診療科のご案内

麻酔科・ペインクリニック科

診療内容

麻酔科は手術の麻酔およびペインクリニック外来で難しい痛みの治療を行っています。

麻酔科で診療している疾患

麻酔
全身麻酔・NLA・静脈麻酔・硬膜外麻酔・脊椎麻酔・神経ブロック・その他
ペインクリニック
帯状疱疹・三叉神経痛・顔面神経麻痺・難治性術後痛・腰痛・肩こり・癌性疼痛・その他緩和困難な痛み

予約について

受診を希望される患者さんは紹介状を用意して頂き、受診前に必ず電話で予約をして下さい。

特徴・特色

年間6,000例を越える手術の麻酔管理を安全かつスムースに施行するよう万全を期しています。
帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛は年間約100例の実績があり,発症後間もない時期は積極的に神経ブロックを行います。顔面,頭頸部,上肢に対しては星状神経節ブロック,体躯,下肢に対しては硬膜外ブロックなどです。皮膚症状が治って神経痛が残った時は,神経ブロックと併用して必要な場合は低出力レーザー治療,低周波治療,イオントフォレーシス,良導絡などによる治療を行います。

顔面神経麻痺は年間約30例で,発症直後に受診した場合は星状神経節ブロックにより短期間で軽快しますが,高度の麻痺や発症後長時間経過した症例は,他の治療法を併用しても治癒に時間がかかります。
難治性術後痛は年間約20例で,創部痛,幻肢痛などで手術後の痛みのためにQOLが損なわれているケースには神経ブロック等による治療を行います。

癌性疼痛は年間約120例で,原則として主治医から依頼された当病院に入院および通院中の末期癌患者さんを対象としています。

患者さんの自律性を尊重したモルヒネの経口投与指導,経口が困難な場合はモルヒネの持続皮下注,持続静注,持続硬膜外注などを行います。痛み以外の症状および終末期を過ごす場合の選択などについては,日本大学板橋病院緩和ケア委員会下部組織『緩和ケアチーム』のコンサルテーションを受けて総合的なサポートを行います。在宅の患者さんの場合は,主治医のご紹介によりご相談をお受けしています。

診療体制

外来は毎日1~2名の医師が診療にあたっています。受診前の電話によるご相談もお受けしています。
手術の麻酔は,術前に麻酔専門医が執刀医と密に連絡を取り麻酔方法を決定します。手術の前日に患者さんの病室を訪問して麻酔方法を説明した上で質問を受け,安心して手術を受けていただくようにしています。
また,夜間,休日の緊急手術においても万全を期しています。

その他

癌終末期医療の向上を目指して,日本大学板橋病院緩和ケア委員会・緩和ケアチームのカンファレンスを行っています。関心のおありになる方の参加を歓迎いたします。(白土までご連絡下さい)
ターミナルケアミーティング  第3木曜日 午後5時~6時 板橋病院6階ゼミナール室

ページトップ