白血球の異常,血小板の異常,血液凝固異常などを指摘されて紹介受診された方の検査と診断を行い,治療方針を決めます。診断結果によって,かかりつけ医で治療を行うか,当病院の外来や入院で治療を行うかご相談いたします。また,当院に入院して治療を行った血液疾患の外来での継続治療および経過観察を行います。

当病院の血液外来では白血病,悪性リンパ腫,骨髄異形性症候群,多発性骨髄腫,再生不良性貧血,特発性血小板減少性紫斑病などの疾患を持つ患者さんを多く治療しており,外科や放射線科,耳鼻咽喉科,皮膚科などとも密接に協力して専門的で高度な医療を提供しています。

膠原病外来

かかりつけ医で関節痛や発疹,臓器障害を指摘されて,関節リウマチ,全身性エリテマトーデス,皮膚筋炎・多発性筋炎,強皮症,血管炎症候群,ベーチェット病,シェーグレン症候群,混合性結合組織病,抗リン脂質抗体症候群などの膠原病を疑われた方の検査,診断,治療を外来や入院の上で行います。

当院には膠原病のエキスパートが多数おり,診断が困難な症例の精密検査や標準的な免疫抑制的治療はもちろんのこと,最新の抗サイトカイン療法や血漿交換,新薬の臨床試験などを積極的に行っています。また,ほぼ全ての専門医がそろっている当院では,様々な領域の専門医と協力して精密検査や専門治療を行っています。

ページトップ