診療科のご案内

婦人科

診療内容

当病院の婦人科診療は,月曜日から土曜日まで行っています。外来では婦人科全般にわたる診療を女性医師を含む認定医が担当しますが,さらに,専門外来として腫瘍に関する外来,不妊症や内分泌疾患や不育症(免疫外来)にかかわる外来,そして更年期外来を開設しており,幅広い領域の診断と治療を行っています。
特に,婦人科領域においては,開腹手術数が年間500例と都内でもトップクラスの取り扱い件数です。子宮筋腫など良性の疾患はもとより,癌治療の占める割合も高く,高い診断精度とガイドラインに従った治療手技及び管理体制により,高い治療成績を上げています。特に最近では,癌の化学療法や放射線療法においても,QOLに重点をおいて治療ができるようにしています。
良性疾患ではできるだけ体に負担の少ない腹腔鏡手術を短期間の入院で行っており,早期の退院と社会復帰を目指しています。また,開腹手術でも傷の小さな手術を心がけて,早期の退院ができるようになりました。
内分泌,不妊症の領域においては,ホルモン療法や体外受精,顕微授精,凍結融解胚移植など先進的な医療体制が整備されており,妊娠率も良好です。
血液がんや乳がん患者様の卵子、精子の凍結保存も行っております。ご希望の際には、主治医から直接、当科にお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いします。

ページトップ