救急案内

消化器外科教室のホームページへ

診療科紹介 医師紹介 外来担当表

診療内容

消化器外科では消化器全般について診療を行っていますが,対象疾患は次のとおりです。

消化器外科で診療している疾患

① 食道・胃十二指腸,小腸,大腸,肛門の良性・悪性疾患

② 肝臓,胆嚢,胆管,膵臓,脾臓の良性・悪性疾患

③ 各種のヘルニア

特徴・特色

  • 年間約700例にのぼる消化器疾患の手術を行っておりますが,このうち,約100例は急性腹症やイレウスの緊急手術であり,緊急時の手術にも万全を期しています。
  • 消化器癌の手術については年間約500例の実績があり,術前・術後の化学療法も精力的に行い,癌の集学的治療に万全を期しています。
  • 低侵襲手術として注目されている,内視鏡下手術も力を入れており,胆石のみならず,食道・胃・大腸・肝臓・脾臓の疾患にも適応を広げております。
  • 肝臓癌に対してはすでに800例以上の肝切除の実績がありますが,当科では患者さんの状態に応じて,肝動脈塞栓療法,ラジオ波焼灼療法,動注化学療法を当科の専門スタッフが行っており,あらゆる病状に対処しています。また,胆道・肝臓癌においては根治手術のみならず患者さんのQOLを重視した治療を行っています。
  • 生体肝移植は成人のみならず,小児の末期肝疾患に対しても多くの実績を持っており,劇症肝炎に対する緊急の生体肝移植時における病院体制もすでに整っています。
  • 日常診療において診断に難渋している症例の画像診断にも適切なアドバイスをしています。
  • 外科感染症については当科の伝統的な研究テーマのひとつであり,重症感染症の患者さんを多数救命しています。

診療体制

外来は毎日4〜5名の医師が診療にあたっています。

入院は3つの診療グループが担当し,1グループ4名の医師が医長・部長の指導のもと,きめ細かく親身な診療を行っています。手術においても全症例を医局員全員で検討し,手術には必ず専門のスタッフが執刀する体制になっています。

また,夜間,休日の緊急手術においても医長以上の呼び出しを行い,万全を期しています。

その他

この疾患には特にこの医師が専門に診察しています。

肝胆膵癌
高山忠利(部長・主任教授)・中山壽之(講師)・大久保貴生(講師)・檜垣時夫(医長)
肝移植
高山忠利(部長・主任教授)
胃癌・大腸癌・食道癌
高山忠利(部長・主任教授)・東風貢(科長)
消化器癌の化学療法
藤井雅志(教授)・東風貢(科長)
内視鏡下手術
森口正倫(医長)

医療機関のみなさまへ

回診・カンファレンスの日程

下記の内容について,関心のおありになる先生方の参加をいつでも歓迎致します。

教授回診
水曜日 午前8時00分〜
入院患者カンファレンス
水曜日 午前7時30分〜
手術カンファレンス
月曜日・金曜日 午前7時30分〜
日大消化器病カンファレンス
第1・第3月曜日 午前8時00分〜
日大肝胆膵カンファレンス
3・6・9・12月第2木曜日 午後6時30分〜

特にご紹介頂きたい疾患

  • 消化器疾患
  • 肝,胆,膵疾患
  • 生体肝移植希望者
ページトップへ