診療科のご案内

循環器内科

診療内容

循環器内科は,心臓疾患と循環障害の患者さんを診療しています。

循環器内科で診療している疾患

虚血性心疾患
急性心筋梗塞症,慢性心筋梗塞症,狭心症など
不整脈
頻脈性不整脈,徐脈性不整脈や心房細動など
心臓弁膜疾患
僧帽弁疾患,大動脈弁疾患など
先天性心疾患
心房中隔欠損症,心室中隔欠損症など
心膜心筋疾患
心膜炎,心内膜炎,心筋症,心筋炎など
血管疾患
大動脈瘤,動脈硬化症など
肺循環障害
肺血栓塞栓症,肺梗塞症など
高血圧症
本態性高血圧症,二次性高血圧症
閉塞性動脈硬化症

特徴・特色

狭心症や心筋梗塞症などの虚血性心疾患,心臓弁膜症および不整脈などの診療を行っています。本邦をリードする診療を以下にご紹介します。

虚血性心疾患

動脈硬化により細くなった冠動脈を風船付きカテーテルで拡張したり(PTCA),削り取ったり(DAC),ステンレスなどからできている管を留置・拡張して再び冠動脈が細くなることを防ぐ(ステント)など画期的な治療を行っています。これらの治療法選択には,有用な情報をもたらす血管内エコー検査や血管内視鏡検査を行って,治療成績を上げています。
また,心筋シンチグラム検査を行い,心筋の残存状況などを把握して治療を行います。

不整脈

内服薬が有効でない発作的に脈が速くなる頻脈性不整脈では,カテーテルを用いて心臓の一部を電気的に焼灼して再び不整脈を起こさせないように治療を行っています。致死的な不整脈である心室頻拍・心室細動に対しては植え込み型除細動器(ICD)の植え込みを行っています。脈が遅くなる徐脈性不整脈には適応があればペースメーカーの植え込みも行っています。また,肺ブロックあるいは心室内変行伝導術,難治性心不全に対しては,両室ペーシングを施行し,心機能の改善を計っています。

突然死の予知

不整脈による突然死を未然に防ぐため,予知検査として体表面から心臓微小電位(レートポテンシャル)の記録およびT波オルタナス(TWA)の検査を行っています。

心臓弁膜症や心筋症など

診断に最新の超音波装置を使用して弁膜症に高い精度の診断を行い,治療方針の決定を行っています。

急性心筋梗塞

救命救急センターとの緊密な連携のもとに,初期の段階では血栓溶解療法を行い,血栓で詰まっている血管を通す治療を行っています。また,必要な症例にはPTCAやステント留置を行い予後の改善を図っています。また,急性期を過ぎた時期におけるリハビリテーションを適切に行います。

閉塞性動脈硬化症に対する自家骨髄細胞移植療法

閉塞性動脈硬化症は,動脈硬化によって足の血管が細くなり血流が悪くなるため,歩くと足が痛くなったり,さらに血流が悪くなると筋肉が腐ってしまう病気です。治療法としては,薬や手術の適応でない患者さんも増加してきました。最近,血流が悪いため痛みを感じる部分に自分の骨髄細胞を筋肉注射することにより,その部分に新しい血管が作られ血流が良くなることがわかり,私たちも研究をかさねて来て良い結果が得られました。
この自家骨髄細胞移植術は,健康保険の適応を受けた治療法ではないため,一般の治療方法では効果がなかった患者さんに対しての治療法です。当院血管外科を中心に循環器科,高度先進リサーチセンターが互いに協力し自家骨髄細胞移植術を行っております。

ご質問,ご相談は,木曜日午後の血管外科外来(要予約)が窓口になっております。かかりつけの先生から当院へ御紹介していただくか,直接受診を希望される方は,外科外来(担当医:梅澤)までお問い合わせください。

ページトップ