診療科のご案内

眼科 専門外来のご案内

網膜硝子体外来

糖尿病網膜症,網膜剥離,黄斑疾患(黄斑上膜,黄斑円孔,加齢黄斑変性)などの眼底疾患に対して,最新の器械を用いて診断し,レーザー光凝固,網膜硝子体手術の適応を検討し,治療を行っています。

角膜外来,コンタクトレンズ外来

角結膜表層疾患の診断,治療および経過観察を行っています。角膜移植術の適応決定と術後の経過観察,また,円錐角膜等の不整角膜に対しコンタクトレンズを用いた視力矯正等も行っています。

緑内障外来

緑内障は本邦第1位の失明原因であり約300万人の患者さまが存在すると言われています。従って,緑内障に対しては早期発見と早期治療が重要です。「緑内障外来」では最新の診断機器を用いた早期診断に努めるとともに,難治例については積極的なレーザー治療や手術療法を行い,失明予防に優れた治療成績を上げています。

ロービジョンケア外来

眼の病気のため見えにくくなり,日常生活上不自由がある方を対象に相談を行っています。例えば,老眼鏡を使用しても新聞の小さい文字が読みにくい方には,文字を拡大して小さい文字を見るための眼鏡や拡大鏡,拡大読書器などの道具を紹介しています。

神経眼科,斜視・弱視外来

原因不明の視力低下,視神経疾患,視野異常,瞳孔異常,複視や眼振などの眼球運動異常および眼瞼痙攣など神経眼科関連の諸疾患の診断と治療を行っています。さらに,斜視,弱視,先天性眼振の診断と治療も行っています。

アレルギー外来

花粉症などのアレルギー性結膜炎,アトピー性皮膚炎に伴うアトピー性角膜炎,春季カタルなどの眼アレルギー疾患について専門的に診療しています。眼アレルギー疾患の検査,治療から合併症検索,生活指導まで幅広い診療をすすめています。

ドライアイ外来

ドライアイは涙液の量的および質的変化によって引き起こされますが、その原因は様々です。ドライアイ外来では原因検索を行うとともに、自覚症状の程度の評価に加え、涙液分泌量や涙液層破壊時間(BUT)などの各種検査によって各個人の病状に合った治療を行っていきます。

涙道外来

涙道閉塞疾患による流涙(涙目)にたいし,涙道内視鏡を用いて涙道を観察しながら閉塞部を開放し,再閉塞予防のために涙道チューブ留置術をおこなっております。また,閉塞の状況から涙道チューブ留置術をおこなえない場合や再発を繰り返すなど難治性の場合には,涙嚢鼻腔吻合術(涙嚢と鼻腔の間の骨を削って新しい涙の通り道を作る手術)をおこなっています。

ページトップ