診療科のご案内

消化器・肝臓内科

診療内容

消化器・肝臓内科は,食道,胃,十二指腸,小腸,大腸疾患の消化管疾患及び肝疾患を専門に診療を行っています。

消化器・肝臓内科で診療している疾患

食道疾患
食道炎,胃食道逆流症食道潰瘍,食道憩室,食道裂孔ヘルニア,良性食道狭窄,食道破裂,アカラシア(噴門痙攣症),食道胃静脈瘤,Mallory-Weiss症候群など
胃疾患
急性胃炎,慢性胃炎,Menetrier病,胃潰瘍,十二指腸潰瘍(消化性潰瘍),胃癌,胃リンパ腫,胃肉腫,胃粘膜下腫瘍,胃ポリープ,胃切除後症候群,胃憩室,胃アニサキス症など
腸疾患
腸炎,虫垂炎,Meckel憩室,吸収不良症候群,蛋白漏出性胃腸症,消化管カルチノイド,下痢症,便秘症,消化管アレルギー,腸閉塞,腸結核,クローン病,非特異性腸潰瘍,潰瘍性大腸炎,腸管ペーチェット病,虚血性腸炎腸ポリープ,消化管ポリポーシス,小腸悪性腫瘍,大腸悪性腫瘍,過敏性腸症候群,大腸憩室,薬剤性腸炎など
胆道疾患
胆石症(胆嚢結石,胆管結石),急性胆嚢炎,慢性胆嚢炎,胆管炎,胆嚢ジスキネジア,膵胆管合流異常,硬化性胆管炎,胆道狭窄,胆道拡張症,胆嚢腺筋症,胆嚢ポリープ,胆嚢癌,胆管癌,乳頭部癌など
膵臓疾患
急性膵炎,慢性膵炎,膵嚢胞,膵石症,膵腫瘍,膵癌など

特徴・特色

上部消化管疾患

  • ヘリコバクターピロリの診断,除菌を行っています。
  • 内視鏡検査では,食道,胃,十二指腸の内視鏡検査,超音波内視鏡,逆行性膵胆管造影,X線検査では,上部消化管バリウム造影,小腸造影,胆道造影,血管造影,CTスキャン,MRI検査も消化管全般に対して行っています。
  • 内視鏡的治療では,食道,胃,十二指腸のポリープ切除,早期食道癌,早期胃癌の内視鏡的粘膜切除術,粘膜下層剥離術,食道静脈瘤硬化療法,内視鏡的止血術,狭窄の拡張術,ステント留置術,内視鏡的乳頭切開術などを行っています。

下部消化管疾患

  • 内視鏡検査では,大腸内視鏡検査,超音波内視鏡,X線検査では,注腸造影を行っています。
  • 内視鏡的治療では,早期大腸癌粘膜切除術,大腸ポリープ切除術,内視鏡的止血術,狭窄の拡張術等を行っています。

胆道・膵臓疾患

  • 超音波検査,胆道造影,CT検査,3D−CT検査,MRI(MRCP)検査などを行っています。
  • 内視鏡検査では,超音波内視鏡,逆行性胆管膵造影,膵液・胆汁採取などを行っています。
  • 内視鏡治療では,乳頭切開術,乳頭拡張術,胆管結石および膵石除去術,胆管および膵管のドレナージ術や拡張術およびステント留置術などを行っています。

肝臓病の治療概要

急性肝炎
肝庇護療法 抗ウイルス療法
慢性肝炎
インターフェロン療法を始めとする抗ウイルス療法(B型肝炎に対する抗ウイルス療法及びC型慢性肝炎に対するインターフェロン療法にも豊富な経験を持っています)
肝硬変症
栄養学的面からの治療
食道静脈瘤の硬化療法
肝臓癌
冠動脈塞栓術,動注化学療法
エタノール注入法,ラジオ波凝固療法
肝切除(外科において)
劇症肝炎
血漿交換療法を始めとする肝補助療法(救命救急センターとの連携)

診療体制

夜間や休日も24時間体制で救急患者さんに対応しています。
内視鏡検査,X線検査は原則的に予約が必要です。しかし,吐血,下血,腹痛などの症状が強い場合には,当日に検査などを行います。

ページトップ