診療科のご案内

病理診断科・病理部

概要

病理部における診療内容は,患者さんの検体に対する病理診断を診療各科に提供することです。ほとんどの診療科から、外来あるいは入院患者さんの検体が提出され、病理組織診断,術中迅速診断,細胞診断を行い、依頼された診療科へ報告しています。体の一部の組織の診断を通じ、主治医グループの一員として多くの患者さんの診療に携わっています。病理診断は最終診断になる場合が多く、病理診断科は、検査ではなく診断という医行為を行い、高度医療における大きな役割を担っています。また,もしも患者さんが病死されご家族の同意が得られた場合は病理解剖(剖検)を行い、臨床的に不明な点を明らかにすると共に,生前に施行された医療内容に関する総合的評価を行い,医療の質の向上と維持に必要な医療情報を提供しています。

診療内容

  1. 全身臓器・組織に発生する腫瘍(悪性,境界領域,良性)及び非腫瘍の病理組織診断
  2. 感染症の診断に関する病原微生物の病理学的検索と証明
  3. 凍結切片を用いた迅速病理診断:手術術式の決定補助、悪性腫瘍の切除断端の評価、術前診断未確定の病変や術中の偶発病変に対する質的診断、等の術中組織診断
  4. 乳腺穿刺吸引検体、気管支鏡下擦過検体、喀痰、尿、婦人科領域の検体等の細胞診による病理診断
  5. 他院で作製された病理組織標本や細胞診標本の再診断
  6. 他院からのコンサルテーション:当院のがん相談支援センターを通じた一般病院からのコンサルテーション、関連病院からのコンサルテーション、日本病理学会や国立がん研究センターコンサルテーションシステムからのコンサルテーション、等
  7. 病理組織診断の補助的手段:免疫組織化学、電子顕微鏡を用いた超微形態学、In situ hybridzation法、分子生物学的手法を用いた遺伝子解析、等
  8. 術前および術後カンファレンスによる診断の精度管理と診療支援
  9. CPCを通した医療の精度管理と卒前・卒後教育への寄与
  10. 診療各科の学術研究等の支援

病理診断専門外来(非保険診療)

がん治療の個別化がすすみ、患者さん個々人に最適な治療をおこなうためには、病理組織を用いた特殊な検査が必要な場合があります。この中には保険適応になっていない検査もあります。自分に最も適した治療を受けたい、という患者さんからのご要望に応えるため、病理診断科では、専門外来(非保険診療)を開設しています。

その検査の例としてOncotypeDx Breastがあります。乳癌の手術を受けて、ホルモン受容体陽性HER2陰性であれば、ホルモン療法に加えて化学療法を受ける必要があるかどうか迷う場合があります。副作用のある化学療法はなるべく避けたいけれど、再発の可能性を考えると化学療法を追加したほうがよいのでしょうか。このような場合、OncotypeDx Breastの再発スコアを参考にして、化学療法を受けるかどうかを決めることもできます。

原則として当院に受診している患者さんを対象としています。臨床科の主治医を通して、病理診断科の内線3984(関主任)へ、ご連絡いただき、受診することが可能です。検査の内容および費用については、個別にご説明いたします。

診断件数等(2015年)

病理組織診断
12,782件
細胞診
17,039件
術中迅速組織診
545件
術中迅速細胞診
11件
特殊染色
3,351件(15,622標本)
免疫染色
3,351件(37,455標本)
注遺伝子解析への検体提供
256件
病理解剖
58件

関連情報

ページトップ