診療科のご案内

産科

診療内容

当病院の産科は,平成14年4月より総合周産期母子医療センターとして認定され,母体・胎児集中治療室を有し年間に約700例の分娩を取り扱っています。この中には多数の母体搬送(妊婦や胎児に異常が認められて当病院に緊急移送)の症例が含まれています。
以前の妊娠・分娩で異常の認められた方や母体に疾患がある方などを診察するために,専門外来(ハイリスク妊娠外来)を設け,専門医が予約制で診療しています。
NICU(小児科の新生児担当)及び小児外科との連携を密にして,異常児が疑われる場合には出生前から児に対する対応を協議し,母児にとって最良の医療が行えるよう万全の策を講じています。
妊娠中は通常,健診,超音波検査,血液検査,尿検査,胎児心拍監視などを行います。
この他特殊な検査として,羊水・臍帯血採取による胎児染色体異常,先天性感染症,遺伝性代謝異常などについても必要に応じ,患者さんとご相談の上行っています。

分娩完全予約制について

当病院産科では,患者様により安全で安心できる医療の提供し,総合周産期母子医療センターとして,ハイリスク妊娠・分娩管理の役割をより一層果たすために分娩を完全予約制とさせていただきます。
つきましては,患者様の分娩予定日が確定し,妊娠10週が経過した時点で予約を受け付けさせていただきます。かかりつけの医療機関より紹介状持参のうえ受診いただき分娩予約をお願いします。(電話での予約は受け付けておりませんのでご注意下さい。)
なお,お産後においては,お部屋の空き状況により産科病棟以外にご入院いただく場合がございますのでご了承下さい。

分娩予約問合せ専用直通番号

電話
03-5995-2322
受付時間
平日(月曜日~金曜日)
14時00分~16時00分

更新日 平成28年7月1日

ページトップ