診療科のご案内

小児外科

診療内容

新生児から中学生までの患者さんを主に診療する外科です。また,成人であっても小児に特有な外科疾患を扱っております。

小児外科疾患の手術後の患者さんでは成人に達している方々も当科で定期診療を行っております。
当院は,総合周産期母子医療センター部門にて,産科・新生児病科とともに新生児外科患者さんに対するチーム医療を行っています。

小児がんに対する外科的治療にも力を入れており,小児科・放射線科とともに小児がん患者さんに対するチーム医療を行っています。

小児外科で診療している疾患及び小児に特有の外科疾患

  • 鼠径部・泌尿器疾患(鼠径ヘルニア・陰嚢水腫・停留精巣・包茎・水腎症・膀胱尿管逆流症など)
  • 頭頚部疾患(正中頚嚢胞・側頚嚢胞・耳前瘻など)
  • 体表・腹壁疾患(リンパ管腫・石灰化上皮腫・臍ヘルニアなど)
  • 腹部腫瘍(神経芽腫・腎芽腫・肝芽腫・横紋筋肉腫・奇形腫など)
  • 急性虫垂炎・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)
  • 嘔吐性疾患(肥厚性幽門狭窄症・胃食道逆流症など)
  • 先天性食道胃疾患・腸疾患(食道閉鎖症・腸閉鎖症・メッケル憩室症・腸管重複症・直腸肛門奇形など)
  • 排便の異常(慢性便秘・ヒルシュスプルング病など)

特徴・特色

  • 昭和34年,日本で初めて先天性食道閉鎖症手術に成功しました。
  • 日本小児外科学会認定施設です。
  • 腹部及び体表用超音波検査を外来にて施行し,迅速なる診断を目指しています。
  • 当病院の最新のCT・MRIやRI(アイソトープ)検査を使用し,正確な診断を行っています。
  • 腹腔鏡手術の導入により,患者さんにやさしい手術(minimal invasive surgery)を行っています。
  • 新生児搬送用クベースおよび当病院救急車を利用した救急搬送の対応も行っています。
  • 総合周産期母子医療センター(産科・新生児科・小児外科)を併設しています。
  • 小児腫瘍ボード(院内小児腫瘍チームによる)に基づき治療が行われています。
  • 小児泌尿器チーム医療が行われています。

診療体制

  • 夜間や休日も24時間当直体制で救急患者に対応しています。
  • また,麻酔科医師の協力の下に緊急手術体制を準備しています。
  • ☆ 時間外のご来院,ご紹介の際には,必ず電話連絡をお願い致します。

その他

  • 乳児(幼児)医療券がご利用になれます。病気によっては公費負担制度(育成医療・小児慢性疾患)が利用できます。1階の医療福祉相談室にご相談下さい。
  • 基準看護体制なので,ご兄弟のいらっしゃる方も安心して入院できます。ご希望により主治医の判断の下でご家族の付き添いも可能です。
  • 外来及び入院・手術に関するご相談は,小児外科外来にご相談下さい。(午前9時から午後3時)

電話番号

03-3972-8111(代表)
交換手に小児外科外来とお申し付け下さい。
03-3972-8121(ダイレクトイン)
呼び出し音終了後,ツーツー音の後に3066を押して下さい。プッシュ回線からは,ダイレクトインが便利です。

ページトップ