診療科のご案内

放射線科

診療内容

放射線科では,X線写真やCT,MRI,血管造影,アイソトープ検査(シンチグラフィ)など,さまざまな画像情報から病気の診断を行っています。さらにカテーテルを使って血管内から治療するインターベンショナルラジオロジー(IVR)や悪性腫瘍に対する放射線治療を行っています。中枢神経系から頭頸部,胸部,腹部,骨盤,四肢に至るいろいろな部位の疾患に対して幅広く診断と治療に取り組んでいます。

放射線科で診療している疾患

  • 各種のがん
  • いくつかの良性腫瘍
  • 画像診断が必要な様々な疾患

特徴・特色

放射線科は高度先進医療を推進する上で最も重要な部門の一つです。診断部門では4台のCT装置,3台のMRI装置,4台の血管撮影装置などにより,各科からの画像診断の依頼に対応しています。具体的には,読影依頼のあるCT,MRIの画像を中心に読影所見をレポートにまとめて報告するほか,コンピュータを利用した三次元画像診断や簡便かつ低侵襲性(患者さんに負担の少ない)検査であるデジタル血管造影(DSA)を用いた血管造影など質の高い画像診断を行っています。また,当科では閉塞性動脈硬化症や悪性腫瘍などに対して,血管造影手技を応用したインターベンショナルラジオロジー(IVR),すなわちバルーンやステントを使用した血管形成術,塞栓術および抗癌剤動注療法を盛んに行っています。
血管造影およびIVRの部門ではおもに,がんに対して各科と連携をとりながら,抗癌剤の動脈内注入・塞栓療法などを集学的治療の一環として行っています。この治療法は専門の知識や技術を必要としますが,手術や制癌剤の全身への投与と比べ,カテーテルという細い管を数ミリの皮膚切開部を介して目的とする血管内に導き,ここから目的とする狭い範囲に治療を行うため,副作用などの患者さんの負担が少なく,広く行われているものです。
またこの方法を用いた,外傷その他のさまざまの出血に対する血管の塞栓止血療法や,動脈硬化に対する血管拡張術も行っています。
【担当医師:阿部修(教授)・前林俊也(助教)】

MRI(磁気共鳴画像)部門では中枢神経系,肺・縦隔,乳房,腹部・骨盤内臓器,筋・骨格系などの画像診断を専門的な知識をもとに行っています。さらに,ガドリニウム造影剤を用いたMRアンギオグラフィにより大血管,門脈系,小児の血管などの検査を入院することなく外来で行っています。MRIはX線を用いないので,放射線被ばくがありません。しかし強い磁力を用いるため,心臓ペースメーカーや手術を受けた方など,体内に金属物のある方は検査ができないことがあります。
CT部門では,高速の処理能力と高分解能の診断能力とを兼ね備えた多検出器型の最新の装置を含め,X線を用いて身体の横断面を検査し,病巣の有無や位置などを診断します。最新の装置では,検査の高速化が可能になり,患者さんに1回の息止めをお願いするだけで,一つの部位を検査することができます。さらにこのCTの高速化に伴い,今まで入院して行われていた血管の造影検査を外来でCTを用いて簡単に行うことができるようになりました.また副作用の少ない造影剤を用いて,病巣の診断能力を上げることが可能です。
【担当医師:前林俊也(助教)】

アイソトープ(RI)部門では,放射性医薬品を用いて,局所脳血流の診断,虚血性心疾患の診断,心筋代謝や肺血流の診断,骨,胆道,腫瘍,炎症病巣に対する各種シンチグラフィ(SPECT検査を含む)など,さまざまな臓器特異的機能診断を行っています。
放射線治療の部門では,2台のライナック,CTシミュレータ,治療計画用コンピュータを用いて,悪性腫瘍に対する放射線治療を行っています。対象は,脳腫瘍,頭頸部腫瘍,乳癌,肺癌,食道癌,結腸・直腸癌,子宮癌,前立腺癌,悪性リンパ腫,骨・軟部腫瘍,小児腫瘍など全ての領域にまたがっています。特に,平成12年より開始した三次元治療計画を応用した定位的放射線照射(エックスナイフ)は,頭蓋内の小病巣に対して高線量を集中的に投与することができ,優れた治療成績が得られるようになりました。さらにこの治療法を肺,頭頸部などの体幹部の照射にも応用しています。前立腺癌などに対しては線量分布の優れた三次元原体照射を適用しています。このほかに,小線源治療として子宮癌,食道癌に対する腔内照射や,白血病などに対する骨髄移植前処置としての全身照射,神経芽細胞腫などに対する術中照射など,さまざまな治療法を駆使して治療成績の向上と患者さんのQOLの向上を目指した高精度の放射線治療を行っています。
【担当医師:齋藤勉(准教授)・前林俊也(助教)・藤井元彰(助手)】

ページトップ