看護部の紹介

看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

看護部HPをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

日本大学医学部附属板橋病院は,1935年5月1日の開設以来,地域の皆さんや多くの患者さんから暖かいご支援を賜りながら今日に至っております。

約1200名の看護職員は「人間味あふれる看護の実践~JHOSナーシング~」を合言葉に,看護専門職として自己研鑽に取り組んでおります。JHOSのJは自信,Hは誇り,Oは思いやり,Sは信頼です。自信と誇りを持って患者さんのケアができるようにいつまでも学び続けること,そして,ひとりの人間として相手を思いやることができる人間力を鍛えること,その結果,はじめて患者さんやご家族の方から信頼していただけるのだという理念を看護職教育の土台にしております。

私たちは,患者さんからたくさんのお叱りや励ましの言葉をいただきながら,日々成長させていただいております。当院の看護師で「看護師を続けること」に迷ったことがないという者はいないと思います。皆,自分の不甲斐なさに落ち込んだり,患者さんの言葉で癒されたり,そんな日々の中でなぜか「やっぱり,看護が好き」と思ってしまうのです。

その結果,当院には専門看護師,認定看護師,院内認定看護師,学会認定看護師などさまざまな領域で活躍する看護職がたくさん育っております。看護ケアの質を高めるためにさらなるキャリアアップを目指すジェネラリスト看護師もたくさんいます。高い技術を習得したアドバンス助産師もすでに10名を超え,今後さらに多くの助産師がチャレンジする予定です。看護相談外来の充実にも積極的に取り組んでおります。地域の皆さんや当院を選んで下さった患者さんから「日大板橋病院に来てよかった」と感じていただけることを目標に,これからも看護職員みんなで頑張りますので,どうぞよろしくお願いいたします。

副病院長・看護部長 縣 美恵子

ページトップ